アクセサリーや雑貨など、ハンドメイド作品をネットで売るために必要な5つの手順

更新日:2016年11月21日
handmeade

アクセサリー、バッグ、服、雑貨、革製品などなど、あなたはどんな手作り作品を制作していますか?一昔前と違い今は手軽に作品を紹介できるTwitterやFacebookと言ったソーシャルメディアをはじめ、作品の写真を手軽にネットにアップできるスマホ、また作り方を無料で学べるYouTubeの登場で多くの作り手さんたちにとって恵まれた環境になってきていると言えるでしょう。

また、作品作りをはじめたばかりの作り手さんたちにとって、自分の作品を紹介できるギャラリーサイトへの登録もとても有効な手段ですが、しっかりと自分だけのブランドを立てた上で「オリジナルのサイトを構築してみたい!」という方も多いのではないでしょうか。自分のブランドを自分だけのサイトで紹介していき、かつそこから定期的に作品を販売していくことが作り手さんたちの一つのゴールとも言えます。そこで今回はどのような手順を踏んでオリジナルのwebサイト、またネットショップを作成していくのか紹介をしていきたいと思います。



1.サイト作成

site_make

想いを込めて作った作品、Twitter、Facebook、Instagramだけで紹介するだけではなく、自分だけのサイトを通じて紹介していくことで見てくれた方にあなたの「ブランド」をしっかりと訴求することが可能です。そのニーズを受けて世の中には様々なサイト作成やサービスがありますが、作品づくりを行っている方にオススメなのが作品の販売もできるサイトの構築です。例えばBASEだと初期費用、運営費用、手数料など全て無料で作品を販売できる自分だけのネットショップを作成できます。

インターネットに詳しくない方のために作られたサービスなので、難しいことは一切必要なく簡単にオリジナルサイトを作ることができます。「ネット上で作品を売りたい!」と考える方にとっても最初に検討をオススメするサービスです。例えば以下のようなショップがBASEを使って運用されていますので宜しければ参考にしてみてくださいね。

sanomono
さのもの


solmu
Solmu




2.商品撮影

photo

商品を紹介、または販売するサービスが決まったら次に必要なのが「商品の写真」です。ネット上では実際に作品を手にとって見れない、または魅力を説明できない分、写真のクオリティはとても重要になってきます。ご自身で撮影するのであれば最低でもライト、レフ板(反対側に影を作らせないため)、バック紙などは必要です。もちろんスマホのカメラより、一眼レフなどのカメラのほうがより魅力的な写真となります。とは言っても初めての写真撮影、綺麗にとれるか不安に思われる方も多いのではないでしょう。BASEでは商品写真の撮影をカメラマンに無料で依頼できる商品撮影サービスを提供していますのでまずはこちらを活用してみることもぜひ検討してみてください。



3.ショップのコンセプトや紹介文を決める

make_cocept

ネットショップというサイトを作るからにはあなたの作品をひと言であらわすコンセプトを設けることが必要です。それはあなたのショップに訪れた方に対して「なぜこのショップで商品を購入する必要があるのか」という問い答えられるものになるからです。何を売っているショップか?、どういった層のお客様に購入して欲しいのか?、同じような作品との違いはどこになるのか?少なくともこの3つの問には答えられるようにしておけば、初めてあなたの作品を見るお客様にしっかりと魅力を伝えることができます。



4.決済方法を決める

payment

案外見落としがちですが、ネットで作品を売るために避けて通れないのが決済手段をどうするかです。銀行振込や代引きなどであれば個人的なやりとりでも行うことができますが、最も多くのネット通販利用者に選ばれるクレジット決済を行うにはその仕組みをサイトに導入する必要があります。ハンドメイドギャラリーサイトでもクレジット決済手段は用意されていますが、どれも販売手数料が10%近い割合となっており、個人で運営される方にとっては少し厳しい数字ではないでしょうか。

BASEならクレジット決済機能を数十秒で導入することができ、かつその手数料も3.6%+40円と業界では最安値となっております。また、多くの人に喜ばれるのがクレジット決済に売上による振り込みを申請から10営業日で行えるということです。その短いサイクルによる入金は少ない自己資金によってモノづくりを行うハンドメイドクリエイターさんにとってとても心強いものになるではないでしょうか。



5.集客方法を考える

marketing

ネットショップやサイトを運営する方にとって最も大きな課題となるのが「集客」です。オリジナルのサイトではモールやギャラリーサイトに頼らずブランドを訴求できる分、その集客をどうしていくかが重要です。ブログやSNSの更新はもちろん、オンラインで広告を出すなり、イベントに参加するなり、様々な集客方法がありますが始めての方はどうやっていけばいいか皆目検討つかない方も多いでしょう。またブランドコンセプトや商品によってその方法も考える必要があります。

BASEではFacebook上に無料のオンラインコミュニティをもっていますので、もしよろしければこちらで現在気になっている点を質問してみてください。もしくはBASEのTwitterへの質問もOKです。私(筆者)が出来る限りその質問にお応えしていきます。無料のオンラインセミナーもありますので宜しければこちらもご覧になってみてくださいね。



以上、ハンドメイド作品をオリジナルのサイトで販売したいと考えている作家さんが必ず行わないといけない5つの手順を紹介しました。モノづくりをずっとやってこられた方にとって「ネットで作品をどう売るのか?」と考えるのはとても大変なことかと思います。だからこそ時間、お金、ノウハウなどをサポートしてくれるサービスを選び定期的に売上が軌道に乗るまで小さく始めて行くことが大切かと思います。あなたの作品を必要としてくれるお客様と出会う方法を、一緒に考えていきませんか? BASEの登録はこちらからどうぞ

ライター紹介

BASE(ベイス)
BASE(ベイス)
誰でも30秒でネットショップが作れるサービス「BASE」です。BASEで開設されている30万以上ものネットショップの中から、あなたの生活を彩るユニークなアイテムを厳選してお届けしていきます。







BASE U|ネットショップの開設・運営・集客のノウハウを学ぼう

Facebookページでも情報配信中!

BASEのFacebookページでは、BASEの情報はもちろん、BASE Uのネットショップを成功へ導く記事のお知らせも随時配信しています。是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください!


コメント