インスタグラムで作品を売る人気のネットショップ3選!そのテクニックとインスタ活用のコツをご紹介

instagram_eycatch

TwitterやFacebookを超える集客力を発揮するツールとして今や様々なジャンルで活用されているインスタグラム。このBASE Uでも以前こちらの記事(もはや集客手段として無視できない!インスタグラムを使ってショップの売上をあげる3つの方法 )にてその活用方法をご紹介しましたが大きな反響がありました。2014年12月にはその利用者は3億人を突破したとのニュースもあり、Twitterを大きく上回る勢いで感度の高い若者を中心に積極的に活用され始めています。

その特徴としてはなんと言っても”ブランドの世界観を伝えることが簡単にできる”という点があげられるでしょう。写真を中心としたサービスなので、手軽にかつ直感的にブランドイメージを多くの人々に伝えることができます。スマホで撮影した写真をかっこよく加工できるというのが特徴なのですが、多くのブランドやネットショップはその加工を自身の世界観に合わせる形で工夫し、ハッシュタグを通して多くの潜在顧客にそのイメージを伝えています。

ハッシュタグを活用することで適切なターゲット(見込顧客)にリーチできますので、個人や小中規模のネットショップオーナーにおける活用が広まっています。そこで今回は実際にインスタグラムを活用することで、多くの売上をあげている人気のネットショップをご紹介したいと思います。また後半にはインスタグラムをより効果的に使うちょっとしたコツをご紹介。シンプルなツールだけあって様々な活用法がユーザーによって編み出されています。あなたはインスタグラムを使ってどのような世界観を作りますか?


クラッチバッグやビンテージアパレルを扱うSwell

SWELL
インスタグラムで日々の制作風景やスタイリングなどをアップし、ファンとコミュニケーションをとっている人気ショップ「Swell」のインスタグラムです。月に1度、新商品を加えたショップをオープンするのですが、インスタグラムで繋がっているファンが殺到し、わずか数分で完売してしまうほどの人気です。その人気から今やWEBだけに限らずファッション雑誌からもお声がけがあるといいます。日本経済新聞WEB版でもご紹介されていますので、よろしければご覧ください。写真にストーリー インスタグラムの賢い使い方


リボンやパールのハンドメイドアクセサリーを扱うpetite peche

petite_peche_insta
リボンやチュール、つやつやなパールを扱う、BASEでも大人気のハンドメイドアクセサリー「petite peche(プティトゥ・ペッシュ)」のインスタグラムです。「女の子をしあわせにする上品なアクセサリー」をコンセプトにしたブランドだけあって、可愛いらしくやわらかい雰囲気を感じられるイメージを軸にした投稿内容となっております。

petite_peche
また、インスタグラムというコミュニティから、ダイレクトにやりとりができるLINE@への誘導を行うなどしっかりファンとの繋がりを醸成させる取り組みを行っております。いい意味で力の抜けた投稿とその写真のやわらかさが見事にマッチしている事例といえます。


多肉植物と自家製陶器を扱うInvisible ink.

invisible_ink
また雰囲気代わり、無骨で男らしくもセクシーさを感じさせるブランドがこちら「Invisible ink.」のインスタグラムです。(Instagramは申請が必要となっており、クローズドの、密度の高いコミュニティ形成を狙っています。)こちらは写真のみならず、専用アプリを使って文字を入れるなどして画像から想起されるメッセージをビジュアルで表現しております。仕入た多肉植物にハンドメイドで制作した鉢をあわせて販売する人気ショップです。植物に対する愛が強く伝わってくる運用となっており、多肉植物収集家たちのコミュニティがこのアカウントを中心に形成されているように感じます。

invisible_ink
ちなみに活用している加工アプリはInstasizeSnapseedとのことです。インスタグラム経由でのダイレクト注文も多いようですが、不定期に新作をショップにて販売しています。



インスタグラムを有効活用するためのコツ

プロフィールページを見てもらおう

grid
インスタグラムを通してネットショップに来てもらいたい場合は、ショップへのURL(リンク)をタップしてもらう必要があります。しかしインスタグラムの特徴として投稿内のURLはリンクされないようになっており、なかなかインスタグラムの外に誘導するのが難しい設計です。唯一リンクが表示されるのが、プロフィールページです。ネットショップや自社サイトに誘導するためにプロフィールに来てもらう方法として、上記のように各投稿画像で1枚のイメージを作るという方法が挙げられます。

繋がったらどんな絵になるんだろう?」と興味をもってもらうことでプロフィールページに移動し、ショップへの導線をもってもらうという方法です。Instagridというアプリを活用することで、グリッド画像を作成することができます。(Android版はこちら)もしよろしければぜひ試してみてくださいね。


位置情報欄にメッセージを入れる

instagram_line
アカウント名に今いる場所を表示する枠があるのですが、なんとそこに任意のメッセージを入れる方法もここ最近多く見られる現象です。LINEのIDやTwitterのアカウントを入れたりするだけでなく、プロフィールを見て!やキャンペーン告知や商品名など、様々な活用がされており、とても面白いですよね。今だと誰でも使えるLINE@もあるので、そのアカウント名を記入して、そこからショップの情報を発信していくなど面白い使い方でしょう。


いいねやコメント欄を使ってキャンペーンを行う。

invisible_ink
例えば“100いいね!ごとにこの商品の値段を10%引きにします!”“感想をコメントした方から抽選で3名様にこの商品をプレゼントします!”など、投稿内でもちょっとしたキャンペーンを行うことが可能です。例えば前述したInvisible Ink.では前の投稿の3つのいいね!の合計数にもっとも近いいいね数をコメントした人に商品をプレゼント!など “Visible Night Out”と銘打ちキャンペーンを面白くする演出を行っています。


以上、いかがでしょうか? ブランドの世界観を表現するためのツールとして活用されている一方、ユーザーごとに様々な工夫がされて活用されているのがInstagramの特徴です。いいね!をしているファンの一部にのフィードにしか投稿が流れないFacebookページや文章ベースのTwitterと違い、必ずフォローしている人のフィードに流れ、かつビジュアル重視ということで重要ブランド構築のためのツールとして選ばれているInstagram、これは使わない手はないでしょう。

スマホからでも十分綺麗な写真が撮れる時代ですが、1眼レフのカメラをお持ちであれば撮影した写真をWi-Fi経由ですぐにスマホに送れるSDカードなどもありますので、こういったものを活用してクオリティの高い素材を用意するのもいいでしょう。下のコメント欄にてあなたのInstagramのアカウトをぜひ教えてください!また、BASEでもInstagramのアカウントを持っていますので、よろしければこちらからぜひフォローしてみてくださいね。

ライター紹介

BASE(ベイス)
BASE(ベイス)
誰でも30秒でネットショップが作れるサービス「BASE」です。BASEで開設されている30万以上ものネットショップの中から、あなたの生活を彩るユニークなアイテムを厳選してお届けしていきます。







BASE U|ネットショップの開設・運営・集客のノウハウを学ぼう

Facebookページでも情報配信中!

BASEのFacebookページでは、BASEの情報はもちろん、BASE Uのネットショップを成功へ導く記事のお知らせも随時配信しています。是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください!


コメント