ブランドの世界観を表現しながら、商品訴求も可能に。
新テンプレート「LOOKBOOK」のご紹介

2023.07.25(更新:2023.09.01)

新テンプレート「LOOKBOOK」で、ブランドコレクションや商品カタログが作成可能に

「LOOKBOOK」は、無料のテンプレート「オフィシャルテーマ」でご利用いただける拡張機能「ページ追加 App」の新テンプレートです。

「LOOKBOOK」のテンプレートを選択してページを追加することで、ブランド独自の商品カタログ(以下「LOOKBOOK」ページ)の作成ができるようになりました

「LOOKBOOK」のページからは、商品購入画面に遷移できるので、ショップの世界観を表現しながら、購買へつなげることも可能です。

「LOOKBOOK」を作ってみる

「ページ追加 App」については、『用途にあわせてページを追加!充実したショップページが作れる「ページ追加 App」』をご覧ください。

用途にあわせてページを追加!充実したショップページが作れる「ページ追加 App」

なお、「ページ追加 App」のテンプレートは、既存の「空白のページ」「FAQ」「SHOPPING GUIDE」「STORY」「ACCESS」に加え、今回新たに追加した「LOOKBOOK(シンプル)」「LOOKBOOK(リッチ)」の計7種類になりました。

 

LOOK BOOKってそもそもなに?作成のメリットについて

LOOK BOOK(ルックブック)とは、おもにアパレル業界で使用されている業界用語。メーカーやブランドが新商品のリリースにあわせ、シーズンごとに用意する商品カタログのことです。

LOOK BOOKの多くは、新作アイテムの紹介だけでなく、ブランドのコンセプトや個性を表現するためにも活用されています

現在では、オンライン上でもLOOK BOOKが作られており、魅力的なイメージ画像と商品をあわせて訴求できることから、お客様の購買意欲をかきたてる効果的な手段となっています

商品ページの画像は、商品そのものの詳細が一目でわかるような、シンプルな写真が掲載されていることが一般的です。
しかし、それだけでは商品自体の魅力やブランドの個性を充分に伝えるのがむずかしいこともあるはず。

そこで活躍するのが、「LOOKBOOK」ページです。
さまざまな画像を組み合わせ、写真集のように商品を見せることで、ブランドの雰囲気、さらにはそのシーズンやシリーズのコンセプトを効果的に伝えることが可能になります

 

テンプレート2種類・パーツデザインは4種類。それぞれのデザインの特徴をご紹介

LOOKBOOKのテンプレートは「シンプル」「リッチ」の2種類
「シンプル」は、カタログ(LOOKBOOK内に並ぶ商品画像)のみを配置、「リッチ」は、カタログのほかにタイトル、画像、テキストが挿入できるようになっています。

パーツデザインの種類は、

  • シンプル(小)
  • シンプル(大)
  • グリッド
  • コラージュ

の4種類。

 
シンプル(小)

シンプルでベーシックなデザイン。1画面に、複数のセットをたくさん表示できる点が魅力。商品写真が1枚しかなくても、並べるだけで見栄えのよいページに!

 
シンプル(大)

シンプルだけど、写真をしっかり、大きく見せたい方に。スライドショーで1枚ずつじっくり写真を見せることができます

 
グリッド

写真を縦と横、綺麗に並べられます。複数の写真を配置すると、効果大!
一度に複数の写真を見せることで、情報量がグッと上がります。汎用的なレイアウトなので、どんな商材にも使えます。

 
コラージュ

デザイン性の高い、まるで印刷した写真をコラージュしたような配置になるデザイン。
こちらも、複数の写真を配置するのがおすすめです。サイト全体に動きが出て、こだわりを感じるおしゃれな印象に!

