アパレルECの成功ポイントを徹底解説!種類や事例もご紹介

2024.05.30

アパレル業界におけるECサイトは、企業だけでなく、個人で活動するファッションデザイナーやイラストレーター、そしてファッション業界への就職を目指す多くの方々が興味を持っています。しかし、実際の参入を検討した際、「始め方がわからない」「成功するか不安」と悩みや不安を抱える方も少なくありません。

そこで今回はアパレルECで成功するためのポイントを解説します。ECの種類や成功事例を通して、ECがアパレル業界にもたらす可能性をみてみましょう。

アパレルECとは何か? 

アパレルEC(Electronic Commerce=電子商取引)とは、衣料品をオンライン上で販売するビジネスです。従来のショップ販売に加えて、インターネットやモバイルアプリを利用して商品を展示・販売することで、顧客は自宅や外出先から手軽に商品が購入できます。まずは、アパレルECの定義や市場動向について紹介します。

アパレルECの定義と市場規模

新型コロナウイルス感染症の影響で、多くの企業がEC市場に進出しましたが、とくにアパレルECの成長が顕著です。ユニクロやZOZOTOWNなどがその代表例といえます。

経済産業省によると、2022年のアパレルEC(衣類・服装雑貨等のBtoC EC)の市場規模は2兆5,499億円です。前年比5.02%増加しており、過去4年間の推移をみても、とくに、2020年以降の市場の伸びは目を見張るものがあります。現在ではアパレル市場の売上の1/5以上をECが占めているという状態です。

出典:令和4年度 電子商取引に関する市場調査 報告書|経済産業省

アパレルECのトレンド

最近のアパレルEC業界では、3つの大きなトレンドが注目されています。

オムニチャネル化

実店舗とECサイトなど、いくつかの販売チャネルを組み合わせて顧客にアプローチする方法。顧客の満足度を高め、売上拡大に貢献。

パーソナライズ化

AI技術を使って、顧客ごとに最適な商品を提案。より顧客のニーズに合ったサービスが提供可能。

サブスクリプション型

衣服を購入する代わりに、定額でレンタルするというビジネススタイル。

アパレルECの運営業務と必要なスキル

アパレルECの運営スキルは、ファッションブランドやECサイトが成功するために不可欠です。具体的には、商品の管理から顧客サービスまで、幅広い業務が存在します。ここでは、アパレルECの運営業務と必要なスキルについて解説します。

ECサイト作成に必要なITスキル

アパレルECサイトの運営では、HTMLやCSSの知識があると、ECサイト作成において有利です。とくに、画像やバナー作成にはPhotoshopやIllustratorを使用するため、ITスキル全般の基礎的な知識が求められます。

デジタルマーケティングの理解と活用

アパレルECサイトの運営は、SEO対策、リスティング広告、SNS、アフィリエイト広告、メールマガジンなどのマーケティングスキルも必要です。これらの手法を駆使して、顧客への効果的なプロモーションや販売戦略を考え、実行していく必要があります。

顧客との迅速かつ丁寧なコミュニケーション能力

ECサイトの運営では、顧客との迅速かつ丁寧なコミュニケーション能力は非常に重要です。顧客からの問い合わせや注文に対して素早く返信し、丁寧な対応を心がけることで、顧客満足度を高めることが可能になります。また、顧客からのフィードバックや要望を適切に受け止め、サービスの改善に活かすことも大切です。

アパレルECの種類と特徴

アパレルECには、さまざまなビジネスモデルやプラットフォームが存在します。ここでは、それぞれの種類と特徴を紹介します。

ブランド直営型

ブランド直営型とは、「BEAMS」「INDIVI」など、対面販売とECのどちらも行うメーカー・ブランドによって運営されるECサイトを指します。自社製品のみを販売するため、ブランドの特徴や雰囲気を存分に反映したECサイトの作成が可能です。そのため、ブランド独自のキャンペーンやサービスを展開し、顧客のファン化を促進できます。なお、「BASE」ではデザインやプログラミング知識は一切不要のため、思い描いた理想のショップデザインが実現できます

モール型

「楽天市場」「ZOZOTOWN」などのように多くのブランドが1つのECサイトに開設する形態のことです。さまざまな商品を取り扱っているため、顧客は広範囲な選択肢のなかから欲しい商品を探し、カテゴリやサイズ、カラーなどで絞り込んで選べます。また、テナント料を支払うことで商品を出品可能という手軽さが魅力です。モール型には既存顧客がすでに集まっているため、独自に顧客を獲得する必要がそこまでないのも魅力のひとつです。

フリマアプリやネットオークション

メルカリのようなフリマアプリはスマホで手軽に商品を出品・売買できるサービスです。出品者は商品を撮影して自分で価格を設定し、売買成立時に手数料が発生します。中古商品の取引が中心で、安価で購入できるのがポイントです。

たとえば、「ヤフオク!」に代表されるネットオークションでは、個人がオークション形式で商品を販売し、価格は競り落としで決まります。このように、レアな商品が高値で取引され、出品者と購入者の両方にメリットがあることが特徴です。

アパレルECのメリットとは? 

