ファンと費用とアイデアを集められる!ネットショップにおけるクラウドファンディングのススメ

更新日:2016年11月21日
crowd funding

告知:BASEがあなたのクラウドファンディングを全力サポートします!ぜひこちらからご応募ください。

新商品を作りたいけどその制作費用がない..」「都内でプロモーションを行いたいけど余裕がない..」などなど、少ないメンバーや個人でネットショップを運営されている方にとって尽きない悩みは多いのではないでしょうか。商品開発やイベントへの出店と言っても、時間とお金がかかるもの。商品制作、受発注管理、配送や宣伝などやることが多いネットショップオーナーにとっては大きなアクションを生み出すのは一苦労だと同時にリスクを伴うものかと思います。


それでも「運営しているショップを次のステージにジャンプさせる大きな展開を行いたい..」と考えている方にオススメなのが今巷で話題の「クラウドファンディング」という手法です。クラウドファンディングとは不特定多数の人々からプロジェクトを行うための資金を集めるという、インターネットが可能にした新しい資金調達方法です。英語ではcrowd fundingと書き、その名の通り人々(crowd)から資金調達(funding)を行うという意味のもので、今多くの人たちがこの手法によってアイデアを実行するための資金を集めています。


例えば有名な成功事例だとFacebook社が2000億円での買収を発表した仮想現実ゴーグルのOculusVRもアメリカのkickstarterというクラウドファンディングサービス上で最初の開発資金2.5億円を9,500人もの人々から集めました。この事例までにはいかないにせよ、BASEを使ってネットショップを運営している方もクラウドファンディングでショップ(ブランド)拡大の資金を集めている事例も多く存在します。

oculusvr


BASE利用者のクラウドファンディング事例

一部ではありますが、以下にBASEのショップオーナーさんがクラウドファンディングで行ったプロジェクトをご紹介します。

ネコとの時間が大切に思える定規「NekoMemori(ネコメモリ)」の商品化!

campfire_1 BASEのショップはこちら:caroretail



スタートしたばかりのブランド。合同展示会に向けて、アートなモノづくりに奮闘する
campfire2 BASEのショップはこちら:アートな革財布・レザーバッグの「Helichrysum」



木工用ボンドで絵を描く画家「冨永ボンド」世界最大級のアートフェス in NY出展
campfire_2 BASEのショップはこちら:BOND STORE



このように個人でネットショップを運営している方にとっても活用されているクラウドファンディング、それを行うメリットはどこにあるのでしょうか?以下にネットショップオーナーがクラウドファンディングで次の展開のための資金を調達するメリットを3つご紹介したいと思います。



クラウドファンディングの3つのメリット


リスクなく資金調達ができる

数十万円から数千万円まで、クラウドファンディングの特徴は自由に調達したい金額を設定できるところにあります。もちろん集めたい金額が上がれば上がるほど、その達成ハードルは上がりますが、しっかりとプロジェクトの想いを伝えて支援者を集めることができれば数千万円規模の資金調達も夢ではありません。(現在の日本でのクラウドファンディング最高達成金額は31,396,500円のこちらとなっています。)しかし注意点として、その設定金額に達成しない場合は集まった資金は全額支援者に戻されることとなるので、金額の設定には注意が必要です。

また、クラウドファンディングはその支援に対する見返りとして、プロジェクト達成時にはその商品の提供などを行う必要があります。その見返りの魅力もプロジェクトの成功を左右させる重要な要素です。新商品の開発必要、展示会への出店、出張費用、実店舗の立ち上げ費用など、行いたいアクションに応じた適切な希望調達金額の設定を考えましょう。



最初のファンを集められる

日本におけるクラウドファンディングのためのプラットフォームとしてCAMPFIREやREADYFOR?といったサービスがありますが、こういった場を通じてプロジェクトを不特定多数に伝えていくことが可能です。ここを通じて支援してくれる方々はあなたのネットショップやアイデアが初期の段階で賛同してくれる人ということになりますので、言うなればそのブランドのファンということになります。「まだ他の人が知らないブランドやプロジェクトを支援している」というのは支援者のモチベーションの一つです。そういった最初のファンを集められる場としてもクラウドファンディングが有効な理由の一つでしょう。



マーケティングに活用できる

プロジェクトが成功した場合、支援者へのリターンとしてそのネットショップで扱う、もしくはこれから制作する商品を用意する場合が多いかと思います。これから実際に大量生産したり、ショップで販売する前にあなたのブランドのファンに商品を届けられるわけですので、多くの有益なフィードバックを得ることも可能になってきます。実際の利用者のフィードバックから商品をよりよくしていきましょう。

支援者(ファン)と共に商品開発やプロモーション方法を考えることができるのは大きなメリットの一つではないでしょうか。また自分が支援したブランドの商品ですので、大きな確率でSNSなどにシェアしてくれる可能性があります。逆にプロジェクトに失敗した場合でも、どういった部分が受け入れられなかったかを学ぶキッカケにもなりますので、そこからショップをよりよいものにする方法を得られることになるでしょう。


以上、クラウドファンディングの3つのメリットをご紹介いたしました。ぜひネットショップをより大きくしていくために実現したいことがある方はクラウドファンディングによる資金調達を検討してみるのはいかがでしょうか。

日本にもいくつかありますが、今回は日本最大のクラウドファンディングプラットフォームCAMPFIREをオススメしたいと思います。BASEのショップオーナーさんも多くプロジェクトを立ち上げているという実績はもちろん、これまでクリエイティビティを感じさせるプロジェクトが多くサクセスしています。「新しいもの」や「こだわりの品」を好んで支援される方が多いプラットフォームですので、BASEを使ってオリジナルの作品を販売されている方にとって親和性が高いと言えるのではないでしょうか。上記に紹介した以外にも以下のようなプロジェクトがBASEのショップオーナーさんによってCAMPFIREで立ち上げられ無事サクセスをしています。

HTML5KARUTA カルタで遊びながらHTML5を学べる学習ゲーム

世界にひとつのTシャツ定期便 | undetroze

電子部品アクセサリーブランド「デンシブヒン部」の活動を京都から全国へ!


またBASEでは「クラウドファンディングにチャレンジしたい!」というショップオーナーさんを応援したいと考えています。あなたはネットショップを成功させるために行いたいプロジェクトなどありますか?もしよかったらぜひ以下のリンクから立ち上げてみたいプロジェクトを教えてください。BASEとしてショップオーナーさんのクラウドファンディングをサポートしていきたいと考えています。

CAMPFIRE+BASE

ライター紹介

BASE(ベイス)
BASE(ベイス)
誰でも30秒でネットショップが作れるサービス「BASE」です。BASEで開設されている30万以上ものネットショップの中から、あなたの生活を彩るユニークなアイテムを厳選してお届けしていきます。







BASE U|ネットショップの開設・運営・集客のノウハウを学ぼう

Facebookページでも情報配信中!

BASEのFacebookページでは、BASEの情報はもちろん、BASE Uのネットショップを成功へ導く記事のお知らせも随時配信しています。是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください!


コメント