せっかく作ったオリジナルのネットショップ、より成功を加速させるのに必要なのがそのショップの「ブランド」です。

そのショップイメージとも言い換えることができるでしょう。あなたのショップに対するイメージをどうより良くしていくかが重要です。

それはショップのターゲット、コンセプト、商品、またはデザインなどの要素から練り上げられていくものですが、そのイメージをより効果的に印象付けるためにはショップのロゴをしっかりと設けることが一番です。

フォトショップやイラストレーターというデザインするためのソフトを使いこなせる方はいざしらず、オリジナルのロゴってどうやってデザインすればいいの?という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は自分でロゴデザインができなくても、魅力的なロゴを作れる方法をご紹介します。

 

デザイナーにコンペ形式で依頼する(有料)

lancers

デザインが自分でできなければ、日本中にいるデザイナーさんにお願いすればいいのです。

ランサーズ、またはクラウドワークスというクリエイターさんたち仕事を依頼することができるクラウドソーシング系のサービスを使えばなんと70ものロゴ案が集まってくるといいます。

しかも報酬金額は20,000円からOKと両者のサイトでは謳っており、プロのデザイナーさんに制作してもらえる金額としてはとても良心的な金額といえるでしょう。しかも多くの案が集まってくるのが嬉しいところですよね。

 

自分でカスタマイズしたロゴをダウンロードする(有料)

freelogoservices

自分のネットショップ、誰かに作ってもらうのではなくやっぱり自分で作りたい!という方はこちらのfreelogoservicesというサイトはいかがでしょうか。

テキストを入れるだけで数千のロゴに当て込まれた形でデザインがチェックでき、気に入ったものを3,500円でダウンロードできるサービスです。

またこちらは選んだロゴイメージを好きな色、フォント、配置でカスタマイズできるのでショップにマッチした微妙なデザインを作成することができます。その場で決済すればすぐにロゴが手元に入るのがいいですよね。こちらもオススメです。

 

BASEが提供する「ショップロゴ作成 App」を活用する(無料)

文言、好みのフォント、そして色という3要素を選ぶだけでオリジナルのロゴが作成できるだけでなく、すぐにBASEで作ったショップに当てはめるのがこの「ロゴ作成 App」です。

ネットショップのロゴはやはりショップに当てこんだ状態で全体のイメージとマッチするか確認したいところですよね。

BASEで作成したショップ限定になりますが、このサービスを使えば無料で何度でも納得のいくまでショップにマッチしたロゴを作成することができます。

 

以上、3つのロゴ作成サービスをご紹介しましたがいかがでしょうか?

まずは実験的にサクッとロゴを作ってみたいかたは「ショップロゴ作成 App」を使ってみるのはいかがでしょうか。

無料なのでリスクはありません。しっかりショップのブランドを打ち出していきたい!という方はランサーズ、もしくはクラウドワークスを活用されることをオススメします。

もはやロゴ作成の定番方法ともなりつつあるものですので、満足がいくロゴデザインを得られるのではないかと思います。

しっかりショップのコンセプトを明確化した上で、それを表す素敵なデザインを選んでくださいね。

 

参考:
あなたのネットショップのコンセプトを強化する11のポイント

安売りではなく、付加価値をつけてあなたのショップで買う理由を作ろう。