従来の実店舗での販売に比べて、アパレルECには多くの利点があります。具体的にどのようなものか、代表的な2つのメリットをみていきましょう。

市場が急速に拡大していること

アパレルEC市場は数年間で急速に成長しています。とくに、2020年の新型コロナウイルス感染症の影響でオンラインショッピングが急速に普及し、アパレルEC市場も大きく拡大しています。消費者のオンラインショッピングの利用頻度が高まり、従来の実店舗よりもオンラインでの買い物が好まれる傾向も顕著になっているため、アパレルEC市場では、新規参入者にとってもビジネスを展開しやすい環境です。

ハードルが比較的低いこと

ショップの開設を考えている方は、既存のECプラットフォームを利用することもできるため、専門的な技術や知識がなくても比較的簡単にECサイトを始められます。さらに、モール型やフリマアプリを使用しても、販売手数料などのコストは比較的低く抑えられる傾向にあります。したがって、初心者や個人・小規模な企業であってもECサイトを立ち上げやすいといえるでしょう。

アパレルECで直面する課題

アパレルECは急速に拡大している市場ですが、その一方でさまざまな課題を抱えています。そして、アパレルEC事業者はそれらに適切な対処をしなければ、顧客獲得は難しいでしょう。ここでは、アパレルECが直面するおもな課題をみていきましょう。

サイズや素材のわかりにくさ

ネットショッピングでは、商品の実物をみて触れられないため、サイズや素材などの特徴がわかりにくいことが多いです。結果として、顧客が商品購入をためらうケースも少なくありません。そのため、ECサイトでは、サイズチャートや素材の説明など、詳細な情報を提供することが重要です。また、実際の商品の写真や動画を掲載し、商品の特徴をできるだけリアルに伝えることもおすすめです。

在庫管理と配送コスト

在庫が過剰もしくは不足といった状態はショップにとっていずれも大きな問題です。そのため、在庫管理システムを導入して需要を予測し、適切な在庫レベルを維持することが必要です。また、配送コストを抑えるために、効率的な配送ネットワークの構築や配送業者との契約条件の見直しなども適宜必要になります。

市場の競争激化

アパレルEC市場は競争が激化しており、参入は簡単でも顧客獲得や経営維持のハードルはどんどん高くなっています。そのため、他のショップとの差別化や独自性を持った戦略が必要です。たとえば、オンラインストア上で顧客が商品を簡単に見つけられるようになっているか、商品情報がわかりやすいか、そして注文がスムーズにできるかをチェックして最適化しましょう。ほかにも、魅力的な写真や動画、スタッフによる詳細な商品説明も、顧客が商品を選ぶ際に重要な役割を果たします。

アパレルECで失敗しないポイント

アパレルECの市場競争が激化するなか、多くの事業者が成功を目指しています。しかし、事業運営には失敗もつきものです。続いては、アパレルECで失敗しないためのポイントを3つ紹介します。

SNSを活用する

SNSは多くの人が利用しており、ファッションに関心のある人も多く集まっています。そのため、SNSを活用して自社のECサイトを宣伝する取り組みがおすすめです。とくに、InstagramやPinterestなどのビジュアル重視のSNSは、商品の魅力を伝えるのに最適です。

BASEでは、InstagramだけでなくGoogle 広告を使って、ショップの売上を伸ばすための拡張機能「Google 商品連携・広告 App」を提供しています。リピーター中心の集客では、伸び悩みの時期を迎える可能性が高いですが、Google広告を活用することで、新規顧客獲得の機会が得られます。

「BASE」の商品をGoogleに!「Google商品連携・広告 App」でできることとは?

動画や静止画を効果的に活用する

商品の魅力や使い方を伝えるために、動画や静止画の活用は必須です。試着ができないオンラインストアにとって、商品の着用イメージや素材感をリアルに伝えられることは大きなメリットです。モデルやインフルエンサーを起用しなくとも、店員やスタッフが動画やライブ配信を活用し、商品紹介するだけでも効果は見込めます。

BASEには、ECサイト内に「LOOK BOOK」機能があります。この機能では、アパレル業界でよく使われる、シーズンごとの商品カタログを作成する事が可能です。テンプレートとパーツデザインが用意されているため、手軽にブランドやショップのコンセプト、個性をしっかり表現できるでしょう。

