電子部品でアクセサリー?女子大生による人気ショップ「デンシブヒン部」特別インタビュー!

公開日:2013年8月30日

普段使っているお手元のスマホやPC、そしてご家庭にある家電製品の中に必ず入っている私たちの生活を見えない所から支えてくれているもの、なんだと思いますか?それは何かというと….もうお気づきの通りこの記事のタイトルにもある“電子部品”です。今回のBASE STORYではこの電子部品を使ったアクセサリーを手作りして、BASEを使ったネットショップで販売されているデンシブヒン部の広報担当の藤本さんをご紹介したいと思います!

京都にある美術大学の友人5人で始めたというこのデンシブヒン部さん、最近ではクラウドファンディングサービスのCAMPFIREで目標の1.5倍近い金額でサクセスをしたブランドでもあり今ではBASEの中でも大きなトラフィックを集める人気ショップです。その中心人物の藤本さんにデンシブヒン部のこれまでとこれからを語ってもらいました。



女子大生が電子部品でアクセサリーを作り始めたキッカケとは?

今日はわざわざBASEへ起こし頂きありがとうございます。早速ですがお伺いさせてください。そもそもなぜこういったユニークなアクセサリーを作り「デンシブヒン部」を立ち上げようと思ったのですか?

interview

はい、すっごい緊張していますけどよろしくお願いします。まずデンシブヒン部の始まりについてですが、最初のキッカケは学校の課題ですね。大学でのクラスの課題として仲のいいメンバーと始めたのがキッカケです。「WEBを使って何か面白いことをしなさい」という学校の課題がありまして、仲間と相談していたところ「アクセサリーを作りたい!」という話になりました。どうせならオリジナルで個性的なアクセサリーにしようと考えアイデアを出し合った結果、電子部品をモチーフにアクセサリーを作り、webを使って広めていくことにしました。今ではきっかけとなった授業も終わってしまいましたが、私たちだけで自由に活動を続けています。


ここまで自由度の高い課題を出す先生も面白いですし、みなさんの行動力も素晴らしいですね。それにしても電子部品なんて触ったことある人のほうが少数派だと思うのですが、よくここまで完成度の高いものを作れますね。

はい、メンバーの一人にちょこっと工作の経験があるという子が一人いるくらいで、電子部品にしてもアクセサリー作りにしても全くの無知なメンバーでしたのでまずはみんなで電気街に行くことからはじめました。みんなで手探りで勉強しながら作っていったのですがどんどん電子部品に対して愛着を持つようになってきました。 メンバーごとにシリーズを担当しておもちゃのような見た目のTOYシリーズ、抵抗を可愛くした三角シリーズ、部品を樹脂で固めたfloatシリーズ、そしてはんだを使ったうろこシリーズというものがあります。ちなみにデンシブヒン部の顔となっている売れ筋商品は今のところTOYシリーズですね。



デンシブヒン部の京都から全国へ届けたい想い

TOYピアス
人気のTOYシリーズ


これまたステキな名前のシリーズですね!ちなみにこういったユニークなアクセサリーを作られるにあたってどういったコンセプトを大切にされているんですか?

はい、コンセプトは「キカイの中の小さな宝石」としています。電子部品ってPCやスマホの中に入っていていつも使い込んでいる割に普段なかなか目にすることは少ないじゃないですか?そういった実は目に見えない部分に、本当にステキなもの、可愛いものって隠れていると思うんですよね。こういった想いを込めて電子部品を宝石にたとえてみました。電子部品で作られていますが、ぱっと見はアクセサリーに見えるよう抵抗気器、LED、コンデンサーなどを使って全て手作りで作っています。現在20代の女性を中心に、これまで電子部品に接点のあまりなかったような方々に支持されていて嬉しく思っています!


「キカイの中の小さな宝石」、とてもステキなコンセプトですね!確かに宝石に見えてきました。BASEでのネットショップを始め、CAMPFIREにも参加されていますが、もともとこういったプラットフォームの活用は考えていたのですか?

