ネットショップの集客やマーケティングを効率化する、無料で使える3つのサービス

更新日:2016年11月21日
BASEU_eyecatch

少ない予算や人員で、ネットショップの売上を上げていくには便利なツールやサービスを積極的に取り入れて、ショップ運営や集客を効率化していく必要があります。例えばBASE Uのこちらの記事ではサイトが簡単につくれる「Strikingly」、SNSの予約投稿が行える「Buffer」、そしてメルマガの配信が行える「Mailchimp」をご紹介いたしました。大変反響があり、BASEをご活用頂いている多くのネットショップオーナーさまから「さっそくStrikinglyでサイトを作りました!」という声などを頂くことができました。

このように、今や一昔前では考えられないほど便利なサービスが多くでてきております。(無料で簡単にネットショップが作れるBASEもそうですよね。)前回はネットショップ運営の基本的な部分をサポートするサービスをご紹介いたしましたが、今回は主にネットショップのマーケティング、つまり集客やブランディングに役立つ便利なサービスを3つご紹介いたします。


1.bitly

bitly
TwitterやFacebookなどで日々ショップを紹介されていますが、そのクリック数はしっかり把握していますか?このbitlyは該当のURLを短縮できるだけでなく、そのアクセス解析を簡単に行えるサービスです。

bitly_image
任意のURLをbitlyに入力しますと、上の画面のように自動的にURLが生成されます。そしてSNSやブログなどでそのURLを拡散していけば、どこから、どれだけクリックされたのかを計測することができます。(上記の場合は http://baseu.jp/ というURLを http://bit.ly/base12222 というURLに置き換えてみました。)http://bit.ly/◯◯◯◯◯◯の部分は任意の言葉に変えることもできますし、ドメインをお持ちであれば「bit.ly」の部分も変更することが可能です。

URLをペーストするだけで、すぐにアクセス解析可能なURLが生成できるbitlyを使えばどんな文言や写真による拡散が最もクリックされるのか把握することができますし、メルマガ内に設置したURLがどれだけクリックされているのかも確認することができます。長いURLも短く短縮できますので、長いURLをシェアする際にも便利です。



2.Photopin

photopin

ブログにおける写真などの画像、あなたはどうやって用意をしていますか?ブランドイメージを大きく左右する写真画像の選択は妥協なく選びたいところですが、わざわざその都度その写真を撮影するのはあまり現実的ではないですよね。またGoogle画像検索で画像を選ぶにしても著作権などの問題がありますので、検索からダウンロードした画像を使用するのはあまりオススメしません。なかなか問題点の多いマーケティングイメージの作成に強い力を発揮するのがこの「Photopin」です。これはブログなどで使用してもいい写真のみを探してダウンロードできるサービスです。

iPhone、handmade、summerなど活用したいイメージのキーワードを入力すればそのイメージの画像がずらっと一覧で表示されます、希望の画像を選んでサイズを選択し、ダウンロードすればOKです。そしてその画像をアップする際は、以下ダウンロードリンクの部分の下にあるHTMLをコピペして画像の下に記入するようにしてください。これは作品のクレジットが記入されているソースになりますので画像と共にこの作品クレジットを表記させましょう。

photopin
イメージどおりの画像が表示されるのはもちろん、そのクオリティも高いので多くのブロガーに支持されているサービスです。覚えておいて損はないでしょう。



3.Placeit

placeit
こちら「Placeit」もとても便利なサービスです。どういったものかというと、任意のページをスマホやタブレットに表示させたイメージ画像を簡単に作成できるサービスで、URLを入力するだけでリアリティある使用シーンの画像を作ることができます。実際にご覧いただくのが早いかと思いますが、以下のようなイメージになります。

placeit_image
非常に多くの魅力的なイメージが用意されており、無料のイメージも多くありますのでぜひいくつか試してみてください。どうしても欲しいイメージにおいては購入を検討してみてもよろしいでしょう。(1,000円ほどで購入することができます。)また、最近では画像だけでなく、動画にも対応していおりますのでショップの商品を動画で紹介するのも面白いかもしれませんね。


以上、URL短縮・解析サービスのBitly、商用利用写真検索サービスのPhotopin、ショップの閲覧イメージ作成サービスPlaceitの3つを紹介いたしました。ブログやSNSなどではそこで活用する「画像」が重要です。ブランドイメージを向上させるためにも綺麗な画像、ブランドを表す画像、コンテンツにあった画像を用意して見込顧客に支持される訴求を行いましょう。

そして、そこに設置するサイトやショップへ誘導するためのURLはbitlyで作成し、しっかり効果測定が行えるようにしておくことをオススメします。目的は見込顧客に興味を持ってもらって、ショップ(サイト)に来てもらうことです。「どのくらいの人々がクリックして来てくれたか?」という問いに答えるためにも、改善に必要なデータを集計していくことが大切です。

ライター紹介

BASE(ベイス)
BASE(ベイス)
誰でも30秒でネットショップが作れるサービス「BASE」です。BASEで開設されている30万以上ものネットショップの中から、あなたの生活を彩るユニークなアイテムを厳選してお届けしていきます。







BASE U|ネットショップの開設・運営・集客のノウハウを学ぼう

Facebookページでも情報配信中!

BASEのFacebookページでは、BASEの情報はもちろん、BASE Uのネットショップを成功へ導く記事のお知らせも随時配信しています。是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください!


コメント