ブランドの世界観を表現しながら、商品訴求も可能に。新テンプレート「LOOKBOOK」のご紹介

適切なプロモーションを展開する

セールやキャンペーンといった限定的な特典や割引価格は、顧客の購買意欲を刺激するだけでなく、新規獲得も期待できます。実店舗におけるバーゲンや福袋のような企画の効果は、ECサイトも例外ではありません。

BASEには、BASE社が費用を負担するクーポンキャンペーンが年に数回不定期であります。これは他のストアフロント型の競合にはないサービスでBASE独自のものです。毎回キャンペーンが始まると、各ショップが一斉にSNSでクーポンキャンペーンの宣伝を行うため、一体となって売上を伸ばすことが可能です。さらに、ショップを宣伝しやすいように、BASEではクーポンキャンペーンの画像素材も配布しています。

アパレルECの成功事例3つ

アパレルEC市場は、数多くの成功事例が存在します。これらの成功事例から学ぶことは、自社のビジネスを発展させるために非常に重要です。ここでは、アパレルECの成功事例を3つ取り上げます。成功の秘訣や戦略についてみていきましょう。

事例1<andante>様

水着やルームウェアを中心としたECアパレルブランド<andante>様では、かつてフリマサイトで商品を販売していましたが、商品が売れてもリピーターがなかなかつかないことに悩んでいました。そこで、自分のECサイトをBASEで開くことを決意。消費者の声を反映した商品をラインナップしたり、「こういう商品が欲しい」という言葉に寄り添ったりすることでブランドを成長させました。オリジナルブランドをつくり、「拡大させていく場」として、「BASE」で成功した例といえるでしょう。

副業からネットショップオーナーへ ゼロからECアパレルを成功に導いた、その秘訣とは

事例2<Surfrise>様

サーフ・リゾート系ファッションや、クリエイティブとクラフトマンシップを融合させたハンドメイドを販売する、<Surfrise>様の事例を紹介します。<Surfrise>様が「BASE」を選んだ理由は、月額費用が無料で、手数料が売れた分にしかかからないという仕組みからでした。最初は何をすれば良いのかわからなかったため、Instagramで「ターゲットに刺さりそうな内容」をハッシュタグに取り入れ、より多くの顧客の目に留まるように工夫をしました。地道に活動を続けるなかで、大規模なイベントに参加するチャンスを手に入れます。そこで、「集客さえ頑張れば、自分たちのブランドは買ってもらえる」と実感しました。その後も、フォロー&プレゼントキャンペーンを実施することで、短期間でInstagramのフォロワーが1万人を超えるまでに成長しています。

未経験からの”ブランド立ち上げ”を成功に導いた秘訣とは?人気アパレルブランドの作り方

事例3<PEPIN>様

古着屋出身のオーナーが大阪でセレクトショップを運営し、実店舗が安定したあとに「BASE」での販売を開始しました。ECサイト運営業務はオーナー1人で行っていますが、今なお無理なく取り組めている状態です。なお、商品はブランドの合同展示会などで探していて、仕入れにはBASEの資金調達サービス「YELL BANK」で調達した資金も活用されています。今後は、セレクトショップとしてのブランディングに力を入れていきたいと考えており、インフルエンサーとして活動中の顧客と連携しながら広報活動にも注力予定のショップです。

【YELLの先には vol.2】セレクトショップからブランドメディアへ。 人気アパレルブランド<PEPIN>が提案する新しいセレクトショップのあり方

まとめ

アパレルECは今、ますます注目を集める業界です。市場の成長が著しく、今もなお新たなチャンスが生まれています。独自のブランドやデザインを持つ個人デザイナーや、小規模なアパレル企業も、ECサイトを立ち上げることで、新たな顧客層の獲得や売上の拡大が可能です。ECへの参入は比較的ハードルが低く、自社の商品を世界中の顧客に発信するチャンスでもあります。

また、アパレル業界でのキャリアを目指す方にとっても、ECは重要なマーケットです。ECサイトの構築や運営に関するスキルは、今後ますます求められるでしょう。

そうしたアパレルECの第一歩としておすすめしたいのが、ネットショップ作成サービスの「BASE」です。初期費用無料で自分だけのショップを開設できるうえ、集客やデザインなどショップ運営をサポートするための機能が充実しています。ぜひBASEを活用して、アパレルECの世界にチャレンジしてみてください。

SNSでシェア

関連記事

人気記事

新着・更新記事

もっと見る

売上0から10までガイド

ショップ運営のノウハウ

ショップ運営で知っておきたい情報を
フェーズにわけてまとめています

商品の売り方

ショップデザインや販売のアイデアなど、商品の売り方について解説します。

集客の方法

SNSやSEOなどの集客のアイデアやアクセス分析について解説します。

ショップの管理

トラブル対応や配送方法、キャッシュフロー改善など、ショップ管理について解説します。