資金調達がおすすめなショップの特徴とは?おすすめの資金調達サービスもご紹介(BASEが運営する資金調達サービスYELL BANKについても)

資金調達がおすすめなショップの特徴とは?おすすめの資金調達サービスもご紹介

2024.07.05(更新:2024.07.03)

ネットショップ運営をするうえで、資金調達の重要性について過去の記事でお伝えしてきましたが、この記事では資金調達がおすすめなショップと自己資金でも運営ができるショップの特徴をご紹介します。
記事後半では、BASEの資金調達サービス「YELL BANK」についてもご紹介します。
資金調達について知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

資金調達とは?資金調達のタイミングと、事前に確認すべきポイント。「YELL BANK」についてもご紹介

資金調達がおすすめなショップの特徴

新規開業のショップ

新規開業のショップは、初期費用が大きいため、資金調達が必要です。店舗の設立、設備の購入、商品仕入れ、マーケティング活動など、さまざまなコストが発生します。これらを自己資金だけでまかなうのはむずかしいため、外部からの資金調達をするのがおすすめです。

成長段階にあるショップ

成長段階にあるショップは、売上の増加とともに新しいチャレンジが必要となります。新たな市場への進出や、セカンドブランド導入など商品ラインの拡充、集客のために広告配信をはじめるなど、今までと異なることに挑戦する場合、追加の資金が必要になります。ネットショップの売上だけでまかなえることもありますが、今の売上金額以上の資金が必要な場合は、資金調達をするのがよいでしょう。

成長のための具体的なチャレンジ方法については、以下の記事でご紹介しています。

【資金活用編】新たな挑戦でショップの売上を伸ばす方法

大規模な在庫管理が必要なショップ

大規模な在庫を扱うショップは、在庫管理や仕入れ時のコストが大きいため、安定した資金が必要です。季節商品やトレンドに敏感な商品を取り扱う場合、短期間での大量仕入れが求められることもあります。こうした状況に対応するために、資金調達は重要な役割を果たします。

集客のためのキャンペーン・広告配信を積極的におこなうショップ

積極的に広告配信や、割引キャンペーンなどをおこなうショップは、広告費やキャンペーン費用が必要です。とくにオンライン広告やインフルエンサーとのコラボレーションなど、現代のマーケティング手法には、多くの資金が必要です。効果的に集客をおこなうためには、資金調達が欠かせません。

自己資金で運営ができるショップの特徴

安定した売上と貯金があるショップ

安定した売上があり、なおかつ自由に使える貯金があるショップは、運営に必要な資金を自社でまかなうことができるので、資金調達の必要性が低いです。

でも、現状の売上や貯金額以上の費用がかかることに挑戦したい場合は、資金調達を活用するのがおすすめです。

低コストで運営できるショップ

利益率が高い商品を扱っているショップや、運営コストをおさえる工夫をしているショップは、固定費や変動費が少ないため、自己資金だけでも運営することができる場合が多いです。

一方、利益率が高い商品でも、まとめて仕入れが必要な場合など、仕入れ費が一時的に不足するときは、資金調達を活用するのも選択肢に入れてみてください。

在庫を持たない、または少量の在庫で運営可能なショップ

在庫を持たない、または少量の在庫で運営するショップは、在庫管理や仕入れにかかるコストが少ないため、自己資金のみでの運営も可能です。

とはいえ、ネットショップサービスによっては、発送完了後に売上金として計上される場合も多いので、受注生産型などの場合は、事前に材料の仕入れ費用が発生するため、注意が必要です。

おすすめの資金調達サービス

ここまで読んで、資金調達に関心を持たれた方に、一般的な資金調達サービスをご紹介します。ネットショップ運営に役立つ資金調達の手段としては、以下の方法が挙げられます。

  1. 金融機関からの融資
  2. 国や自治体の補助金・助成金
  3. ファクタリングサービス
  4. ノンバンクのローン
  5. クラウドファンディング

それぞれの資金調達サービスの詳細や、どのサービスを使うべきかについては、以下の記事をご覧ください。

資金調達方法には何がある?個人事業主におすすめの資金調達サービス6選の比較

ネットショップ運営時におすすめな資金調達サービス

ネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」を利用している方におすすめなのが、BASEが提供する、ネットショップ運営における資金繰りをサポートするサービス「YELL BANK」です。

たった30秒で、「将来の売上」を「すぐに使えるお金」に変えて提供します。

将来の売上をすぐに使えるお金にかえる資金調達は、「将来債権ファクタリング」や「レベニュー・ベースド・ファイナンス(RBF)」などとも呼ばれており、近年注目されている資金調達方法です。

詳細は、以下の記事でご紹介しています。

【資金調達の新しい方法】将来の売上を「すぐに使えるお金」にかえるサービスとは?

「YELL BANK」について、もっと知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

【はじめての方向け】「YELL BANK」がわかる記事6選

まとめ

この記事では、資金調達がおすすめなショップと、自己資金でも運営ができるショップの特徴をご紹介しました。資金調達が必要な場合は、利用タイミングや状況にあわせて、資金調達サービスを選んでみてください。

また、BASEを利用しているショップであれば、ぜひ「YELL BANK」を活用してみてください。

「YELL BANK」を利用する

 

ご意見・ご感想を募集しています

BASEは、ショップオーナーのショップ運営における課題を解決するため、さまざまな機能やサービスを提供し、日々改善に努めております。

「こんな機能がほしい」「ここが使いづらい」「わかりにくい点がある」など、ご意見やご要望がございましたら、どんな小さなことでもかまいませんので、お問い合わせフォームからお知らせください。

※ご回答いただいた内容は、ショップオーナーの皆様に引き続きよりよいサービスを提供していくために役立ててまいります。ぜひご理解とご協力いただけますよう、お願い申し上げます。

 

SNSでシェア

関連記事

人気記事

新着・更新記事

売上0から10までガイド

ショップ運営のノウハウ

ショップ運営で知っておきたい情報を
フェーズにわけてまとめています

商品を売る

商品を魅力的に見せるための説明文の書き方から、仕入れに関する情報、配送ノウハウについてまとめています。

売上を伸ばす

売上を伸ばすために必要不可欠なマーケティング知識や、SNS運用のコツ、BASEアプリの活用方法などについてまとめています。

売上を管理する

決済に関する情報や、売上申請の方法などについてまとめています。