売れないネットショップの原因はカゴ落ちにあり!原因・対策・成功のポイント

2024.05.11

ネットショップ運営者にとって、顧客が商品をカートに入れたまま購入せずに離れてしまう「カゴ落ちは深刻な課題です。せっかく集客したり、魅力的な商品紹介ページを作成したりしても、カゴ落ちが多いと売上が上がりづらくなるでしょう。この問題を解決するためには、原因を正確に把握し、適切な対策を講じる必要があります。この記事では、売れないネットショップの原因である「カゴ落ち」に焦点を当て、その原因や対策、成功させるポイントについて探っていきます。

 

売れないネットショップによくある課題

売れないネットショップによくある課題は以下のとおりです。

集客力が不十分

ネットショップがターゲット層にリーチできていない場合、売上が伸びないことがあります。この課題に対処するためには、まずターゲットを見直し、どのような顧客層に焦点を当てるかを明確にすることが重要です。その上で、SNSや広告、SEOなどの施策を活用して、より多くの人々にネットショップを知ってもらいましょう。

たとえば、InstagramやFacebookなどのSNSを活用してターゲット層にアプローチし、興味を引くコンテンツを提供することで、集客効果を高められます。また、検索エンジンでの上位表示を目指すために、適切なキーワードを含んだコンテンツを作成し、SEO対策を行うことも有効です。さらに、新規層の獲得だけでなく、リピート購入を促すための施策も重要です。顧客に特典や割引などのリピート購入を促進する仕組みを提供することで、顧客のロイヤルティを高める効果が期待できます。

商品の魅力が伝わっていない

売れないネットショップには、商品の魅力が伝わっていないという課題があります。ネット物販では実際に商品を手に取れないため、商品名や写真、動画、商品説明文を通じて、商品の魅力を詳しく伝えることが重要です。

例を挙げると、商品の写真を増やしたり、撮影の仕方を工夫したりすることで、顧客により詳細な情報を提供できます。商品の特徴や使用シーン、サイズなどを写真や動画と共にわかりやすく示すことで、顧客が商品をより具体的に想像できるようになります。

カゴ落ちが多い

カゴ落ちが多いという課題は、ネットショップ運営においてよく見られます。カゴ落ちとは、顧客が商品をカートに入れたまま、最終的に購入手続きを完了しない状況です。この問題を解決するためには、効果的なカゴ落ち対策が求められます。

たとえば、顧客がカゴ落ちする主な原因の1つは、購入手続きが複雑だったり、時間がかかったりすることです。この場合、ネットショップの購入プロセスを簡素化し、スムーズな体験を提供することが重要です。

 

ネットショップのカゴ落ちの原因

ネットショップのカゴ落ちの原因について、詳しく見ていきましょう。

送料や手数料が予想よりも高かった

ネットショップにおけるカゴ落ちの主な原因の1つは、送料や手数料が予想よりも高かった場合です。顧客が商品を購入する際に、予想外に高額な送料や代引き手数料を見積もられると、購買意欲が低下し、最終的に購入を断念することがあります。

アカウント作成が必須なことを知った

ネットショップでのカゴ落ちが増加する原因の1つは、顧客がアカウントを作成することが必須であることを知った場合です。アカウント作成手続きが煩雑で時間がかかると、顧客の購買意欲が低下する可能性が高まります。顧客はできるだけ手間をかけずにシームレスな購入体験を求める傾向があります。

たとえば、顧客が商品を購入するために、アカウント登録フォームに氏名や住所、電話番号などの個人情報を入力し、さらにパスワードを設定して登録を完了させる必要がある場合、手続きが煩雑で時間がかかると感じるかもしれません。とくに、初めてそのショップで買い物をする顧客にとっては、アカウントを作成することに対する抵抗感が高くなります。

決済までの手順が複雑で時間がかかる

購入手続きに時間がかかると、顧客の購買意欲が低下し、カートから商品を削除してしまう可能性が高まります。具体的には、次のような状況でストレスを感じることが多いようです。

  • 複数の画面を移動して情報を入力する必要がある
  • 複数の決済オプションから選択する必要がある
  • 入力フォームがわかりにくい

この問題を解決するためには、購入手続きをシンプルかつスムーズにすることが重要です。

合計金額が事前にわからない仕様だった

ネットショップでの購買行動において、合計金額が事前に把握できない仕様は顧客にとって大きな問題です。購入前に合計金額を知ることは、予算や買い物計画を立てる上で重要です。このような透明性の欠如は、顧客に不信感を抱かせる可能性があります。

