近年、ネットショップの集客手段として最も利用されているのが「Instagram」です。

Instagramの魅力は、文字よりも写真がメインなので独自の世界観を表現しやすく、ショップと同じ世界観を持つ人に情報を届けやすいところ。

検索やハッシュタグ、位置情報、保存など様々な機能があるので、情報を探す側も求めている情報を簡単に見つけて手元に残しておくことができます。

他の投稿を見ているなかで偶然ショップの存在を知り、商品の購入に至るケースも実際に多いため、集客手段として活用しない手はありません。

【投稿編】では、より多くの人にショップアカウントをフォローしてもらえるように、投稿に取り入れるべき「世界観・統一感・継続性」と適切な投稿時間・投稿頻度についてご紹介します。

 

目次

1.「世界観」を表現

2「統一感」を出す

3.投稿時間

4.投稿頻度

5.継続する

 

キーワードは「アカウントのファンになってもらうこと」

1.ショップの「世界観」を表現

あなたのショップは、どんな「世界観」を持っていますか?

フォロワーの多いInstagramアカウントにおいて、大切とされているのが「世界観」です。

アカウントのトップページを開いたときに「私が好きな雰囲気だ!フォローしよう!」と思わせることが一番のポイント。第一印象が大切です。

Instagramのプロフィールページを使って、ショップ独自の世界観を表現しましょう。

世界観を表現することは、「統一感」を出すことによって実現します。

2.毎回の投稿に「統一感」を出す

ショップの世界観を表現するには、毎回の投稿に「統一感」を出すことが重要です。

どんなにいい写真でもテイストの違う写真を毎回投稿していては、見ている側が「世界観」にブレを感じてしまいます。

統一された世界観・雰囲気の写真や文章を投稿するようにしましょう。

「統一感」についての詳細は、Instagramの投稿において最も大切にしたい「統一感」を合わせて読んでみてください。

 

3.フォロワーに合わせた投稿時間

ビジネスアカウントに設定していてフォロワーが100人以上の場合、「インサイト」からフォロワーの属性や、フォロワーが投稿を見ている時間帯などの細かい情報を確認することができます。

(※仮のデータです。)

インサイトの「フォロワー」項目では、どの時間帯にどのくらいのフォロワーが自分の投稿を見ているのかを確認することができます。

この場合は、12時頃と18時以降が最も見られています。

「年齢層」項目を見てみると25〜44歳が最も多いことから、最も見られている時間帯「12時頃・18時以降」は、主婦が家事の合間に一息つくお昼頃、社会人のお昼休憩、また退勤後の移動時間から寝るまでの時間であることが推測できます。

フォロワーに最も見られている時間帯に合わせて投稿やストーリーズを更新することによって、フォロワーの目に止まる可能性が高くなります。

同じ画像や内容でも、投稿する時間帯によって「エンゲージメント率(いいね・コメント・投稿の保存/投稿を見た人の数)」などのフォロワーからの反応も変わってきます。

エンゲージメント率が上がることによっておすすめやハッシュタグのトップに掲載される可能性も高まるので、より多くのフォロワーに投稿を見てもらうことが、新規フォロワーの獲得にもつながります。

まずはフォロワーに見られていそうな時間帯をいくつか試しながら、アカウントに合った最適の投稿時間帯を探しましょう。

 

4.ちょうどいい投稿頻度

アカウントをフォローしてもらうためには、ちょうどいい投稿頻度を保つことが重要です。

投稿頻度が高すぎても低すぎても、フォローを外されてしまったり、新しくフォローされるのが難しかったりします。

多くても1日に2回、少なくても2日に1回で、ストーリーズも含めて週に3~4回ほど投稿すると良いでしょう。

 

5.コツコツと継続する

Instagramのアカウントを運営するなかで最も大切なのは、継続すること。

フォロワーを増やすことに、近道はありません。

世界観を表現し、統一感のある投稿を地道に続けていくことこそが、アカウントをフォローしてもらうコツです。

毎日少しずつフォロワーを増やしていき、ショップのファンを獲得しましょう。

 

以上、Instagramをフォローしてもらう5つのコツ【投稿編】をご紹介しましたが、いかがでしたか?

「世界観」「統一感」「継続性」の3つのポイントを押さえ、ファンになってもらえるようなアカウント作りを行なっていきましょう。

Instagramフォローしてもらう5つのコツ【運用編】も、ぜひ合わせてご覧ください。