BASEでショップを作ったらまずやって欲しい、たった一つのこと。

公開日:2013年10月15日

この記事は2017年02月06日に更新しました。

完全無料で簡単にネットショップを開設できるBASEでは、そのシンプルさと手軽さによりインターネットに詳しくない方々からも多くの支持を受け、日々何百ものショップが開設されています。しかし、自分だけのショップがどのサービスよりも簡単に作れはするものの、ショップを開設しただけでは誰もそのショップに訪れることがないのもまた事実です。

BASEを使ったネットショップのオーナーさんには個人も多くいるということもあり知名度と予算のない中でどう集客をしていくかがとても大きな課題といえるでしょう。ここはBASEのセミナーでも沢山の質問を頂く部分です。ブログを作成したり、Facebookページを設けたり、リスティング広告やSEOを行ったりと色々と考えられる手段はございますよね。今回は集客の第一歩となる、この記事のタイトルにもある内容についてお答えします。
ずばり、BASEでショップを作ったらまずやって欲しい、たった一つのこととは。。




身近な知人にショップを紹介しましょう!


ぜひ最初のショップを立ちあげたらまずは友人、家族、恋人らに伝えてみて下さい。色々な伝え方があると思いますが、例えば「ショップを作ったから見てね!よかったら買ってね(^^)」といった具合でしょうか。幸いなことに今は電話やメールだけでなく、LINE、Facebook、Twitterと言った自分のことを知っている人たちと繋がれるツールが沢山存在します。そういったツールを駆使して、ショップを伝えてみて下さい。ここでポイントなのがショップや商品といった”モノ”の魅力を伝えることに偏った”宣伝”を行うというより、あなたのショップにかける“想いを伝えてあげる”ことが重要です。

product

つまり商品を買ってもらうのではなく、あなたのネットショップにかける想いに共感してもらうことが始めたばかりの赤ん坊であるネットショップの第一歩だとも言えます。もちろんもし実際に商品を購入してくれたのであれば、商品を通じて感動まで与えられるよう想いをこめた商品を丁寧に梱包してお届けすることが重要です。(メッセージカードやプラスアルファのアイテムを同封するなどオススメです。)梱包、発送、メールによるアフターファローといった部分を疎かにしてしまうとせっかく友人が「このショップ、おすすめだよ!」と他の知り合いへ紹介してくれる可能性を自ら潰すことになります。


そしてぜひ可能であれば「商品に問題なかったですか?」といったアフターフォローのメールにショップのFacebookページ、Twitter、ブログといったお客様と繋がるためのサービスへの導線を設けておくことがベターでしょう。「Facebookページも開設したのでよかったら”いいね!”まってます♪」といったニュアンスで素直にお願いしてみるのもいいかもしれませんね。


ソーシャルメディアやスマートフォンによって今や個人がメディアとして機能している時代です。ネットショップを成功させるにはそのコンセプトや魅力、そしてあなたの作品にかける想いをまずは声の届く範囲で伝えていくことが大切です。バランスを考えながら(何事もほどほどにですよ!過度な紹介は逆にネガティブな印象をもたれてしまいます。)ぜひ身近な人たちを巻き込んでいってくださいね。あなたのことを知っている身の回りの人たちに、ショップ(商品)を好きになってもらうことが出来なければ、恐らく顔の知らないこれからのお客さんに喜んでもらうことは難しいかもしれませんよ。

ライター紹介

BASE(ベイス)
BASE(ベイス)
誰でも30秒でネットショップが作れるサービス「BASE」です。BASEで開設されている30万以上ものネットショップの中から、あなたの生活を彩るユニークなアイテムを厳選してお届けしていきます。







Facebookページでも情報配信中!

BASEのFacebookページでは、BASEの情報はもちろん、BASE Uのネットショップを成功へ導く記事のお知らせも随時配信しています。是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください!


コメント