今すぐ実践できるInstagramの活用方法と、撮影のコツ

前回までのおさらい

前回の記事では、集客の手段として、SNSを活用するメリットをご紹介しました。その中でも、写真や動画を投稿することで、雑誌感覚で気軽にチェックしやすいInstagram。「良い写真を撮るのが難しそう!」「ハードルが高そう!」と思われがちですが、少しの工夫で集客に成功しているショップ様はたくさんあります!あなたのショップでもInstagramを活用して、ファンを増やしませんか?

今回は、すぐ実践できるInstagram活用方法と、撮影のコツについてご紹介します!

そもそもInstagramって?

スマートフォンのアプリの一種で、写真や動画を投稿し、コミュニケーションを図ることができる写真共有サービス。投稿されている写真はおしゃれなものが多く、世界で5億人のユーザーがいます。(2016年6月時点)

how-to-insert-line-feeds-instagram

今すぐ実践できる活用法

ずばり以下2つです!
◆テーマを絞る
Instagramで紹介するものが、あなたのショップで販売されている商品の紹介だけになっていませんか?
もしかすると、宣伝と捉えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。雑誌やカタログを見ていてもそれぞれテーマがあるように、Instagramでもテーマが絞られていた方が、ユーザーは気軽にフォロー*しやすいもの。さらには、フォロワーにとってプラスになるテーマの写真の方が効果が高いです。商品の紹介以外にも何か取り入れてみてはいかがでしょうか。

*フォローとは
Instagram上で、その人の「ファン」になることです。フォロワーはその逆で、あなたのファンになってもらうことです。ファンになることによって、その人がInstagramでどのような行動をしているかが分かるようになります。

<テーマの例>
洋服が商品の場合:コーディネートの写真
実店舗がある場合:店舗の様子や、お客様とのコミュニケーションを撮影した写真
地域活性の一環で販売する商品の場合:お住まいの地域でしか見られない風景写真
食器が商品の場合:商品であるうつわに盛った、おいしそうな料理の写真…など

例えば「Re:room」さんは、イメージコンセプトとして掲げる、海を感じるイメージに合わせ、海を連想する背景で撮影されたコーディネートの写真や、海の写真をアップされています。

REROOM_TOKYOさん  reroom_tokyo  • Instagram写真と動画

◆適切なタグ付け
Instagramに投稿されている写真の数は、全世界で400億越えと言われています。投稿を見てみると、シャープ文字(#)が付いた単語を見かけませんか?これを、ハッシュタグと言います。ハッシュタグは検索用キーワードです。
Instagramは、ユーザーがハッシュタグを辿って積極的に検索し、コミュニケーションを起こす特徴があります。よって、投稿に気づいてもらうためには、ハッシュタグが一番有効です。あなたのショップのアカウントでフォロワーを増やすには、自分が設定したテーマに対して興味や関心があるユーザーを想定し、その対象に見つけてもらえるハッシュタグを適量選びましょう。(例えば、20個も30個もタグが付いていたら、数が多くてフォロワーさんも驚いてしまうかもしれません。写真が埋もれない程度にバランスを取りましょう)

<ハッシュタグの例>
・テーマに基づいて毎回同じハッシュタグを付ける
・お店の名前のハッシュタグをつける
・思い浮かんだキーワードを一旦検索してみて、自分のショップに合いそうな雰囲気の写真が多ければ、タグを設定する

Instagramでの撮影のコツとは

◆フレームを統一する
せっかくテーマが絞られていても、毎回バラバラのフレームで撮影していると統一感が生まれません。
例えば「etoile griotte」さんは、写真の形を丸くくり抜いているのが特長です。

Etoile et Griotte   Chihiroさん  etoile_griotte  • Instagram写真と動画

フレームの加工ができるアプリはいくつかありますので、お試しください。

▽CAMEREON(透け感のある写真や、明るさの調整、切り抜きができるおしゃれなアプリです)
https://itunes.apple.com/jp/app/camereon/id828445761?mt=8

▽丸切写真 (丸、三角、テディベア型に写真の切り抜きをすることができます)
https://play.google.com/store/apps/details?id=roundphoto.photo.android.app.addquick

◆真上から撮る
食事や、置き撮りのコーディネート写真など、真上から撮った写真が人気を集めています。この撮影方法を「俯瞰(ふかん)撮り」といいます。例えば、「ハニーシナモン」さんは、置き撮りのコーディネートを真上から撮影しています。真上から撮影するだけで、写真がおしゃれに見えると言われています。

ハニーシナモンさん  honey_cinnamon_jp  • Instagram写真と動画
◆洋服の場合は、コーディネート写真を撮る
商品が洋服の場合は、コーディネートの写真を掲載してみてはいかがでしょうか。誰かに撮ってもらうのが難しい場合は、どこでも気軽にセルフタイマーができる、便利なグッズも販売されています。

▽セルフタイマー「Pacil」
https://www.meopad.com/products/pachil.html

また、コーディネートを投稿する際は、商品名や価格を記載するのが良いでしょう。
Instagramは、投稿記事の中にリンクの設定をすることができません。そのため、写真を見てショップページに辿り着いたお客様が、どの商品かすぐ検索できるよう、記載があると親切です。

◆写真の質感を統一する
せっかく撮影した写真でも、写真の質感がばらばらだと統一感がありません。
例えば、「7page」さんの投稿写真は、1枚あたりの写真が控えめな明るさで、洗練された印象を受けます。

7pageさん  naru7page  • Instagram写真と動画

一眼レフがなくとも、携帯のカメラで明るく見えるよう加工するだけで、印象が変わります。Instagramに入っている加工ツールでも十分に綺麗な写真に編集できますが、写真の加工アプリを使うと、一層良い写真に変わります。

▽VSCO
フィルターをかけてシンプルな加工ができるアプリです。例えば空の色をもっと青くしたいとき、色合いをもう少し変えたいときなど、プラスαの加工ができるアプリです。

iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/vsco/id588013838?mt=8
Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.vsco.cam&hl=ja

以上、今すぐ実践できるInstagramの活用方法と、撮影のコツでした。ぜひあなたのショップのInstagramアカウントで、実践してみてくださいね。

Instagramのダウンロードはこちら
Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.instagram.android&hl=ja
iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/instagram/id389801252?mt=8

ライター紹介

BASE(ベイス)
BASE(ベイス)
誰でも30秒でネットショップが作れるサービス「BASE」です。BASEで開設されている30万以上ものネットショップの中から、あなたの生活を彩るユニークなアイテムを厳選してお届けしていきます。







BASE U|ネットショップの開設・運営・集客のノウハウを学ぼう

Facebookページでも情報配信中!

BASEのFacebookページでは、BASEの情報はもちろん、BASE Uのネットショップを成功へ導く記事のお知らせも随時配信しています。是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください!


コメント