商品を購入してもらうには?ネットショップで重要な3つの接客ポイント

公開日:2013年10月9日

ネットショップを成功させるためには、当たり前ですが販売している商品を訪問客に買ってもらう必要があります。ショップに訪問してくれた方に商品を買ってもらい、友人にも薦めてもらい、そして再訪問してもらいまた商品を買って頂く。この循環の積み重ねによってネットショップは繁盛していくものですが、千里の道も一歩から、まずは「購入」をしもらわなければ話になりません。その購入率を上げるための最重要要素がコンセプト写真であるとBASE Uで何度も紹介していますが、みなさんのショップもしっかり対応できておりますでしょうか?今回はその2つをしっかりと実践できているけど訪問者に比べて購入数が少ない、という方々へご覧頂きたい内容です。どのようなネットショップであればお客様は商品を購入したくなるのか、そのポイントを以下に3つご紹介します。


①お店のデザイン

そうでないと言い聞かせても、第一印象でモノゴトを判断してしまうのが人間の性質です。そういった理由で写真が重要であるとも述べているのですが、写真のこだわりの次はネットショップのデザインについても考えてみませんか? BASEではレイアウト、背景画像、タイトル、ナビゲーションの色やデザインのテンプレートを数十種類ご用意させて頂いていますので、そこからぜひショップのイメージにあったデザインを検討して欲しいと考えています。

最近ではフォントと色を選んでオリジナルロゴを作成できるショップロゴ作成Appsもリリースしました。こういったものを駆使して頂きたいと考えているのですが、もう一歩進んだ所でオススメしたいのが全くオリジナルのロゴやデザインを作成されるということです。
フォトショップやイラストレーターが使える方であればぜひ自分だけのロゴや背景画像を作成されるのはいかがでしょうか?もしそれが難しいとしてもこういったサイトからショップイメージにあった背景画像を検討するのもいいでしょう。またBASEの有効な使い方としてロゴ部分の画像や左上の商品画像部分で伝えたい情報を訴求するという手法もあります。

tiala
denshibuhin
ぜひ期待をもってショップに訪れた方に好印象を与えるようなデザインを工夫してみてくださいね。




②商品の品揃え

item

こちらもお客様のニーズを満たすために工夫すべき重要なポイントです。お客様のニーズに答えられる品揃えをしっかり揃えて、品切れが無いよう心がけるのはもちろんですが、一歩すすんだところでセット商品、送料無料商品、お試し商品、ついで買い商品などなど購入を後押しするお得商品を用意しておくのも効果的でしょう。またこの方法であれば仕入れ商品を増やすことなく対応可能です。またお店のデザインにも通じることですが、同じ商品でも複数色あるものは色ごとに並べてみるのもインパクトがありますよね。

また無理に品揃えを増やそうとして、お店のコンセプトを無視した商品展開は避けるべきです。ショップの軸や魅力を失うことになりますし、むやみやたらに商品数が多いと逆にお客様は商品を選べなくなり購入してもらえる確率が下がることにもなります。バランスが難しいところですが、ぜひお客様とコミュニケーションをとっていきながら要望を汲み取っていきましょう。




③イチ押しの商品を伝える

恐らくBASEでネットショップを運用されている方は”ここだけしか買えない商品”を多く取り扱っていることでしょう。Amazonや楽天などにはないここだけでしか買えない商品を販売する場合、その商品を購入する理由を伝える必要があります。しかし、そこはネットショップ、実際に対面のコミュニケーションで魅力を話すわけにはいけませんし、実際に手にとってもらえるわけでもありません、ブログやFacebookページで時間をかけて価値を感じてもらうのも重要なのですが、また違うアプローチとして可能であれば縦長のランディングページを検討してみるのはいかがでしょうか?かなり特殊な例ですがBASEで作られているステキなネットショップデザインがありましたので以下に紹介します。(こちらデモ版としてのショップなので現在商品は販売はしておりません。)

baum



このようにTOPのショップロゴ画像を挿入する部分に商品訴求の画像を入れ込むことで、ページ下部の商品を購入してくれる可能性が高まります。ここでしか買えない看板商品を一度でも購入してもらうことができればあとはメールによるお知らせや商品梱包の中でのクーポンなどで口コミやリピートに繋げることも可能です。

いかがでしょうか?工夫次第でネットショップにおける購入率は上げられることを少しでもご理解頂ければ嬉しく思います。最初は身近な友人らによる購入が続くでしょうが、ぜひショップに来てくれたお客様に喜んでもらえるよう、そして購入に繋げられるよう魅せ方を工夫してみてくださいね。ただし、あくまでも今回紹介した方法は全てネットショップのコンセプトに基づくものにすることが大切です。

何度も口酸っぱく述べるようですが、このネットショップのコンセプト(軸)がしっかり決まっていないとデザイン、品揃え、イチ押し商品の魅せ方など全てにおいて一貫性がなくなってしまい、それに比例してあなたのショップで商品を購入する理由がなくなります。集客につなげるソーシャルメディア、ブログ、メルマガなどに関してもぜひコンセプトを意識してみてくださいね。

ライター紹介

BASE(ベイス)
BASE(ベイス)
誰でも30秒でネットショップが作れるサービス「BASE」です。BASEで開設されている30万以上ものネットショップの中から、あなたの生活を彩るユニークなアイテムを厳選してお届けしていきます。







Facebookページでも情報配信中!

BASEのFacebookページでは、BASEの情報はもちろん、BASE Uのネットショップを成功へ導く記事のお知らせも随時配信しています。是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください!


コメント