導入までいよいよあと1ヶ月とせまった消費税の増税と軽減税率。BASEでは現在、ショップオーナー様がスムーズに準備ができるよう、「税率変更予約機能」を期間限定(2019年9月の1ヶ月間)にて公開しています。

そこで、こちらの記事では「そもそも軽減税率って?」「税率変更予約機能で設定できること」「税率予約変更機能の使い方」をまとめてみました。
安心して10月1日(火)を迎えるために、ぜひご一読のうえ9月中のご準備をお願いいたします。

 

 

目次

いまさら人には訊けない……そもそも「軽減税率」って?
9月中に設定しておきたいのは、「デフォルト税率」「商品ごとの税率」
どう使えばいい?「税率変更予約機能」
消費税増税/軽減税率対応についてのFAQ

 

 

いまさら人には訊けない……そもそも、「軽減税率」って?

2019年10月1日以降、消費税が現行の8%から10%に引き上げられることになりました。この増税による、生活必需品などの購入に対する負担を減らすため、経過措置(例外)として飲食料品(アルコールや外食をのぞく)、週2回以上発行される定期購読の新聞などの対象品目に限り、消費税を8%のまま据え置く、「軽減税率」が適用されます。

軽減税率の対象品目

・飲食料品(アルコールや外食をのぞく)
・新聞(週2回以上発行、定期購読契約を結んだもの)

軽減税率対象品目の詳細はこちら

 

 

9月中に設定しておきたいのは、「デフォルト税率」「商品ごとの税率」

「BASE」をご利用いただいている場合、それぞれの商品を内税で価格設定していただいているため、10月1日以降も価格設定をそのままにすると、軽減税率の対象品目以外の消費税が10%扱いになります。つまり、差分となる2%分をお客様からお預かりそびれてしまうことになってしまうのです。

そこで、ショップの税率設定(ショップ自体の税率を設定すること:デフォルト税率)、および商品の価格と税率設定(ショップで販売する商品の価格と税率を設定する:商品ごとの価格・税率)が必要になります。

9月30日(月)までに設定しておきたいこと

・ステップ1:ショップの税率変更予約をする(デフォルト税率設定)
・ステップ2:商品の価格・税率変更予約をする(商品ごとの価格・税率設定)

ショップで扱う商品の税率がすべて同じ場合(通常税率と軽減税率の商品が混在しない)、ショップの税率変更予約を設定しておくと(デフォルト税率設定)、設定したのち新規で商品登録した商品の税率をこちらで設定した税率にすることができます※。ただし、デフォルト税率設定前にすでに登録されている商品の税率はこの設定では変更にならないため、あわせて商品ごとの税率変更予約も必要となります。また、商品によって税率がそれぞれ異なる場合、そして今回の消費税増税によって価格の見直しを行う場合も、商品ごとの価格・税率変更予約が必要です。

※税率が反映されるのは、10月1日(火)のメンテナンス以降となります

 

 

どう使えばいい?「税率予約機能」

前項でお伝えしたとおり、対応が必要なステップは2つあります。

ステップ1:
ショップの税率変更予約をする(デフォルト税率設定)

BASE管理画面のショップ設定>ショップ情報 を開きます。

画面最下部の「デフォルト税率」のプルダウンを開き、基本で設定したいショップの税率を選んで保存します。

 

ステップ2:
商品の価格・税率変更予約をする(商品ごとの価格・税率設定)

BASE管理画面の 商品管理>税率変更予約をする を開きます(2019年9月30日までの限定リンクとなります)。

 

税率を一括設定するボタンを押し、一覧から一括で税率を変更したい商品にチェックを入れます。

 

画面下のプルダウンを開き、選択した商品を標準税率(10%)にするか軽減税率(8%)にするかを選んで保存します。

 

一括ではなく、商品ごとに個別に価格・税率を変更したい場合は、一覧から直接変更して保存します。

変更価格は、税込の価格を入力してください。

※税率を変更しても、価格自動で計算されません。税率とあわせて、ご自身で設定をお願いいたします。

 

これでショップごとの「デフォルト税率」「商品ごとの価格・税率」の設定予約が完了しました。こちらで予約した設定は、9月30日(月)23:30〜10月1日(火)早朝にかけての定期メンテナンス作業で反映され、メンテナンス終了後には設定が反映された状態となります。その他、ご不明点に関しては次項のFAQをご参照ください。

 

 

消費税増税/軽減税率対応についてのFAQ

「やっぱり難しくてよくわからない」「こういうときはどうしたらいいの?」をまとめました(随時更新中)。

 

Q.2019年10月1日(火)の増税前に対応しなければいけないことはなんですか?

