ネットショップ開業でよくある失敗は?失敗を防ぐコツ4つとネットショップの選び方3つ

2024.05.11

ネットショップ開業の際に、「ネットショップを開業して失敗したらどうしよう」「ネットショップで売上が伸びるか心配」「開業前によくある失敗が知りたい」などと悩んでいる方も多いでしょう。

コンセプト設計をしっかりおこない、集客に結びつけ、顧客へ安心感を与えることで、安定した経営が期待できます。この記事では「ネットショップ開業のよくある失敗やショップの選び方、失敗を防ぐコツ」を紹介します。

 

ネットショップ開業でよくある失敗6選

ネットショップ開業でよくある失敗やおもな失敗理由について、詳しく解説します。

コンセプトが曖昧

ネットショップの開業は容易になりましたが、コンセプトが曖昧だと、競合が多いため差別化が図れません。

そのため、ターゲット商品選択価格設定などの明確なコンセプトがないと、顧客はほかのネットショップに流れ、売上が伸びず閉店に至る可能性があります。ネットショップを開業し、成功するためには、競合他社との差別化が重要です。

集客をしていない

ネットショップの成功には、宣伝と集客活動が必須です。もし怠ると、訪問客が増えず、ネットショップの存在が認識されない原因になります。とくに、独立したネットショップを作成するストアフロント型で開業した場合は、SNSの活用広告出稿などにより、自社のネットショップを露出させることが重要になります。

利益のシミュレーションをしていない

事前に、利益を出すためのシミュレーションが必要です。ネットショップの運営には、多くの費用が発生します。加えて、商品ジャンルによっては、価格競争が激しく利益率が下がる可能性があります。あらかじめ想定売上ランニングコストを計算し、行き当たりばったりの経営を避けることが重要です。

市場・競合調査をしていない

市場調査と競合分析は、顧客のニーズを理解する重要な役割があります。商品を売りたくても、顧客のニーズがなければ、どんなに集客しても売れません。ネットショップの成功に欠かせない要素には、以下3つが挙げられます。

  • 商品の価格設定
  • ショップデザイン
  • 商品の見せ方

他社と差別化を図るためには、入念な市場調査と競合分析が必要です。

商品の在庫管理ができていない

商品の適切な在庫管理がおこなわれていないと、経営困難に陥りやすくなるため注意が必要です。たとえば、「商品の仕入れ・保管によるコスト増加」「資金繰りの悪化」などが挙げられます。

加えて、流行商品が在庫過多の状態になってしまった場合、ネットショップの運営ができなくなるリスクが高まります。そのため、ネットショップを安定的に運営するためにも、在庫管理は欠かせません。

顧客への対応不足

ネットショップ運営において、顧客対応が不十分だと失敗します。とくに、リピーターの獲得は新規顧客獲得と比べコストがかからず、売上の増加につながります。

しかし、顧客対応が悪いとリピーターが増えず、コスト削減や利益蓄積は期待できません。最近ではSNSの普及により、不満が拡散しやすく、悪評が増えると顧客が購入を避け、商品が売れなくなる可能性があります。顧客対応が不十分なネットショップは、長期的に失敗する可能性が高いため注意しましょう。

 

ネットショップ開業で失敗を防ぐコツ

ネットショップ開業で失敗を防ぐコツを紹介します。失敗を防ぐコツは商品やショップごとに異なるため、詳しく解説します。

コンセプトや商品にこだわる

売りたい商品にコンセプトやこだわりがなければ、購入後のビジョンを明確化できません。商品の目的とターゲットが設定されていないと、ネットショップ全体に一貫性がなく、商品価値が伝わらず失敗します。

たとえば無添加のパンを売る場合、そのパンが世間に広まることであらゆる年代の人が安心感を持ち、食べられるビジョンを商品ページに記載し伝えられます。自分のショップを訪れた人は、商品を購入する判断材料を探しているため、商品のビジョンとその背景を明確に伝えることが重要です。

集客をする

ネットショップの集客には、以下3つの方法があります。

  • SEO対策
  • SNSの運用
  • 広告の出稿

SEO対策は、検索エンジンでの上位表示を目指し、購買意欲の高い顧客を集められますが、成果が現れるまでに時間がかかるのが特徴です。次に、SNSの運用は無料で始められ、情報が拡散しやすいため、多くの顧客にショップの情報を伝えられます。最後に、広告の出稿は費用がかかりますが、短期間での集客がしやすいため、狙っているターゲット層に情報を届けやすいという特徴があります。

顧客へ安心感を与える

ネットショップで失敗を防ぐには、顧客への安心感の提供が重要です。とくにネットショッピングでは、実際に商品を確認できないため、「商品が写真通りであるか」「商品が適切に届くか」というような不安が伴います。

顧客への信頼を得るためには、商品やショップについての情報を充分に提供し、顧客が安心して購入できる環境の整備が求められます。顧客は、信頼感のないショップから商品の購入を避ける傾向があるため、購入者に対する信頼を獲得していきましょう。

使いやすさを重視する

ネットショップの訪問者を増やすだけでなく、顧客が商品の購入を完了するまで離脱しないような設計が必要です。集客をして、商品を購入するという最終目的を達成するまで顧客を引き留める工夫が必要です。具体的には、以下のような顧客の離脱を防ぐ工夫が求められます。

