2019年10月1日より、いよいよ消費税は10%に、そして新しい仕組みである軽減税率も導入されることに。それにあわせて、BASEではショップオーナー様がスムーズに準備ができるよう、9月初旬から9月30日の期間、「税率予約機能」を限定公開いたします。

目次

そもそも軽減税率とは?増税で変わること
納品書の形式も変わる
商品/ショップごとに事前に設定できる「税率予約機能」(9月初旬〜9月30日限定)
10月以降の対応について
軽減税率/増税対応スケジュール(予定)

 

 

そもそも軽減税率とは?増税で変わること

2019年10月1日以降、消費税が現行の8%から10%に引き上げられることになりました。この増税による生活必需品などの購入に対する負担を減らすため、経過措置(例外)として飲食料品(アルコールや外食をのぞく)、週2回以上発行される定期購読の新聞などの対象品目に限り、消費税を8%のまま据え置く、軽減税率が適用されます。

軽減税率の対象品目

・飲食料品(アルコールや外食をのぞく)
・新聞(週2回以上発行、定期購読契約を結んだもの)

軽減税率対象品目の詳細はこちら

「BASE」をご利用いただいている場合、それぞれの商品を内税で価格設定していただいているため、価格設定をそのままにすると、軽減税率の対象品目以外は10%扱いになります。つまり、差分となる2%をお客様からお預かりそびれてしまうことになってしまいます。

 

 

請求書の形式も変わる

また、10月1日以降は軽減税率と標準税率が混在することになるため、請求書などにおける税額計算を税率ごとに区分して計算、表記が必要になります(区分記載請求書等保存方式)。

 

 

商品/ショップごとに事前に設定できる「税率予約機能」(9月初旬〜9月30日限定)

そこで「BASE」では、事前に商品/ショップごとに設定できる「税率予約機能」を9月初旬から9月30日の期間限定で公開いたします。

税率変更予約設定画面

税率変更予約設定画面(※開発中の画面です)

すでに登録している商品ごとに基本税率(標準税率・10%)/軽減税率(8%)、税率設定後の価格(内税)をまとめて設定できます。10月1日以降の税率の予約ができる機能です。予約可能期間は9月初旬〜9月30日。10月1日以降は商品登録画面で個別に設定いただける予定です。

ショップ設定画面

ショップ設定画面(※開発中の画面です)

また、ショップ設定画面では「デフォルト税率設定」という項目が新しく追加され、ショップ全体の商品の基本税率を標準税率(10%)/軽減税率(8%)のどちらかで選択できます。「デフォルト税率設定」を設定すると、9月初旬〜9月30日に新規登録された商品については、こちらで設定した税率で予約されます。10月1日以降は、新規商品登録のさいにこちらで設定した税率が適用されます。

※すでに登録している商品の税率は予約されません。税率変更予約設定画面にて設定を予約してください。

商品登録画面

商品登録画面(※開発中の画面です)

「税率」という項目が追加され、商品の標準税率(10%)/軽減税率(8%)かを選択できます。選択した税率は予約され、10月1日以降のメンテナンス後に自動で切り替わります。予約可能期間は9月初旬〜9月30日。10月1日以降は予約ではなく、即時反映の設定となります。

 

 

10月以降の対応について

今回ご紹介している機能は、軽減税率/増税対応にあわせ、ショップオーナー様がスムーズに準備ができるようご用意した「税率予約機能」となります。予約された設定は9月30日深夜〜10月1日早朝におけるメンテナンスにて各ショップ様の設定に反映されます。前項でお伝えしたとおり、10月1日以降も商品登録画面から商品の税率を選択できます。とはいえ、登録商品数が多いとどうしても設定にタイムラグが発生してしまう可能性があり、大きな損失となります。9月中にあらかじめ設定しておき、安心して10月1日を迎えることをおすすめいたします。

 

 

軽減税率/増税対応スケジュール(予定)

9月初旬

・税率変更予約設定画面:商品ごとの標準税率、軽減税率、税率設定後の価格(内税)を設定予約
・ショップ設定画面:デフォルト税率を設定予約
・商品登録画面:商品の標準税率、軽減税率を設定予約

10月1日(メンテナンス後):

・ショップ設定画面:デフォルト税率を設定
・商品登録画面:商品の標準税率、軽減税率を設定
・納品書ダウンロードApp:税額計算を税率ごとに区分して計算、表記に対応
・商品の購入時に送信されるメール:税額計算を税率ごとに区分して計算、表記に対応