A.ショップの基本(デフォルト)税率の設定と、商品ごとの価格・税率設定になります。本ページをご覧いただき、手順に沿って作業を行ってください。

 

Q.税率変更予約の設定は、何度でも修正できますか?

A.2019年9月30日(月)23:30からのメンテナンス前までは、税率変更予約画面から何度でも修正できます。10月1日(火)早朝のメンテナンス後以降は、ショップ設定画面および商品管理画面からそれぞれ個別に設定できますが、設定を変更するまでの間は最後に予約設定した価格・税率が適用されます。

 

Q.2019年10月1日(火)のメンテナンス後まで何も対応しなかった場合、ショップのデフォルト税率や商品ごとの価格・税率設定はどうなりますか?

A.ショップのデフォルト税率は標準税率(10%)に、商品ごとの価格はそのままに、税率は標準税率(10%)に自動的に設定されます。

 

Q.デジタルコンテンツや予約販売商品は税率変更予約できますか?

A.はい、予約可能です。

 

Q.定期便商品は税率変更予約できますか?

A.はい、予約可能です。ただし、税率および価格を変更する前にお客様から注文済のお取引につきましては、10月1日以降も変更前の税率と価格でのお取引となります。すでに注文済のお客様に対しても新しい税率と価格でお取引をお願いしたい場合は、新しい税率と価格の定期便商品を新規でご登録いただき、そちらをご注文いただくようにご案内する必要があります。

 

Q.セール Appでセール対象となった商品は予約できますか?

A.いいえ。セール対象期間中は2019年10月1日(火)を過ぎてもセール価格および税率のままとなります。セール対象期間終了後、税率は標準税率(10%)に、価格はセール前のものになりますので、変更を希望される場合、ご自身で個別に設定いただく必要があります。

 

Q.かんたん発送(ヤマト運輸連携) Appの配送料は変更になりますか?

A.いいえ。配送料の変更はございません。

 

Q.送料の変更は予約できますか?

A.いいえ。送料の変更の予約はできません。9月30日(月)23:30からのメンテナンス開始直前にご変更いただくか、シークレットEC Appをインストールしてショップにパスワードを掛け、メンテナンス終了後に送料の変更を行ったあとにシークレットEC Appを無効にしてください。

(参考手順)
1.メンテナンス開始前に、シークレットEC App(https://apps.thebase.in/detail/12)でショップにパスワードをかけておく
2.メンテナンス終了後、商品価格の変更予約( https://admin.thebase.in/shop_admin/reduced_tax_rate/ )がすべて正しく反映されていることを確認のうえ、送料の変更を行う
3.シークレットEC Appを無効にして、ショップをあらためて公開する

 

Q.取扱っている商品がすべて標準税率で、販売価格も変える予定がない場合、なにか対応は必要ですか?

A.とくになにかご対応いただく必要はございません。10月1日(火)早朝のメンテナンス終了時点でショップデフォルト税率および商品の税率や価格の変更予約をしていない場合、ショップデフォルト税率と商品の税率はともに標準税率(10%)が適用され、価格はそのまま据え置きとなります。

 

Q.取扱っている商品がすべて軽減税率対象品目で、販売価格も変える予定がない場合、どんな対応が必要ですか?

A.税率変更予約画面から「税率を一括設定する」ボタンを押して、ページ内のすべての商品を選択して画面下部のプルダウンから軽減税率(8%)を選択し、設定を保存してください。また、10月1日(火)以降に新規で登録する商品の税率については、BASE管理画面のショップ設定>ショップ情報でショップデフォルト税率を軽減税率(8%)に設定すると、自動的に軽減税率が適用されます。

 

Q.ショップデフォルト税率を設定すると、10月1日(火)以降は自動的に税率が設定された価格に変更されますか?

A.いいえ。消費税増税/軽減税率対応にともない価格の変更を行うさいは、税率変更予約画面および商品管理画面から価格の変更を行ってください。そのさい、必ず税込価格を入力してください。

 

Q.内税表記なのに、ショップ/商品ごとに税率を設定する理由はなんですか?

A.10月1日以降、納品書や領収書、請求書などでそれぞれの税率の総額を分けて表示する必要があるため、その計算用にショップ/商品ごとに税率を設定していただいています。

 

Q.価格を変更予約するにあたり、入力する金額は税込価格ですか?

A.はい。BASEは内税表記となっておりますので、変更予約する価格も税込価格を入力してください。

 

Q.お客さまから購入いただいたのが9月で、発送が10月になった場合、税率の扱いはどのようになりますか?

A.標準税率(10%)対象商品の場合、9月に注文を受けたときの8%の税率がお客様に請求されます。軽減税率対象商品(8%)の場合、やはり9月に注文を受けたときの8%の税率がお客様に請求されますが、納品書に軽減税率対象商品である旨は反映されません。