ショップの信頼性が低いと判断した

顧客がネットショップの信頼性を判断する際には、プライバシーやセキュリティが重要な要素となります。とくに、個人情報やクレジットカード情報を提供する際には、安全性を確保することが顧客にとって重要です。そのため、信頼性の低いショップは敬遠する傾向があります。

 

売れるネットショップの共通点

売れるネットショップには、次のような共通点があります。

コンセプトが明確

明確なコンセプトやテーマを持っていることも、売れているショップの共通点です。たとえば、特定の商品カテゴリーに焦点を当てたショップや、特定のライフスタイルや興味を持つ顧客をターゲットにしたショップなどがあります。このようなコンセプトを持つことで、顧客にとって魅力的で興味深いショップとなり、購買意欲が高まります。

魅力的なデザイン

視覚的な魅力があり、ブランドイメージや商品の特性を反映したデザインを採用している点が挙げられます。魅力的なデザインは顧客の目を引き、ブランドや商品に対する信頼感を高めます。

商品説明が充実している

商品説明が充実している点も重要です。商品の特徴や性能、用途など、顧客が知りたい情報を詳細に記載することで、顧客の購買意欲が高まります。

使い方がわかりやすい

顧客に使い方がわかりやすいインターフェースを提供することも重要です。顧客が商品を見つけやすく、購入手続きをスムーズに行えるようにすることで、顧客の利便性を向上させます。

決済手段が豊富

複数の決済手段を提供することも大切です。顧客が利用しやすい決済手段を多様に用意することで、購入の際の選択肢を増やし、顧客の利便性を向上させます。たとえば、クレジットカードや電子マネー、現金などです。多種多様なポイントを利用できるのは魅力的であっても、どのポイントを使えるのか詳しくチェックするのに時間がかかると、決済が面倒に感じてカゴ落ちにつながりかねません。

セキュリティの不安がない

個人情報やクレジットカード情報の安全性を保証し、顧客のプライバシーを守るセキュリティ対策が十分に行われている点も重要です。安心して買い物できる環境を提供することで、顧客の信頼を得られます。プラットフォームを利用する場合は、セキュリティ対策について確認しましょう。暗号化のような基本的なセキュリティ対策はもちろん、不正アクセス対策の確認も必要です。

 

ネットショップの成功事例

ネットショップの成功事例について、詳しく見ていきましょう。

ECアパレルブランド「andante」

アパレルブランド「andante」は、オンラインプラットフォーム「BASE」を活用して成功を収めた事例の1つです。

「BASE」を利用することで、購入後の発送通知や顧客とのコミュニケーションなど、多くのプロセスが自動化され、事業者はそれまでよりも効率的に運営できました。「BASE」は使いやすいインターフェースを提供しており、HTMLやCSSなどの専門知識がなくても簡単にネットショップを開設できます

オリジナル・スキンケアブランド「COSIM」

オリジナル・スキンケアブランド「COSIM」は、パソコン操作が苦手なサロンの代表が立ち上げた成功事例の1つです。

オーナーは過去に「BASE」で商品を購入した経験があり、「ショップが見やすいし、スマホで開設できそうだったから」という理由から、ネットショップのプラットフォームとして「BASE」を選択しました。

ハワイアンジュエリーブランド「IRIEBEACH」

ハワイアンジュエリーブランド「IRIEBEACH」は、オーナーがデザインやクーポンなど、ショップの外観や機能だけでなく、売上の管理にも重点を置いているショップです。

毎日1時間を割いて管理画面上で売上を細かく確認し、目標達成の度合いや顧客の反応を把握しています。このことにより、顧客の嗜好や需要の変化に敏感に対応し、ビジネスを効果的に運営しています。「BASE」はインターフェースが優れており管理画面が見やすいため、円滑に管理しやすいようです。

 

まとめ

ネットショップで商品が思うように売れない原因はさまざまです。たとえばカゴ落ちの要因だけでも、送料や手数料が高すぎる、アカウント作成が煩雑、決済手順が複雑、合計金額が不透明、信頼性が低いなどが挙げられます。一方、売れるネットショップにはコンセプトが明確で魅力的なデザイン、充実した商品説明、使いやすいインターフェース、豊富な決済手段、セキュリティの確保が共通点です。今回、解説した内容を参考に、売れるネットショップを目指しましょう。

SNSでシェア

関連記事

人気記事

新着・更新記事

もっと見る

売上0から10までガイド

ショップ運営のノウハウ

ショップ運営で知っておきたい情報を
フェーズにわけてまとめています

商品の売り方

ショップデザインや販売のアイデアなど、商品の売り方について解説します。

集客の方法

SNSやSEOなどの集客のアイデアやアクセス分析について解説します。

ショップの管理

トラブル対応や配送方法、キャッシュフロー改善など、ショップ管理について解説します。