自分に合ったネットショップの種類は?ASP型独自ネットショップについて詳しく解説

公開日:2017年8月4日

ネットショップを開設する時に悩むのが、「ASP型独自ネットショップ」や「ショッピングモール型ネットショップ」など、サービスの種類の違い。それぞれに特徴があり、販売するモノによっても、向き不向きもあります。自分の売りたい商品がどのネットショップの形態にマッチするか、それぞれの特徴をおさえて、より販売しやすい手段を選びたいものです。

今回は、BASEも分類される「ASP型独自ネットショップ」について、特徴やメリット・デメリットについて分かりやすくまとめてみました。


ASP型独自ネットショップって?

ASPとは、「アプリケーションサービスプロバイダ」の略です。ネットショップに必要なサービスを提供するプロバイダからレンタルしたシステムを使い、ショップを運営する形態をASP型独自ネットショップといいます。



ASP型ネットショップ、BASEのショップ例(SENBEI BROTHERS)


楽天やAmazonなどが提供する「ショッピングモール型ネットショップ」では、実際のショップングモールのように複数のお店が一つのモールサイトに集まるのに対し、「ASP型独自ネットショップ」では、お店オリジナルの独自ドメインを取得して、自分のホームページを開設することができます。



独自ドメインとは?

「www.」ではじまるホームページのアドレスを「ドメイン」と呼びます。自分のブランドで独自にドメインを取得する場合は、ブランド名の英字表記の最後に「.com」「.jp」などを付けて所在地(アドレス)を特定します。ドメインは一意性のため、世界中のネット空間にただ一つしか存在できません。先に他の人が使っている場合は、同じドメインを二重に使うことができないため、取得した独自ドメインはあなただけのものとなります。

楽天などの一般的なショッピングモール型ネットショップを利用する場合、モールを開設しているサイトの中にショップを構えることになり、管理者から割り振られたドメインを使用します。そのため、自分の望むオリジナルのドメインを使用することはできません。

ASP型独自ネットショップの場合も、サービス提供元からドメインを割り振られる場合がありますが、独自ドメインを選択できるオプションを提供するショップもあり、BASEでは独自ドメインはHPのアドレスでお店の思いやコンセプトを主張することができるため、自社ブランドの確立に有利です。



ASP型独自ネットショップの例

ASP型独自ネットショップを提供する代表的なサービスは、MakeShop(GMOメイクショップ)、カラーミーショップ(GMOペパポ)、ショップサーブ(Eストアー)、そしてBASE(BASE)などがあります。開設に必要な初期費用や販売手数料、取扱える商品点数など、各社で異なるサービスを提供しているため、自分が運営したいネットショップがどんな商品を扱うか、どれくらいの売り上げボリュームを想定しているかで適切なネットショップを選びましょう。




ASP型独自ネットショップのメリット

ASP型独自ネットショップには、独自ドメインを選択できる他にもさまざまなメリットがあります。


①商品を比較されにくく、価格競争が少ない


ショッピングモール型ネットショップのように、類似のカテゴリ、関連商品内で比較されることがないため、じっくりと商品の特徴や魅力などの独自性をアピールしやすいのがASP型ネットショップの特徴です。

目的を持って商品を探しているお客さんとの出会いが期待できることから、価格で選ばれるよりも、商品の特徴などの価値を吟味して選ばれるため、お客さんとの密な関係が築きやすいというメリットもあります。


②デザインの自由度が高く、商品ページをカスタマイズしやすい


商品の説明が分かりやすく、おしゃれに見えるページのレイアウトを構築することは、購買につながる大事なポイントです。

ASP型独自ネットショップには、デザインの自由度が高い多彩なテンプレートが用意されているサービスが多く、おしゃれなページが簡単に作れる上に、カスタマイズも可能です。

一方で、ショッピングモール型ネットショップの場合は、フォーマットが統一されているためデザインの幅がせまく、おしゃれな雰囲気や自分のこだわりを表現するのにはあまり向いていません。


③ブランド化しやすい


いくつものお店が集合するショッピングモール型ネットショップは、画一的なデザインや商品レイアウトになりがちですが、ASP型独自ネットショップで独自ドメインを使用し、個性的なページ作りに成功すれば、他社の商品との違いや自分の商品のこだわりをアピールしやすく、ブランドを確立しやすくなります。



ASP型独自ネットショップのデメリット

では、ASP型ネットショップにはどのようなデメリットがあるのでしょうか?


①他店からのお客さんの流入が見込みにくい


ASP型独自ネットショップを利用しているお客さんは、目的をもって商品を探してショップにたどり着く傾向があり、ファンとして定着してくれる可能性がある一方で、ネット上で商品を比べて購入するタイプのお客さんの流入は少なくなる傾向があります。


②集客は自己努力となる


ショッピングモール型ネットショップや、オークション型ネットショップなど、一つのモール(ドメイン)内にお店を出店すると、所属するカテゴリ内で表示されたり、モール内の検索結果で表示されたり、極端に言うと“何もしないでも”お客さんの目に留まるチャンスがあります。

一方で、ASP型独自ネットショップは、商品の個性をアピールするのは自己努力となります。お店からお客さんに呼びかけないと存在を知ってもらう機会が少なく、ネット販売の知識がゼロの状態から売上や利益を上げるまではなかなか大変かもしれません。集客の面で不安を感じる人は、販売支援のサポートや小さな疑問にも対応してくれるASP型サービスを選べば安心です。



ASP型独自ネットショップはどんな人におすすめ?

ASP型独自ネットショップは、ブランドを確立し、自分のお店や商品の個性をアピールしやすいことから、こだわりの商品を扱うショップオーナーに最適といえます。

ブランドに自信がある人なら、自分が販売する商品がオリジナリティの高いものであれば、その特徴をアピールしやすいASP型独自ネットショップの方が有利です。

お客さんとの距離感が近いASP型独自ネットショップの方がリピーターになってもらいやすく、継続的な販売を見込みやすくなります。

お客さんを集め、商品を気に入ってもらい、リピーターやファンになってもらうには、商品への情熱や努力も必要ですが、販売促進、集客支援が充実しているサービスを選ぶと、より安心して始めることができるでしょう。

ASP型独自ネットショップを提供するBASEでは、ネットショップ初心者の人でも安心して始められるような無料のサポート機能・集客支援がたくさんあります。

▼詳しくはこちら
集客力に強いネットショップサービスを徹底比較!販促&集客に強いサービスを選んでショップを成功させよう

この機会に、是非検討してみてください。

ライター紹介

BASE(ベイス)
BASE(ベイス)
誰でも30秒でネットショップが作れるサービス「BASE」です。BASEで開設されている40万以上ものネットショップの中から、あなたの生活を彩るユニークなアイテムを厳選してお届けしていきます。






関連記事

    None Found


Facebookページでも情報配信中!

BASEのFacebookページでは、BASEの情報はもちろん、BASE Uのネットショップを成功へ導く記事のお知らせも随時配信しています。是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください!


コメント