 

「LOOKBOOK」の使い方

LOOKBOOKの作り方については、動画もご参照ください。

1. 事前準備「ページ追加 App」をインストール

「LOOKBOOK」を作ってみる

 
2. レイアウトテンプレートから「LOOKBOOK」を選択

デザイン編集画面より、「ページ追加 App」のアイコンを選択し、レイアウトテンプレートより、「LOOKBOOK」を選択します。
「シンプル」「リッチ」の2種類から選択可能です。

 
3. パーツデザインを選択

パーツデザインの4種類「コラージュ」「グリッド」「シンプル(大)」「シンプル(小)」から選択します。

 
3. LOOKBOOKのタイトルを設定

LOOKBOOKに表示される「タイトル」と「タイトルの種類」を選択します。

 
4. 「商品名の表示デザイン」を選択

常に表示」と「クリックで表示」の2パターンから選択します。

 
5. 画像をアップロードし、商品を紐づけ

LOOKBOOK内の画像は、1セットに1〜4枚、商品は最大10商品まで紐づけが可能です。
1ページ内に登録できるセットの数は、最大40セット(最大20セット×2パーツ)まで設定できます。

LOOKBOOKページで商品の魅力を伝えるための、デザインテクニック

 
商品名の表示デザインを使い分けましょう

購入動線を強調したい場合は「常に表示」、画像を強調したい場合は「クリックで表示」がおすすめ。

 
「全体写真」と「アップの写真」を並べましょう

商品全体の形、着用感を全身で、素材感やディテールをアップの画像で見せることができます。お客様が納得してお買い物できるヒントになります。


 
着用シーンが想像できる風景写真を添えてみましょう

モデルの撮影がスタジオや、限られた場所でしかおこなえなかった、ということもよくあると思います。
そんなときは、着用してもらいたい場所の景色を添えることで、その商品を着たときの想像が膨らみます
風景写真は、自身で撮った写真か、商用利用が可能な素材を使ってくださいね。


 
カラーのバリエーション違いを置いてみましょう

商品一覧ではクリックしないとわからないカラーバリエーションも、LOOKBOOKだと一度に表示できます。「グリッド」か「コラージュ」を活用するとよいでしょう。


 

ファッション以外の商材でも使える?LOOKBOOK活用法

もちろん使えます! 活用例をいくつかご紹介します。

 
旬の食べ物や、期間限定のお菓子など、季節感を伝えるカタログに

季節ごとの新商品販売のさい、商品をまとめた紹介ページを作ることができます。
紹介ページ専用に統一感ある写真で撮影して掲載すると、さらに商品の魅力が伝わるはず。


 
セット買いギフトの提案に

カタログパーツには、最大10個までの商品を紐づけることができます。
コーヒー+お菓子、ベビータイ+おもちゃなど、ギフトセットとしてあわせて購入してもらいたい商品を紹介することができます
ギフトラッピングに対応しているなら、その梱包も含めて写真で表現してあげるとよいでしょう。


 

LOOKBOOKで商品を訴求するコツは、使われている素材や、こだわりが伝わる写真を添えてみること
商品をつくるまでのこだわりやストーリーを、写真でも表現してみましょう。

オレンジが入っているチョコレートに新鮮なフルーツの写真を添えると、甘酸っぱいフレーバーがより伝わるかもしれません。

手作りの刺繍アクセサリーには、実際に刺繍をしている様子を添えて、人の手で作られたハンドメイド感を強調できます。


 

アパレルブランドのコレクションの訴求だけでなく、季節ごとなどの商品カタログなど、アパレル以外のショップにもご活用いただける「LOOKBOOK」。
お客様にブランドやショップの世界観を伝える手段として、また商品訴求の新たな場として、ぜひあなただけの「LOOKBOOK」を作成してみてください。

「LOOKBOOK」を作ってみる

SNSでシェア

関連記事

人気記事

新着・更新記事

売上0から10までガイド

ショップ運営のノウハウ

ショップ運営で知っておきたい情報を
フェーズにわけてまとめています

商品を売る

商品を魅力的に見せるための説明文の書き方から、仕入れに関する情報、配送ノウハウについてまとめています。

売上を伸ばす

売上を伸ばすために必要不可欠なマーケティング知識や、SNS運用のコツ、BASEアプリの活用方法などについてまとめています。

売上を管理する

決済に関する情報や、売上申請の方法などについてまとめています。