Facebook「コンバージョンAPI」の設定方法

更新日 : 2021/09/10
投稿日 : 2021/09/10

Facebookの提供する「コンバージョンAPI」を利用することで、Instagram広告やFacebook広告のパフォーマンスや効果測定を改善することができます。

「BASE」では、この「コンバージョンAPI」の導入を「Instagram販売 App」や「Instagram広告 App」からFacebookと連携するだけで、かんたんに実現しています。

この記事では、「コンバージョンAPI」についての説明や、くわしい利用方法、注意点を説明します。

  • 「コンバージョンAPI」は、Facebookが提供する仕組み
  • 広告のパフォーマンスや効果測定を改善できる
  • 「BASE」では、ややこしい手順なしでかんたんに設定し利用できる
  • 設定方法は「Instagram販売 App」または「Instgaram広告 App」でFacebook連携するだけ
  • 2020年9月11日以降にFacebook連携をした場合は、すでに「コンバージョンAPI」が導入済み

※2020年9月11日より前にFacebook連携していたり、いつ連携したか定かでない場合は、下部の「コンバージョンAPIに対応する方法」から確認いただけます。

なぜ「コンバージョンAPI」が必要か?

背景

インターネットで広告を運用する場合、広告経由で商品が購入されたことを特定(広告効果を測定)することが、何よりも大切です。

この広告効果を測定するために、これまでは「3rd Party Cookie」という仕組みで広告を閲覧した人のブラウザを利用して、広告効果を測定していました。

ところが、個人情報保護の観点から、現在では世界的に「3rd Party Cookie」の規制が強まっております。とくにiOS14では、プライバシーポリシーに大きな変更があり、これまでの方法では広告の効果に大きな影響が発生しています。

そのため、広告の効果を最適化して運用していくには、「3rd Party Cookie」に頼らない方法が必要となりました。

Facebookが提供する「コンバージョンAPI」

こうした「3rd Party Cookie」に頼らない方法として、Facebookが提供しているのが「コンバージョンAPI」です。

これは、サーバーを利用して広告の効果測定を可能にしています。
通常であれば、このコンバージョンAPIを設定するには、サーバー上の設定など、さまざまな手続きの上で対応を進める必要がありました。

イベントマネージャでパーソナライズされた手順を使用してコンバージョンAPIを実装する

「BASE」で利用するにはどうすればよいか?

通常であれば、とてもたいへんな「コンバージョンAPI」の設定ですが、「BASE」ではかんたんに設定できます。

なお、2020年9月11日以降に「Instagram販売 App」もしくは「Instagram広告 App」でFacebook連携をおこなった方は、すでに設定が完了しています。

コンバージョンAPIに対応する方法

もし、2020年9月11日より前にFacebook連携していた方は、「Instagram販売 App」もしくは「Instagram広告 App」にアクセスしていただき、再度Facebook連携をおこなってください。

なお、この連携をおこなうさいに、各種アセットを選択する必要があります。この場合、もともと設定していたアセットを選択し直す必要があるため、注意が必要です。

もし、異なるアセットを選んだ場合は、Instagramショッピングが利用できなくなる、などの不具合が発生する可能性がございます。

Facebookの設定に関するお問い合わせは、こちらから「ピクセルの問題」を選んでお問い合わせください。

※設定の解除をおこなう場合は、「Instagram販売 App」「Instagram広告 App」の両方をアンインストールし、ショップとFacebookの連携を解除する必要があります。
※解除すると、Instagramショッピングが利用できなくなる場合がございますので、注意しておこなってください。

\ ショップの開設実績 No.1 /
みんなが使ってるショップ作成サービス「BASE」

関連記事

運営ノウハウ

ショップ運営で知っておきたい情報を
フェーズにわけてまとめています

商品を売る

商品を魅力的に見せるための説明文の書き方から、仕入れに関する情報、配送ノウハウについてまとめています。

売上を伸ばす

売上を伸ばすために必要不可欠なマーケティング知識や、SNS運用のコツ、BASEアプリの活用方法などについてまとめています。

売上を管理する

決済に関する情報や、売上申請の方法などについてまとめています。