地域におけるネット通販事業の支援プロジェクト「&BASE(アンドベイス)」。

今回は&BASEのオフィシャルパートナーで、東京・大阪・岩手の3拠点で活躍するWebサイト・ホームページ制作会社のソーファデザインデスクのアテンドのもと、岩手県花巻市と岩手県盛岡市で開催したセミナーの模様をお伝えします。

花巻観光協会主催『ネットショップの魅力を引き出す写真と文章/SNSを活用した集客』セミナー

2日に分けて実施した岩手県でのセミナー。初日は岩手県の中西部に位置する温泉郷を擁し宮沢賢治生誕の地でもある花巻市で行いました。

花巻観光協会主催のもと、地元で活躍する企業約50名様を対象にこれからネットショップ開設を始める方や既にネットショップ運営しているものの苦戦している方に向けて、商品写真や商品説明文をブラッシュアップするコツや、Twitter、Facebook、Instagramを集客に活用するためのポイントに関してお話しました。

主催の音頭をとってくださり会場まで手配してくださった、スターブリッジいわて株式会社様や花巻観光協会の皆様もセミナーを受講してくださりました。

花巻観光協会は今後、BASEで地元の名産品を取り扱ったネットショップを開設、運営されるとのことでセミナーの内容がどう活かされるのか楽しみです。

(※花巻市から盛岡市に向かう道中、紫波町にお邪魔した様子は下記より)

【オーナーズインタビュー/OGAL+ness(オガールネス)】ネットとリアルで商品を販売する難しさ

デザインとビジネスの学校 特別講座 目指せプラス3万円!確実に効果を狙うsns情報発信講座 「写真の撮り方と文章の書き方」編

翌日は盛岡市に移動し、2年前の開校時にも体験入学の一環としてセミナーをさせていただいた株式会社モリノバが運営する「デザインとビジネスの学校」にて再び、特別講座としてSNS情報発信講座を行いました。

2017年2月セミナーレポート(盛岡・二戸・東京・新潟・和歌山)

レトロ建築としても名高く、国の登録有形文化財である岩手県公会堂をセミナー会場に、これからネットショップを運営される方や現役のショップオーナー総勢約30名と対話しながら行った質疑応答が白熱したのが印象的でした。

©ヨハクデザイン

セミナー受講者で、旅をしながら暮らし働く旅するデザイン会社、ヨハクデザインの武田明子さんが、セミナーの内容をグラレコ(グラフィックレコーディング=セミナーやイベント、会議やディスカッションの内容を視覚化し共有すること)にまとめてくださったのがとても秀逸で、このイラスト一枚にセミナーの内容がぐぐっと凝縮されていますので、普段、BASEがどのようなセミナーを実施しているのか少しは伝わるかと思います。

&BASEのセミナーは地場で活躍とするパートナーとの共創コンテンツ

BASEではこのように日本各地で活躍する地場の行政・法人・クリエーターとパートナーシップを結び、セミナーやイベントを通して地域におけるネット通販事業の支援活動を行っています。

セミナー実施条件も非常に取り組みやすい内容になっており、パートナー特典もご用意していますので、ぜひこちらのサイトからお問い合わせください。