  • デザイン設計
  • Web接客ツール
  • 充実した決済方法

集客だけではなく、顧客が最後まで離脱しないような利便性を重視したショップにしましょう。 

後悔しないネットショップ作成サービスの選び方

ネットショップ開業で後悔しないショップ作成サービスの選び方を3つ紹介します。

手数料が抑えられる

ネットショップの開設・運営において、初期費用や固定費用の負担が少ないネットショップであれば、手数料が抑えられるため失敗のリスクを下げられるでしょう。仮に商品を準備できていない状態でも、固定費を気にせずにネットショップを開業できる点はネットショップ初心者にとって大きなメリットです。

簡単におしゃれなデザインのショップを作れる

デザインテンプレートがあれば、初心者でも使いやすく、簡単におしゃれなデザインのショップを作成できます。もしサービスが、PC版だけでなくスマホ版にも対応している場合、 こだわりのショップデザインを専用のアプリで簡単に装飾・作成が可能です。

また、テンプレートはHTMLやCSSのスキル・知識がなくても利用でき、誰でも使いやすいためおすすめです。 

無料で必要な機能を拡張できる

ネットショップ作成サービスに拡張機能がある場合、ネットショップ運営に必要な追加機能を実装できます。たとえば「メルマガ配信」「ブログ」「クーポン」「アクセス解析」「配送設定」といった拡張機能があります。こうした機能を無料で利用できるサービスは、ネットショップの成長を底上げできるためおすすめです。

 

ネットショップ開業で失敗を防ぐなら「無料で開設できるショップ」がおすすめ! 

ネットショップの開業で失敗を防ぐなら「無料で開業できるネットショップ」の活用がおすすめです。たとえば、ネットショップ作成サービス「BASE」は、初期費用と月額費用が無料で始められます。また、ほとんどの機能拡張が無料で、必要に応じてカスタマイズも可能です。デザインのテンプレートも豊富なため、とくにネットショップが初めての人には「BASE 」がおすすめです。 

 

ネットショップが軌道に乗ったあとにできること 

ネットショップが軌道に乗ったあとにできることを4つ紹介します。 また新規顧客が増えてから、売上をさらに伸ばすための方法も解説します。

リピーター対策をおこなう

新規顧客を続けて獲得するよりも、リピーターの獲得が売上の安定につながります。リピーター対策には、「クーポンの配布」や「SNSでの情報発信」などの方法があります。既存顧客へのリピート購入を促進し、新規顧客よりもリピーターを増やす戦略が、売上の安定化に貢献しやすいです。そのため、ネットショップが軌道に乗ったあとにリピーター対策をおこなうのがおすすめです。

口コミを集める

ショップへの顧客の信頼性は、リアルな口コミの存在で高まります。仮に購入した形跡のないショップであれば、訪問者に不安を与え、ネガティブな影響をもたらします。そのため、SNSでの活動を通じて口コミを増やすなどの方法があります。

顧客への信頼性の向上とショップの活気化のためにも、リアルな口コミの収集をおこなうこともおすすめです。

 適正価格を設定する

開業前の利益シミュレーションが、運営における商品の適正価格の設定につながります。利益シミュレーションをおこなわずにショップを開くと、思わぬ赤字に陥る可能性が高いです。また、適切な価格設定ができていない場合、利益が出ない商品を販売することになりかねません。

価格設定の方法には、原価から考える方法や利益率から考える方法があります。たとえば、原価が1,000円の商品を利益率30%で販売する場合は、販売価格は1,300円になります。

ネットショップの運営を継続する上で、利益はどのくらい必要なのかを何度も見直し適正価格を設定していきましょう。

カゴ落ち対策をおこなう

カゴ落ちは、顧客がショップから離脱し、購入を見送る現象です。

ネットショップ訪問者の約7割がカゴ落ちしているため、対策を講じることで売上につながります。カゴ落ちが生じるおもな原因は、「手続きの複雑さ」や「予想外の追加費用がかかる」ためです。

防止策として、登録無しで購入可能なフローや費用の事前表示が効果的です。顧客のニーズに対応したカゴ落ち対策によって、カゴ落ちを最小限にし、売上向上が期待できます。また、ネットショップ作成サービス「BASE」には、買い忘れ防止メールという機能があり、顧客がショップを離脱しても、自動でカゴ落ちを防いでくれるためおすすめです。

LINK:売れないネットショップの原因はカゴ落ちにあり!原因・対策・成功のポイント

まとめ

この記事では「ネットショップ開業のよくある失敗やショップの選び方、失敗を防ぐコツ」について紹介しました。商品のコンセプト設計にこだわり、集客施策を打ち、顧客へ安心感を与えられれば、安定した経営が期待できます。

ネットショップ開業で失敗をしたくない人は、「手数料が抑えられる」「簡単におしゃれなデザインショップを作れる」「無料で必要な機能を拡張できる」といった、条件を満たしているネットショップ作成サービス「BASE」がおすすめです。 初期費用と月額費用が無料で始められるため、リスクを抑えて効率良くショップを開業したい人は、ぜひ「BASE」でネットショップを作成してみてください。

SNSでシェア

関連記事

人気記事

新着・更新記事

もっと見る

売上0から10までガイド

ショップ運営のノウハウ

ショップ運営で知っておきたい情報を
フェーズにわけてまとめています

商品の売り方

ショップデザインや販売のアイデアなど、商品の売り方について解説します。

集客の方法

SNSやSEOなどの集客のアイデアやアクセス分析について解説します。

ショップの管理

トラブル対応や配送方法、キャッシュフロー改善など、ショップ管理について解説します。