好きなデザインで安く簡単に!最低一つからオリジナルのスマホケースが作れる6つのサービス

eyecatch_SP

こんにちは。ferretの責任者をしている飯高です。前回は、1個からでも簡単にオリジナルグッズが作れるサービスについてご紹介しました。

今回のテーマは、自身でデザインしたイラストや撮影した写真など、画像データをアップロードするだけで簡単に自分だけのスマホケースを作成できるサービスを6つご紹介します。一口にオリジナルスマホケースが作れるサービスといっても、最低ロット数や一個あたりの製造費はもちろん、ハードケース・立体型・手帳型などによって様々です。これからオリジナルスマホケースの商品展開を考えているネットショップオーナーの方は、参考にしてください。


オリジナルのスマホケースが作れるサービス


1. Canvath(キャンバス)

Canvath
https://www.canvath.jp/

最低作成費用:980円(税込・送料込)~

ネットショップ運営が未経験の方には特におすすめしたいサービスがCanvath(キャンパス)です。なぜなら、オリジナルスマホケースであっても最低1個から注文が可能であり、業界最安値の低価格が魅力です。オリジナルスマホケースであれば、1個当たり980円~(送料・税込)依頼が可能です。他社に比べると半分近く費用を抑えられるのでネットショップ経験が浅い方から、これからオリジナル商品に注力したいネットショップオーナーまで幅広く利用できます。

またネットショップ運営においてネックになるのが在庫を持つリスクです。Canvathは1個から注文できるため、自分のネットショップで売れてからCanvathで注文することで在庫を持たずにネットショップを始めれます。ちなみに、オリジナルスマホケース以外にも「Tシャツ・トートバッグ・クッション・ハンドタオル・マグカップ」がオリジナルで作れるようですので、これだけで商品が全て揃ってしまいそうです。

このCanvathはBASEとも連携しており、Canvath上で作成した商品はボタンひとつでBASEにも出店することができますので、ぜひ試してみてください。こちらの記事に詳細の連携方法についてもご紹介されています。



2. DMM case

DMM.make
http://make.dmm.com/

最低作成費用:1,980円(税込・送料無料)~

オリジナルスマホケース作成は、作成するまで手間がかかります。例えば、あまりデザインツールに慣れていない方であれば、原画となるファイルを入稿する際の条件ですら戸惑ってしまうことも少なくないでしょう。

しかし、こちらのDMMcaseは、そういった心配が全くありません。なぜなら、全てスマートフォン上で完結するからです。もちろん、パソコン上でも操作することは可能ですが、使い慣れたスマートフォンで簡単に作りたいという方にはおすすめです。また、レーザー刻印を使ったオリジナルスマホケースも作成できるため、独特の質感であったり風合いを表現したいといったデザイン志向なものを作りたい方には、ピッタリです。※ただし、モノクロ2諧調などのデザイン制限はあるため、要確認が必要です。


3. 3D PRINT LAB.

3D PRINT LAB.   au
https://3d.auone.jp/

最低作成費用:4,298円(税込・送料無料)~

つい先日、リリースしたばかりの新しいオリジナルスマホケース作成サービスです。なんと言っても特徴は、3Dプリンターを使ったデザイン性の高さではないでしょうか。これまでオリジナルスマホケースと言えば、オールプリント型や手帳型が一般的であったため表現には限界がありました。しかし、この3Dプリンターを使う事で、これまで出来なかった立体的なデザインや独特の風合いを表現することが可能になりました。

ネットショップオーナーはもちろん、クリエーターの方にもおすすめできるサービスの1つです。


4. Casetify(ケースティフィ)

Casetify
http://www.casetify.com/
最低作成費用:$39.95(世界中送料無料)~

こちらのCasetifyは、海外を中心に人気のオリジナルスマホケース作成サービスです。海外らしいスタイリッシュなオリジナルケースが作成できるのが特徴でしょう。オリジナルのフレームが数種類あり、デザイン性だけでなく機能性も重視したオリジナルスマホケースが作成可能です。

「海外だから送料が高そう…」と感じますが、世界中送料無料というところが非常に良心的なのではないでしょうか。もちろん、海外からの輸入になりますので届くまでには少し時間がかかるようなので注意が必要です。


5. CollaBorn(コラボーン)

collaborn
http://collaborn.com/

最低作成費用:3,065円(税込)~

オリジナルスマホケース作成で気になるのが側面の印刷部分です。中には、側面だけは製造工程上出来ないものもあるので、側面までしっかり印刷可能なところがポイントです。専用のデザインツールには、スタンプやテンプレートがあるので、写真に+αでデザインを加えることも可能です。
また、ネットショップオーナー向けにOEM制作も可能なようなので、オリジナルスマホケースの売りが見込めそうであれば、OEM制作に切り替えて依頼してもいいかもしれません。ちなみに、オリジナルスマホケースのほかにTシャツやベビー服も作成できるようです。


6. GENIUS STORE(ジーニアスストア)

GENius STORE
http://www.onlyonecase.com/

最低作成費用:2,580円 (税込)~

去年から女性を中心に人気の手帳型ケースをオリジナルスマホケースでも作れるのがこちらのサービスです。手帳型の場合は、LUXURY TYPEとBASIC CASEの2種類あり、好みのデザインからオリジナルスマホケースが作成できます。※手帳型の場合は、3,780円(税込)から。
また、プロにお任せしたい場合はオーダーメイドケースもあるので、そちらにデザインをお願いする手もありかもしれません。


まとめ


三者三様で特長があるサービスの中でも特に「Canvath」「DMM case」「3D PRINT LAB.」は、最近リリースされた注目のサービスです。ネットショップオーナー向けには、低価格・最少ロット数でオリジナルスマホケースを作成ができる「canvath」。手軽にまずは作ってみたいという方には「DMM case」。デザイン性にこだわるクリエーターの方は「3D PRINT LAB.」がオススメです。

また、スマホケースだけでなく、オリジナルグッズが作れるサービスはあるので、何を作りたいかによって使い分けるとよいでしょう。是非、これを機にオリジナルスマホケースの販売を検討されてみてはいかがでしょうか。

ライター紹介

iitakayuta
Yuta Iitaka
株式会社ベーシック/Webマーケティング事業部 部長の飯高です。広告代理店、制作会社、スタートアップを経験。複数のWebサービスやWebメディアの立ち上げに関わる。Ferret立ち上げにあたり参画。
https://ferret-plus.com/


 Webマーケティング事業部 部長の iitakayuta





BASE U|ネットショップの開設・運営・集客のノウハウを学ぼう

Facebookページでも情報配信中!

BASEのFacebookページでは、BASEの情報はもちろん、BASE Uのネットショップを成功へ導く記事のお知らせも随時配信しています。是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください!


コメント