SNSを利用してネットショップの集客に繋げる方法

前回までのおさらい

「ネットショップを開設したけどなぜか売れない!」と感じている方必見の記事を、「ネットショップで売るための3大施策」としてご紹介しました。

前回までの記事はこちら
▽ネットショップで売るための3大施策「集客・接客・追客」とは?
http://baseu.jp/product_design/20160727110024/

では今回からは、3つのうちの「集客」について、5回に分けてご紹介します。今回は、無料で多くのユーザーを集めやすいSNSであるFacebook・Twitter・Instagramでの集客に焦点を当ててご紹介します。

世界No.1のユーザー数を誇る「Facebook」

実名制でかつ、リアルな友人関係が特徴のFacebookは、SNSの中でも世界No.1のユーザー数です。世界で16億5,000万人のユーザーがいます。(2016年4月末時点)

【Facebookの成功ショップ】
ひらがなで「にゅ」と書かれたスニーカーを取り扱う『にゅ』サンガッチョ様
28,375名の方(2016.7月末現在)がページをフォローしています!
スクリーンショット 2016-07-27 18.07.49

【Facebookにしかない特徴】
・文字の制限がない(投稿記事の自由度が高い)
・ユーザーの年齢層が幅広い(ユーザー数は世界で16億5,000万人)
・友達の投稿に加え、友達が「いいね!・コメント・シェア」した情報がよく流れてくる
・実際の友達だけでなく、仕事上の関係の人とも繋がる

fb ※総務省「平成27年度版 情報通信白書」2015.3時点の統計より引用

【投稿するときの工夫】
◉記事の工夫
Facebookは文字数の上限がないので、記事の自由度が高いです。ユーザーの年齢層が一番幅広いので、ショップのターゲットに合わせた年齢層に向けて記事を考えても良いかもしれません。
例えば、「にゅ」sangacioさんは、売れ筋ランキング(既存のBASEにはない機能)を発表したり、新商品を制作する風景や、商品制作にあたり特にこだわった部分の記事を書いています。 

◉写真のクオリティーを上げる
商品の着用写真を掲載する、モデル着用するなどして写真のクオリティを上げます。Facebookは実名でさほど親交が深くない友達とも繋がっているので、「いいね!」をするときは背伸びをしたくなることもあります。自分の友達にも共感してもらえそうな写真ほど、多くの人からの「いいね!」を集めます。

◉コメントへの丁寧な返信
SNSはユーザーの方と直接コミュニケーションを取れる場です。特にFacebookは誰かがコメントをしただけでもタイムラインに上がってくるのが特長です。「にゅ」sangacioさんは、都度丁寧な返信をなさっています。

aaa『にゅ』sangacio

ファッションや芸能人に関心がある女性に人気が高い、「Instagram」

撮影した写真を加工し、アップできるSNSです。投稿されている写真はおしゃれなものが多く、世界で5億人のユーザーがいます。(2016年6月時点)

【Instagramの成功ショップ】
タレント平松可奈子さんがプロデュースするショップハニーシナモン様
23,900名の方(2016.7月末現在)がアカウントをフォローしています!
ハニーシナモンさん  honey_cinnamon_jp  • Instagram写真と動画

【Instagramにしかない特徴】
・写真や動画がメインのSNSなので、雑誌感覚で気軽にチェックしやすい。また、言語を超えたコミュニケーションが可能
・利用ユーザーではファッションや芸能人への興味が深い10代~20代女性が特に高く、最近では30代~40代の女性も増加している様子
・「いいね」で拡散しないので、ユーザーが積極的にハッシュタグを辿ってコミュニケーションを起こす

insta ※総務省「平成27年度版 情報通信白書」2015.3時点の統計より引用

【投稿するときの工夫】
◉投稿するテーマを絞る
極端かもしれませんが、個人ユーザーの中にも「自分が作ったごはん」「今しているネイル」「部屋のインテリア」など、テーマを絞っている方の方が多数のファンを集めます。ハッシュタグを辿って辿り着いた方が、カタログ代わりにInstagramを見ることがあるためです。なにかひとつ、テーマを絞ってみませんか?

◉日常生活に溶け込んだ写真を
ひとつ注意したいのが、宣伝しているだけと捉えられる写真をアップしないことです。あなたのネットショップの商品を紹介する場合も、ユーザーが自分の日常生活で商品を使っていることが連想できないと、購入意欲が湧きづらいです。例えば洋服を取り扱っているのであれば、コーディネート写真の掲載をするのはいかがでしょうか。
また、商品を欲しいと思った瞬間に価格が気になるものです。商品コメント欄に価格を記載すると、親切です。

◉ハッシュタグを工夫する
ユーザーが積極的に興味の対象をハッシュタグで調べるので、探しやすい言葉を設定してみてはいかがでしょうか。例えば「ハニーシナモン」さんはショップ名を英字表記、カタカナ表記の両方を記載しています。

ハニーシナモンさん  honey_cinnamon_jp  • Instagram写真と動画

リアルタイムな投稿で拡散力があるTwitter

140字の文字数制限があるTwitterは、匿名で登録する方も多く、拡散性があります。現在、世界で3億2000万人(2016年6月末時点)のユーザーがいます。

【Twitterの成功ショップ】
ガーリーな絵が特長のスウェットワンピを販売するhakuchum tokyo様
953名の方(2016.7月末現在)がアカウントをフォローしています!
hakuchum tokyo  hakuchum_tokyo さん   Twitter

【Twitterにしかない特徴】
・文字の制限が140文字まで(ブログのように構えることなく、気軽に情報を発信することが出来る)
・リツイートがどんどんされて不特定多数に情報が届く可能性がある(拡散力がある)
・タイムラインが時系列に並ぶので、投稿時間に注意する必要がある

Twitter ※総務省「平成27年度版 情報通信白書」2015.3時点の統計より引用

【投稿するときの工夫】
◉新商品の販売開始時間を告知
Twitterはタイムラインが時系列で並び、拡散されやすいのが特長です。「いいね」の数を集める必要もありません。投稿された瞬間に記事を読んでいただける可能性があります。「緊急告知」「新商品発売予告」「セール情報」など、目に止まるような文章を取り入れてお知らせしてみてはいかがでしょうか。

◉ツイートの固定
Twitterは、特定のツイートをページの一番上に固定することができます。例えば「hakuchumu tokyo」さんは、一押しの打ち出し商品が新入荷したお知らせを固定しています。ページに訪れたユーザーは、固定された記事が一番最初に目に止まります。どの商品が一押しなのか一目でわかります。

◉リツイートの工夫
Twitterにはキーワード検索があります。検索をしたときに自分のショップに関する情報がツイートされていたら、そのツイート内容を自分のショップ内でリツイートをすると、ショップに対する生の声が反映され、お客様の信頼を得られることに繋がります。

hakuchum tokyo  hakuchum_tokyo さん   Twitter
以上、すぐに実践できる工夫ばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。
次回は、Instagramでの写真の撮り方についてご紹介します!

ライター紹介

BASE(ベイス)
BASE(ベイス)
誰でも30秒でネットショップが作れるサービス「BASE」です。BASEで開設されている30万以上ものネットショップの中から、あなたの生活を彩るユニークなアイテムを厳選してお届けしていきます。







BASE U|ネットショップの開設・運営・集客のノウハウを学ぼう

Facebookページでも情報配信中!

BASEのFacebookページでは、BASEの情報はもちろん、BASE Uのネットショップを成功へ導く記事のお知らせも随時配信しています。是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください!


コメント