初めてのネットショップで商品を売るための5つのヒント

公開日:2013年7月8日
gift

この記事は2016年12月12日に更新しました。

こんにちは。
BASEの大久保です。

ユーザー様から
「ネットショップを作ったのはいいけど、まだ商品が売れないんだよね。」
「どうやったらもっとお客様を呼び込めるんだろう。」
というお声を頂きます。

たしかに簡単にネットショップを作れても、
簡単にお客さまを自身のショップに呼び込んでものを販売するというのは難しいですよね。

そこで今回は初めてネットショップで商品を売るための5つのヒントをご紹介いたします。

 

1.家族、友人にシェアしてもらう

woman

一番簡単にあなたのショップに興味を持ってくれ、
ネットショップへ訪問してくれるのは家族、友人、恋人といった身近な人々です。
彼らにFacebookやTwitter、Google+にショップのリンクをシェアしてもらいましょう。

ただネットショップで購入してもらうだけではなく、
「ネットショップのリンクをシェアしてもらう」ことはとても大事です。

 

2. 無料キャンペーンを行う

shop

ショップで売っているものを無料であげることは、
何かを売るときにはあまり有効に思えないかもしれません。

ですが、この作戦には2つの必勝パターンが存在するのです。

  1. 無料キャンペーンの応募者にキャンペーンページを「シェア」をしてもらい、
    あなたのネットショップをソーシャルメディア上に拡散させるようにしてみましょう。
    無料で商品を提供する代わりにあなたのショップの存在を多くの人に知ってもらうのです。

  2. Googleの検索エンジンを使用して同じ業界で影響力を持つ人を見つけましょう。
    もしもあなたが新しい商品を売る予定なら、
    その商品に興味を持ってくてそうな人やメディアに
    「無料のサンプル」と説明を送って宣伝してもらいましょう。
    大きいネットショップは大抵の場合このようにして実際に商品を使用してもらい、
    レビューをかいてもらっている場合が多いです。
    もちろん書いてもらえる保証はありませんが、
    あなたのショップの存在、商品を知ってもらうことには繋がりますし、
    定期的に気持ちをこめて行うことで思わぬ展開も起こりうるかもしれません。

 

3. 名刺やショップのカードを配る

namecard

ネットショップオーナーのみなさんは確実に名刺、
あるいはショップを宣伝するショップカードを持っていたほうがいいです。

これらのデザインは、あなたのショップのデザインを反映したものか、
おしゃれでスタイリッシュなものにするといいでしょう。

ショップのURLは必ず目立つように書いておいてください。

 

4. SNSを活用する

sns

おそらく、ネットショップを展開するときに、
SNSの重要性を解く記事はたくさん見たことがあると思いますが、これらには理由があります。

実際に売上が上がるのです。

代表的なものでは、Twitter、Facebookがあげられます。
これらをうまく活用してショップを宣伝したり、
お客様とコミュニケーションをとったりしてPRをして行きましょう。

SNSをを活用してのお客様の呼び込みは絶大な効果があります。

 

5. 忍耐強く運営を行ないましょう。

catch

ネットショップを始めてすぐに売上が上がるという人はいません。

口コミを通してのPR。
商品の写真の質の向上によるショップの見せ方の改善。
ショップのタイトルをロゴ画像に置き換える等、
他のショップのいいところを盗んで行き、はじめて売上が上がるのです。

忍耐強く運営を行いましょう。

 

いかがでしたでしたでしょうか。

少し大変かもしれませんが地道な努力の結果、人気のネットショップが誕生するのです。

皆様の素敵なBASEショップをお待ちしております。

 

以上、初めてのネットショップで商品を売るための5つのヒントでした!

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。
少しでもお店の活性に繋がったら嬉しいです。

それでは、次回のBASE Uでお会いしましょう。

ライター紹介

大久保
BASE大久保
BASEマーケター。BASEでのショップの開設の仕方、運用方法をおもしろ楽しく発信していきます。
http://okb.me/






関連記事

    None Found


BASE U|ネットショップの開設・運営・集客のノウハウを学ぼう

Facebookページでも情報配信中!

BASEのFacebookページでは、BASEの情報はもちろん、BASE Uのネットショップを成功へ導く記事のお知らせも随時配信しています。是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください!


コメント