支払い残金があっても、追加でYELL BANKが利用できるようになりました

2024.01.24

アップデート内容

2024年1月22日(月)に、「YELL BANK」で支払い残金があっても、追加で資金調達ができるようになりました。
このアップデートによって、今まで以上に柔軟な資金調達が可能になるため、資金調達の機会が広がります。

※本機能は、一定の調達金額のお支払いが進むと、利用できるようになります。

アップデートのポイント

  • ポイント1:支払いが残っていても、追加の調達が可能に
  • ポイント2:資金の支払いはシンプルにまとめて支払える
  • ポイント3:支払いが進むごとに、追加で調達できる金額が増える

これまでは、債権の支払いが完了しないと、新たな資金調達ができませんでした。今回のアップデートで、債権の支払い残金があっても、追加で資金調達が可能に。これにより、必要なタイミングで柔軟に資金調達がおこなえるようになります。

追加調達をおこなうと、支払い残金は、新しい債権の支払いに合算され、支払い中だった債権は支払い完了となり、追加で調達した債権に一本化されます。

ポイント3:支払いが進むごとに、追加で調達できる金額が増える

追加調達できる金額は、最大調達可能額から、支払残金を差し引いた金額のため、支払いが進むほど、追加で調達できる金額は大きくなります。

例)
最大調達金額:20万円
支払残金:6万円
20万 – 6万 = 14万(追加調達の可能額)

 

追加で資金調達する手順

1. お金管理画面の、[追加で調達金額を選ぶ]ボタンをクリックします

1. お金管理画面の、[追加で調達金額を選ぶ]ボタンをクリックします

2. ご希望の調達金額、BASEに支払う割合を選択します

2.ご希望の調達金額、BASEに支払う割合を選択します

3択の提示金額から選択するか、「上記の金額以外を調達する」をクリックすると、ご希望金額を自由入力できます。

3. 調達した資金は、BASEの売上残高にチャージされます

3.調達した資金は、BASEの売上残高にチャージされます

「YELL BANK」を利用する

Q&A

Q. 追加調達は誰でも利用できますか
A. お金管理画面のYELL BANKエリアで「追加で調達金額を選ぶ」ボタンが表示されている方は、どなたでもご利用いただけます。 1. お金管理画面の、[追加で調達金額を選ぶ]ボタンをクリックします
Q. 追加調達すると手数料はかかりますか

A. 1回の調達ごとに手数料がかかります。具体的な手数料額については、調達金額とBASEに支払う割合の組み合わせによって異なります。手数料については、サービス概要ページをご参照ください。

Q. 追加調達の希望の金額を間違えました。変更できますか

A.「YELL BANK」へのお支払いがおこなわれる前であれば、キャンセルできる場合があります。キャンセルを希望される場合は、お問い合わせフォームからご相談ください。※お支払いがおこなわれるタイミングについては、「YELL BANK」の支払いは、いつはじまりますか をご確認ください。

なお、「YELL BANK」へのお支払いがおこなわれた後は、システムの都合上、キャンセルができません。 即日支払い完了をご希望の場合は、一括支払い機能をご利用ください。

ご意見・ご感想を募集しています

BASEは、オーナー様のショップ運営における課題を解決するため、さまざまな機能やサービスを提供し、日々改善に努めております。

「こんな機能がほしい」「ここが使いづらい」「わかりにくい点がある」など、ご意見やご要望がございましたら、どんな小さなことでもかまいませんので、こちらのフォームからお問い合わせください。

※ご回答いただいた内容は、オーナー様に引き続きよりよいサービスを提供していくために役立ててまいります。ぜひご理解とご協力いただけますよう、お願い申し上げます。

SNSでシェア