芸術の秋、青参道アートフェアで人気8ショップのリアル店舗を出展しました!Vol.1

公開日:2013年10月30日

この記事は2016年12月12日に更新しました。

随分と寒くなってきた今日このごろ、みなさまいかがおすごしですか? デザフェス(BASEもブースを出します!)やTOKYO DESIGNERS WEEKをはじめ、有名美大の芸術祭が連日、行なわれていたりと”芸術の秋”を感じる季節ですが、10月24-10月27日の4日間は青山通りと表参道をつなぐ裏通り”青参道”を舞台としたアートイベント「青参道アートフェア」が開催されました。参道、原宿、キャットストリートに立ちならぶ約50店舗ショップやカフェを会場にアートを発信するイベントなのですが、なんと今回はBASEはファッションヘッドラインさんと共同でこのイベントに参加させて頂きました。

BASE+fashionheadline


BASEでショップを運営する個性豊かなアート系のショップさんたちがキャットストリート沿いの店舗でリアルショップを持てることになったのです。この企画はファッション業界のニュース(トレンド、ビューティ、ライフ、ビジネスなど)を配信するファッションヘッドラインさんからのお誘いによるもので、なんとファッションヘッドラインにも青参道アートフェアに出展したBASEのショップさんたちをご紹介頂きました。今回はそこに掲載された各ショップの紹介記事をこのBASE Uでも改めてご紹介したいと思います。私自身も実際にショップオーナーの方々へご挨拶させて頂きましたが、みなさまとても素敵な方ばかりでした。実際の販売現場の写真付きでご覧くださいませ。



下町×ストリートを提案する「LIFEsize」

lifesize


――ブランドのコンセプトは?
東京下町、ストリートカルチャー、ミュージックをコンセプトにウエア、グッズ、アート、ペイントを実験的に製作・販売しています。

――アイテムを作ろう・売ろうと思ったきっかけは?
学生時代にマッキントッシュを触ったのがきっかけで製作活動を始めるようになりました。大量生産よりもハンドメイド、一点もの、オリジナル性の強い物に関心のある方の目に止まって頂ければ嬉しいです。

――インターネット上でショップを設けようと思った理由は?
作品を発信するにはECショップは欠かせない時代だと思います。ルックブックにもなり、手軽に扱えるようになりましたし。

――数あるマーケットサイトの中でもなぜBASEを利用しているのでしょう?
無料で使えてデザイン性にも優れていること。余計な広告が入らないので、作品を見せるのに最適です。ショップデザインはなるべく簡素にしています。また、同社の実験的で新しい発想を実践する企業イメージにひかれました。

――最後にあなたにとってのアート・デザイン・ファッションとは?
自由で一生続けられるもの、です。

「LIFEsize」ショップはこちら


day1_1 オープン前の準備で大忙し


day1初日、一番最初のお客様です。




日本初上陸!「anya kanya」

anyakanya

――ショップのコンセプトは?
日本初上陸!にこだわった世界の雑貨を販売しています。取り扱っている商品はすべて自分達が出合った中から選び、直輸入をしたものです。ジャンルには特にこだわっていませんが、アートやデザイン性の高いアイテムをそろえていこうと思っています。

――扱うアイテムを売ろうと思ったきっかけは?
(画像の)アートガラスの商品とは海外の展示会で出合い、何とも味のあるネコの表情に惹かれました。

――インターネット上でショップを設けようと思った理由は?
今までは小売店さんへの卸売りがメインでしたが、個人のお客様への販売チャンネルもつくりたいと思い、その一つとしてオンラインショップを立ち上げました。

――数あるマーケットサイトの中でもなぜBASEを利用しているのでしょう?
BASEを選んだ理由は、やはり無料で簡単だったからです。デザインも可愛かったので。弊サイトはなるべくシンプルなデザインにしています。

――最後にあなたにとってのアート・デザイン・ファッションとは?
言葉では表現しきれないものを表現するツールであり、自分を映し出すものです。

「anya kanya」ショップはこちら




自分らしいiPhoneを!「ARTiC」

ARTiC

――ブランドのコンセプトは?
あなたのmac、iPhoneをあなたらしくオシャレに大変身。ありふれたデザインをあなただけのものに、がコンセプトです。自分らしさを表現するという意味でアートプロダクトだととらえています。macで自分を表現したい!と思っているおしゃれな人がターゲットです。

――扱うアイテムを売ろうと思ったきっかけは?
自分自身が、みんなと同じmacのデザインに飽きてきた頃、今扱っている商品と似たものと出合い愛用していましたが、徐々に自分で好きなデザインをしてみたいと思うようになり、自分で製作しました。それが好評で売るようになったのがきっかけです。最初は自分の趣味で始めたことでしたが、とても嬉しかったです。

――インターネット上でショップを設けようと思った理由は?
もっとmacで個性を出して欲しいとの思いからショップを開設しました。最近はmacユーザーが増えていますが、みなさん、どれも同じデザインを使っていてつまらなく感じます。また、現在mac・iPhoneユーザーじゃなくても、当商品を使いたいからアップルユーザーになったようなお客さんを将来作れたら嬉しいです。

――数あるマーケットサイトの中でもなぜBASEを利用しているのでしょう?
BASEは一目見た時から、デザインが良く気に入りました。無駄なものがなくシンプルで、お客さんからしてもとても見やすいのではないでしょうか。また雰囲気が当ショップと相性が良さそうだとも感じました。無料ですし、まずは試せたことも大きかったと思います。サイトでは商品がカラフルなので背景を白で統一し、商品が冴えるようにしています。

――最後にあなたにとってのアート・デザイン・ファッションとは?
自分自身を表現し、楽しむもの。

「ARTiC」ショップはこちら




anyakanya
anyakanya anya kanyaさんが販売するアート性溢れる雑貨たち


ARTiC石井さん ARTiCの石井さん。以前インタビューもさせて頂きました!



以上、いかがでしょうか?青参道アートフェアには全部で8ショップが4日にわけて出展されたのですが、まずは前半4ショップの記事をファッションヘッドラインより紹介させて頂きました。前半は台風の影響で残念ながら人足はまばらだったのですが貴重な経験ができたということでショップオーナーの方々には喜んで頂き私たちも嬉しい限りでした。また追って天気に恵まれた土曜、日曜に出展をされた4ショップをご紹介させて頂きます。続きをお楽しみに♪

ライター紹介

BASE(ベイス)
BASE(ベイス)
誰でも30秒でネットショップが作れるサービス「BASE」です。BASEで開設されている40万以上ものネットショップの中から、あなたの生活を彩るユニークなアイテムを厳選してお届けしていきます。







Facebookページでも情報配信中!

BASEのFacebookページでは、BASEの情報はもちろん、BASE Uのネットショップを成功へ導く記事のお知らせも随時配信しています。是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください!

コメント