いえ、特に考えてはいませんでした。デンシブヒン部では2012年の秋ごろから本格的に作品作りを始め11月の学園祭で販売を行いました。すごい反応がよかったのでネットでも販売しようと考えていましたところ、BASEを先輩から紹介していただいて「これだ!」と思い使い始めました!他のサービスも検討したのですが、全て無料だというのはもちろんですけど、特に販売点数にも制限がなかったのが決め手でしたね。最初は友人たちへショップ開設のお知らせをしていたくらいだったのですが、嬉しいことに徐々に販売数があがってきたところ、CAMPFIREのキュレーターの方からお声がけを頂き今回クラウドファンディングを実施させて頂くことになりました。

おかげさまで32人もの方から¥142,500のご支援を得ることができ、本当に感謝しています。これは今後もう少し多くの商品を効率よく作れるよう機材の導入や全国での出店販売のための費用などに当てていきたいと考えています。



ネットショップへの集客について

デンシブヒン部

この度はCAMPFIREでのサクセス、本当におめでとうございます!より多くのお客様へ届けるための機材投資として活用されるのですね!素晴らしい使い道だと思います。新しい製品の販売なども期待したいところです! ちなみにネットショップへの集客ですが、これがまた結構難しいところだと思います。「最初は友人たちへのお知らせから」と言いましたがもう少し具体的な集客方法について教えて頂けませんか?


はい、やっぱり最初から売上を出すのは難しかったですが、まずは地道にFacebookやTwitterを使って繋がっている友人達にこんなことはじめましたよ!と「デンシブヒン部」のことを知ってもらうことから始めました。そこからポツポツと買ってくれる友人がいてくれたりしてとっても嬉しかったです。またその友人が友達に教えてくれたり、私の投稿をシェアしてくれたりするなどして少しづつデンシブヒン部の存在を知ってもらった、という感じですね。

あとはFacebookとtwitterにはネットショップ開設当初から力を入れて運用していました。無料で始められるというのもよかったのですがやはりポイントは”写真”ですね。アクセサリーはやっぱり見た目が重要なので写真で細部を伝えやすいソーシャルメディアを中心にPR活動は行っていました。あとはSumallyもやっていますね。そういった運用を定期的に続けているとニュースサイト等などに取り上げてもらえるようになりました、そういった所からのお声がけにはとても助けられています。自分自身のアカウントも含め、そういったSNSを駆使したおかげで今では「あのデンシブヒン部の藤本さんね〜」と呼ばれるようになっています笑



なるほど!確かにネットショップは実際に手にとって商品を吟味できない分写真が重要と言われますあ、確かにFacebookやサマリーであれば綺麗な写真で顧客となりえそうな人たちに紹介することができますね!ぜひ参考にさせて頂きます!では長くなってしまいましたが最後のご質問です。今後のデンシブヒン部さんの展開について教えてください!

interview2


はい、私たちとしてはネットショップに限らずリアルな場所での販売を積極的に行っていきたいと考えています。実は今回、東京に来たのもデンシブヒン部の商品を委託販売してくれる吉祥寺のお店にご挨拶にいくためです。CAMPFIREをご覧頂いてお声がけ頂いたお店なのですが本当にこういったお誘いは嬉しいですね。吉祥寺のショップを皮切りに一人でも多くの人にデンシブヒン部のアクセサリーを手にとって貰える場を作り出したいと思っています。



デンシブヒン部の藤本さん、今回はわざわざ京都からありがとうございました!

京都の女子大生5人組による人気ショップ「デンシブヒン部」さんのストーリー、いかがでしたでしょうか? 始まりは学校の課題ということですが、今では全国展開を進めているデンシブヒン部さん、藤本さんはお仕事をしながらも仲間とともに「キカイの中の小さな宝石」を一人でも多くの方へ届けるため、ネットショップだけでなく、実店舗などの現場へ足を運んで行きたいそうです。BASEとしてもお話を聞かせて頂き応援したい!という気持ちになってしまいました。

もし雑貨屋さんやアクセサリー屋さんをやられている方でデンシブヒン部さんにご興味のある方はぜひこちらのアドレス denshibuhinbu@gmail.com へご連絡してみてくださいね。

ライター紹介

BASE(ベイス)
BASE(ベイス)
誰でも30秒でネットショップが作れるサービス「BASE」です。BASEで開設されている40万以上ものネットショップの中から、あなたの生活を彩るユニークなアイテムを厳選してお届けしていきます。







Facebookページでも情報配信中!

BASEのFacebookページでは、BASEの情報はもちろん、BASE Uのネットショップを成功へ導く記事のお知らせも随時配信しています。是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください!

コメント