ネットショップの運営において、もっとも手間がかかる作業とも言えるのが梱包作業。

「ちゃんと守れている?商品の梱包において、押さえておきたい注意点。」では梱包を行う上で押さえておきたいチェックポイントをご紹介いたしました。

実際に接客ができないネットショップでは、梱包作業をより丁寧に行うことが購入者の満足度をアップさせる大切な手段です。

梱包を行ったら、その次に必ず行なうことが「配送」ですよね。

実際に配送を行うとなると、どの業者を選べばいいか迷うことも多いでしょう。

そこで今回は郵便局、クロネコヤマト、佐川急便という、配送を行う上で最初に検討するであろう3つの業者の情報をまとめます。

 

郵便局

郵便局における郵便物は、「ゆうパック」と呼びます。

サイズは縦・横・高さの合計が60cm以内の60サイズから170cm以内の170サイズまで7段階にわかれており、このサイズと配送地域によって値段が変わります。重さは25キロ以下に限られます。

厚さ3cmで4Kg以内と商品サイズがそれほど大きくないものであれば、全国一律370円、もしくは520円で配送できる郵便局のレターパックがオススメです。

「ゆうパックの運賃・料金計算」ページより、詳細な料金が計算できます。詳細については、日本郵便のホームページをご確認ください。

 

クロネコヤマト

クロネコヤマトでは、発送荷物のことを宅急便と呼びます。

こちらもゆうパック同様、縦・横・高さの合計のサイズと配送地域によって料金が異なります。

詳細については、クロネコヤマトのホームページをご確認ください。

 

また、BASEにはヤマト運輸と連携した発送支援アプリ「かんたん発送 App」があります。

安心追跡・保証付、全国一律の配送料金、面倒な宛名書きは一切不要。ファミリーマート店頭端末やヤマト営業所の端末で、発送の際のヤマト宅急便の送り状をQRコードから発行し、その場で発送することができます。

ネコポス・宅急便コンパクト・宅急便の3つの配送方法を選択することができ、送料を売上金から自動で引き落としが可能なので、お支払いの手間が省けます。

時間をかけずに簡単に配送を済ませるなら、「かんたん発送 App」の利用がおすすめです!詳細は「発送にかかる手間をなくす支援アプリ、「かんたん発送(ヤマト運輸連携)App」って?」をご覧ください。

 

佐川急便

佐川急便では、発送荷物のことを宅配便と呼びます。

「早く届けて欲しい!」「配達日や配達時間を指定したい!」「冷蔵・冷凍品を送りたい!」など目的に合わせて、幅広い配送方法を選ぶことができます。

サイズは縦・横・高さの合計が60cm以内の60サイズから260cm以内の260サイズまで11段階にわかれています。重さは2〜50キロまで対応しています。このサイズ・重さ・配送地域によって値段が変わります。

詳細については、佐川急便のホームページをご確認ください。

 

以上、郵便局、ヤマト運輸、佐川急便の概要をご紹介しましたがいかがでしょうか?

 

その他にも福山通運西濃運輸など、様々な配送業者があります。ショップの環境や配送する商品に合わせて、一番便利な配送方法を見つけてくださいね。