2019年10月1日より消費税率の変更にともない、ショップ/商品ごとに税率が設定されるようになりました。

標準税率の商品は今までの税率から2%引き上げられて10%、そして新たな仕組みとして導入された軽減税率(※)対応商品は8%となります。

 ※軽減税率についてはこちら

それにともない、BASEでは税率変更における準備期間として2019年9月の1ヶ月間、10月以降の税率および価格変更の設定を予約できる「税率変更予約機能」を公開(※)していました。9月中に税率および価格変更の設定を予約された方は、正しく反映されているかどうかを管理画面にてご確認ください。※2019年9月2日〜30日までの限定公開

また、とくに変更設定を予約されていなかった場合、2019年10月1日以降、ショップおよび商品の税率は一律で標準税率、商品価格はそのままとなっています。標準税率は10%になりますので、10月1日以降も軽減税率の対象品目以外の商品の価格設定をそのままにすると、差分となる2%分をお客様からお預かりそびれてしまうことになりますので注意が必要です。

予約していなかった場合、どうやって設定すればいい?

設定には2つのステップがあります。

ステップ1:

ショップの税率を設定する(デフォルト税率設定

 

BASE管理画面の ショップ設定>ショップ情報 を開きます。

画面最下部の「デフォルト税率」のプルダウンを開き、基本で設定したいショップの税率を選んで保存します。

ここで税率を設定すると、設定以降新しく商品登録をする場合にこの税率を自動的に選択するようになります。そのさい、すでに登録済みの商品に関しては標準税率(10%)に設定されていますので、軽減税率(8%)対象商品の場合は商品ごとに税率の変更が必要になります(ステップ2を参照)。

ステップ2:

商品の価格・税率を設定する(商品ごとの価格・税率設定

 

BASE管理画面の 商品管理 を開きます。

各商品の詳細画面の「税率」のプルダウンを開き、設定したい税率を選んで保存します。

 

そのさい注意が必要なのが、税率変更しても、価格自動で計算されない、ということです。税率とあわせて、ご自身で設定をお願いいたします。

変更価格は、税込価格を入力してください。

これでショップごとの「デフォルト税率」、商品ごとの「価格・税率」の設定が完了しました。

 

その他、ご不明点に関しては次項のFAQをご参照ください。

消費税増税/軽減税率対応についてのFAQ

すでにはじまっていても、「やっぱり難しくてよくわからない」「こういうときはどうしたらいいの?」をこちらにまとめています(随時更新中)。

◯BASEヘルプページ:消費税改定について