好きなデザインでTシャツを作って販売できる!Tシャツ作成Appsの使い方をご紹介。

更新日:2016年4月27日
bannerAppsName-1

オリジナルのデザイン、スマホで撮った写真、お気に入りのイラスト、そんな画像データさえあれば誰でもTシャツを作成し、在庫を持たずに販売できる機能が今回BASEが公開したTシャツ作成Appsです。このAppsを使えばたとえ何も売るモノがなくても、アイデアさえあれば、そのアイデアをTシャツとして販売することができます。他にも好きなペットの写真、風景の写真、好きな言葉などを綴ったTシャツを販売するでもいいでしょう。以下のTシャツは実際にTシャツ作成Appsを使って販売されているものです。

T_apps_1
T_apps_2
T_apps_3
Tシャツ作成Appsを使って販売することができるこれらのTシャツは全て売れた後に発注する形式となっているため、ショップオーナーは在庫を一切持つ必要がないのも魅力的です。ではどのように作成、販売、発注を行うのか?今回のBASE UではこのTシャツ作成Appsの使い方を詳しく紹介したいと思います。


①まずはオリジナルの画像データをアップロード

スクリーンショット 2016-04-27 18.31.12
Tシャツ作成Appsをインストールしてまず始めにやることはオリジナルの画像データをアップロードすることです。あなたのPCに保存されている好きな画像データをTシャツに当て込んでみましょう。ここではサイズ部分のツマミで画像サイズを変更することができ、画像をドラッグすれば位置を自由に変更することができます。またカラーも42色用意しており、色を選択すれば画面のデザインにも反映されます。

ここで注意して頂きたいことは画像のサイズです!Tシャツに画像を落としこむ際に、小さな画像サイズをアップロードしてしまうと粗くプリントされてしまうのです。なのでここでは画像の横もしくは縦のサイズを1000px以上あるものしかアップロードできないようになっていますので、1000px以上の画像を用意してくださいね。(画像の形式はJPEG、PNG形式に対応しております。また、金、銀、蛍光色などの「特色」はご使用になれませんのでご了承ください。)

また、もう一つ重要なのが乗算処理です!乗算処理というのはアップしたデザインとTシャツの生地カラーがMixされるという状態です。このTシャツ作成Appsで作成されるTシャツはインクジェット方式で作成されるのでデザインと生地カラーが融合されてしまうんです。なので色付きのTシャツに白いデザインをアップすると白色が生地色に飲み込まれてしまいデザインが全く見えない状態になってしまいます。なので白いロゴのデザインはTシャツ作成Appsで作成することは難しくなりますのでご了承ください。
※例えば以下のように写真をアップするとTシャツのカラーが混合されてしまうのがわかるかと思います。こちらを踏まえてTシャツを作成くださいね。

Tシャツ乗算処理

画像をアップロードして、Tシャツのカラーを変更して作成ボタンをクリックするとこんな感じに。
スクリーンショット 2016-04-27 18.39.24




②デザインしたTシャツをショップへ並べよう

スクリーンショット 2016-04-27 18.41.34
これまでにデザインしたTシャツが作成一覧に表示されます。この中から販売したいTシャツを選び「ショップへ並べる」ボタンを押すと商品登録ページへ。ここでは商品名、価格、紹介文などを記入する必要があります。

how_apps5

ここでのポイントは「価格」ですね。最初はTシャツの原価代がセットされています、これがTシャツの作成価格(=原価)です。つまりTシャツを販売して利益を出したい場合には原価代以上の販売価格にする必要があるということです。ぜひ適切な価格を見極めて販売してみてくださいね。

この商品登録ページを記入したらセーブを押し、ショップ設定部分の「公開」にチェックを入れて特定商取引法を記入すれば、それだけで自分だけのTシャツショップがオープンです。

BASE Shirts


③Tシャツが売れた時の発注方法について

how_apps7

おめでとうございます!オリジナルのTシャツが売れました!その時は購入通知メールが届くので、早速ショップへログインして発注配送作業を行いましょう。ログインしたら上の画像のようにまず注文管理ページへ移動しましょう。すると上の画像のように購入者名が並んでおりますので、未発送の方の「詳細」部分をクリック!すると以下のページが起ち上がリます。

how_apps

ここの赤枠で囲んでいる「購入されたTシャツを発注する」ボタンを押すことで購入されたTシャツを発注し、配送してもらうことが可能です。Tシャツ作成Appsを使ってのTシャツでなく、通常の商品が売れた場合は以下のように表示されますね。Tシャツ作成Appsを使っていない商品の詳細ページには赤枠で囲っているボタンがないのがおわかりでしょう。

howto_apps8


いかがでしょうか?BASEが提供するTシャツ作成Appsを使えば上記のように販売から発注までワンストップでできます。このAppsを通して販売されるTシャツの素材は綿100%(アッシュは綿95% ポリエステル5%) となっており、印刷は「インクジェットダイレクトプリント」と呼ばれる形式になります。アイロンなどを使用した熱転写プリントと異なり生地へ「染色」するため通気性もよく、生地によくなじんだ風合いになりますよ。

もうキャンペーンは終わってしまいましたが、こちらのサイトに沢山のTシャツが並んでいますのでよかったらチェックしてみてくださいね。

ライター紹介

宮本 順一
宮本 順一
BASEで企画・マーケティングの仕事をしています。
これまで書いた記事→
http://baseu.jp/author/miyamoto/







BASE U|ネットショップの開設・運営・集客のノウハウを学ぼう

Facebookページでも情報配信中!

BASEのFacebookページでは、BASEの情報はもちろん、BASE Uのネットショップを成功へ導く記事のお知らせも随時配信しています。是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください!


コメント