はじめまして、はらちゃんと言います。

本日から BASE U でブログを書かせて頂くことになりました。
どうぞよろしくお願いいたします!

 

簡単な自己紹介をさせて頂きます。

●プロフィール

はらちゃん / 株式会社ファンブック CfO(Chief fanbook Officer)

メーカーでEC事業を立ち上げ、1年で売上を10倍に向上させる。
化粧品、雑貨、家電等、数多くのサイト立ち上げ、販売戦略を経てファンブック創業。
国内外企業のソーシャルマーケティング支援のほか、オンライン、オフラインを通じたファン育成・CRMを得意とする。

 

BASE U では、今までのソーシャルメディアとECの実績をもとに、
『ソーシャルコマースで売上向上!』をテーマに発信していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

それでは早速、今回の記事です。

 

ソーシャル活用で収益化!急拡大中の「ソーシャルコマース」市場って?

 

ここで一つ質問させてください。

みなさん、「ソーシャルコマース」という言葉を耳にしたことはありますでしょうか?

 最近ニュースで見かけるけど、なんとなく

「ソーシャルメディアと関係あるんでしょ?」
「ソーシャル連携してるってこと?」

など、なかなか実態はわからない・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ソーシャルコマースの定義

 

それでは『ソーシャルコマース』とは一言で言うと、何なのでしょう?

 

ソーシャルコマースとは、

SNS、ブログ、簡易ブログなどのソーシャルメディアとECサイト(電子商取引)を組み合わせて販売を促進するマーケティング手法。消費者の口コミや個人間のコミュニケーションが売上に対し重要な役割を持つ。

(デジタル大辞泉より)

ソーシャルメディアとECサイトを組み合わせて販売促進をすることを『ソーシャルコマース』と呼ぶそうです。

大きくわけると、以下に分類できます。

①ECサイトのソーシャル化

②SNSプラットフォームでの販売促進

③独自SNSでの販売

実例やそれぞれの解説は、次回以降のブログでご紹介させて頂きます。

では、ソーシャルコマースは実際にどれくらい伸びているのでしょうか?

 

ソーシャルコマース市場について

0050_01

画像出典:Booz & Company Inc. (2011年1月)

こちらはコンサルティング会社、Booz & Companyさんが発表された資料です。

世界のソーシャルコマース市場は、2011年の50億ドルに対し、2015年には300億ドルにまで成長すると予想されています。
※物品販売のみでサービス販売は含みません。

 

始まったばかりの新しい市場ですが、今後勢いのよい成長が期待されていますね!

今回のブログでは、ソーシャルコマースの概要についてふれて頂きました!
みなさん、わかって頂けましたでしょうか?

 

次回のブログでは、
「ソーシャルコマースが現在EC業界にどんな変化をもたらしているか?」
についてご紹介する予定です。

ぜひまたご覧いただけると嬉しいです。