地域におけるネット通販事業の支援プロジェクト「&BASE(アンドベイス)」。

この度、鹿児島県曽於市にある「たからべ森の学校」に新設されたコワーキングスペース「ROOM54101」オープニングイベントの一環として、BASEによるセミナー「ネットショップ作成サービス『BASE(ベイス)』と運営のコツについて」を実施させていただきました。

たからべ森の学校は、2013年5月14日、鹿児島県曽於市立財部北中学校の資産活用として、再就職を目的として開設された職業訓練施設です。2018年5月15日には、これまで取り組んできた「農業・調理の人材育成」「農業体験・田舎暮らし体験」「非日常を体験できるイベント企画・運営」「女性起業・創業の支援」などの多角的な施策を加速するため、学校体験型宿泊施設「たからべ森の学校 星の宿」としてリニューアルされています。

今回ご参加された皆さまは、曽於市近隣にて農業に携わる方、食品商品開発の職業訓練を受けられている方、生花・プリザーブドフラワーのお店を開かれている方など様々。共通していたのは「ネットショップに興味はあるけど何から始めればいいかわからない…」という悩みを抱えられていたこと。

まず、どのような方がBASEでネットショップを活用されているかのイメージを持っていただくため、BASEオーナーズインタビューから3つの動画をご覧いただきました。


TOKYO COWBOY


COFFEE AMP THE ROASTER


Art Atelier du Travail Nakameguro

実際にBASEを利用することになった背景や、「常連様が引っ越すことになり、遠方からでも購入していただけるようにネットショップを始めた。」という具体的なエピソードに納得と共感をされる方が続出。

また、BASEを活用したネットショップ運営を検討される際に多いシーンを下記のスライドでご覧いただいたところ、「確かにホームページ代わりにもなりますね!」「(銀行振込等の)入金確認がなくていいのはラク!」といった、既に悩みを抱えていた方からの声も上がりました。

ネットショップを作ることがカンタンでも、第一歩を踏み出すのに大切なことは「なぜネットショップを運営すると良いのか」を理解すること。BASEでは、これからネットショップを始める方と一緒に考える時間を積極的に設けることで、気持ちに寄り添う支援にも取り組んでいます。

&BASEは専門分野で活躍とするパートナーとも取り組む共創コンテンツ
事業共創型プロジェクト「&BASE(アンドベイス)」では、
「ネットショップ始めたいけど何をどうすればいいの?」
「色んなネットショップサービスがあって選べない…それぞれの違いって何?」
「ネットショップ始めたけど売上が苦戦してる。何をすべきなの?」
「写真や文章ってどうすればいいの?」
「SNSも使った方がよいのだろうけど、うまい使いこなし方はあるの?」
「ブランディングって何?」
「実店舗とネットショップってどう連動させればいいの?」
「やりたいことがたくさんあるのに、お金が足りない…どうすればいいの?」

などの悩みを抱えた皆様の街にお伺いし、より詳細な説明や集客と売上向上のノウハウはもちろん、成功ショップオーナーや、デザイナー・カメラマンなどの各種専門家、また各都道府県にいる&BASEパートナーを交えたトークセッションなど、ご依頼に基づいた内容の講座と資料をご用意し、セミナー・イベントを開催いたします。

まずは&BASEイベントレポートをご覧いただき、サイト内のお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください!