ECプラットフォームとは?基本的な概要や種類、選ぶ際のポイントを解説

2024.06.05

ネットショップを開設するにあたり、ECプラットフォーム選びは非常に重要です。ネットショップの普及に伴って、ECプラットフォームも多様化しています。それぞれ、サービスの特徴や強みが異なるため、自社が求めるものを提供してくれるプラットフォームを選べなければ、せっかく立ち上げたネットショップも十分な成果を残せないかもしれません。

この記事では、ECプラットフォームの概要や主な種類、代表的なECプラットフォーム、ECプラットフォーム選びで後悔しないためのポイントなどについて紹介していきます。

ECプラットフォームとは?

今やネットでの買い物に欠かせないECプラットフォームですが、実際にはどのような仕組みなのでしょうか。まずは、基本的な考え方や搭載されている主な機能などについて、見ていきましょう。

ECプラットフォームの概要

ECプラットフォーム」とは、インターネット上にネットショップを作成するためのシステムやソフトウェアのことです。ネットショップの運営に必要とされる、さまざまな機能が搭載されています。また、プログラミングやコーディングなどITに関する知識や技術がなくても、ネットショップを構築できるように設計されているのも特徴です。ネット物販を行う場合、企業も個人も何かしらのECプラットフォームを利用していることが多くなっています。

ECプラットフォームの基本的な機能

ECプラットフォームの種類によって搭載されている機能は異なりますが、主に以下のような機能を使えます。

・買い物カゴ(カート)機能

・商品検索機能

・決済機能

・マイページ機能

・問い合わせ機能

・セキュリティ(個人情報保護)機能

・受発注管理機能

・売上管理機能

・在庫管理機能

・顧客管理機能

・アクセス解析機能

ECプラットフォームの種類

ECプラットフォームには、さまざまな種類があります。主なECプラットフォームを取り上げて、機能やメリットについて詳しく紹介していきます。

ASP型

ASPは「アプリケーション・サービス・プロバイダ」の略で、ソフトの機能をクラウド上で提供する形式のことを指します。ネットショップ向けのASPには、カゴ(購入・決済)機能を中心にネットショップの構築・運営に必要な機能が搭載されており、ショップ運営者は簡単にネットショップを開設し、商品を販売することが可能です。

ASP型のECプラットフォームには初期費用や月額費用が無料で販売手数料を支払うタイプと、初期費用や月額費用が発生するタイプがあります。費用や必要な機能、使い勝手などから最適なASPを選択しましょう。ASPとして代表的なサービスは、BASEやカラーミーショップ、ShopifySTORESなどです。

モール型

モール型とは、1つの大きなネットショップをショッピングモールに見立てて商品を販売するECプラットフォームです。モール側が用意しているシステムを利用するため、自分たちで開発する必要はありません。モール型には楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonなどがあり、こうした知名度の高いモール型ネットショップには多くの人がアクセスし、買い物をしています。この集客力を利用できるのは、モール型のメリットと言えます。

ECパッケージ型

ECパッケージは、ネットショップの運営に必要なシステム・機能があらかじめパッケージングされたシステムです。主に、ショッピングカート機能、注文管理、売上管理、商品・在庫管理、顧客管理などの機能が備わっています。さらに、必要に応じて機能追加やカスタマイズできる自由度の高さもあり、自分が求める独自のネットショップを構築することが可能です。

ただし、機能が充実している反面、導入にかかる費用が高く、システムを最新の状態にアップデートし続ける必要もあります。そのため、資金にゆとりがない場合は、導入は厳しいかもしれません。

オープンソース型

オープンソースは、無償公開(オープン)されているソースコードでネットショップを構築する方法です。多くの場合、無料でサーバーにインストールできます。無償で使用できるため、導入にかかるコストは低めになっています。自分で対応できない場合はWeb制作会社に依頼することになるので、相応の費用がかかる点には要注意です。

ECプラットフォーム選びのポイント

ECプラットフォームは、種類ごとに異なる特徴があります。機能が充実しているもの、開設や運営にかかるコストが低いものなど、個性は多様化しています。そこで、ECプラットフォーム選びのポイントについて解説しています。

どのような機能が搭載されているか

自社がネットショップを運営する上で必要な機能が備わっているかどうかは、ECプラットフォームを選ぶ上での重要なポイントです。

たとえば、ASP型とモール型には、ECプラットフォームとして必要な最低限の機能は搭載されています。そのため、すぐにネットショップを開設したい場合には、ASP型やモール型を選ぶのがおすすめです。一方、ASPやモールでは実現できないこともあるため、より複雑な対応が可能な機能性の高いネットショップを求めるのであれば、ECパッケージやオープンソースでの構築がベターと言えるでしょう。

開設や運営にどれくらいコストがかかるか

ECプラットフォームを利用する場合、必ず何かしらの費用がかかるものです。たとえばASP型の場合、初期費用や月額費用が無料で、売上に応じた手数料を支払うケースがよく見られます。一方、ECパッケージ型やオープンソース型の場合は売上に応じた手数料はかかりません。しかし、ネットショップの構築費用やセキュリティの対策費用、機能拡張の費用などが必要で、初期費用だけで数百万円以上になることも珍しくありません。

個人やネットショップに新たに参入する事業者の場合、どれくらいの売上を残せるか予想するのは難しいでしょう。そこで、まずは無料で利用できるプラットフォームからスタートしてみると安心です。

サポート体制は整っているか

ネットショップを運営する中でトラブルや障害が発生した場合、迅速かつ適切な対応ができなければ、顧客からの信頼を失ってしまいます。そういう状況を防ぐためのサポート体制が整っているかどうかも、ECプラットフォームを選ぶ上での重要なポイントです。

何かトラブルが発生した際、メールだけではなくチャットや電話でもフォローしてもらえるのか、サポートの担当者に知識や経験はあるのかなど、フォロー体制についてもしっかり確認しておくことが大切です。

代表的なECプラットフォーム

ネット物販を始めたいと考えている場合、具体的にどのようなサービスがあるのかは知っておきたいところです。ECプラットフォームにおける代表的なサービスについて紹介していきます。

BASE

BASE」は、業界でも長い歴史を誇るASP型のネットショップ作成サービス(ECプラットフォーム)です。集客・販促からマーケティング、運営効率化をはかる機能など、売上を伸ばすための機能を無料で利用できます。さらにショップ開設時には、面倒な書類提出や時間のかかる決済審査もありません。極めて簡単に始められるので、これまで210万以上のショップ(2023年12月時点)が開設されています。

BASEのスタンダードプランは、初期費用・月額費用が無料です。商品が売れたらサービス利用料+決済手数料がかかる仕組みになっています。2022年には、月額費用がかかるものの手数料が業界最安水準のグロースプランもスタートしました。

STORES

STORESは初期費用・月額費用0円で始められるASP型のプラットフォームです。無料でありながら機能は充実しており、かつ簡単にショップを開設できます。売上1件あたりの手数料はやや高めの設定です。ただ、月額2,980円(税込)のスタンダードプランに加入すると、手数料を抑えることが可能です。システムは英語にも対応しており、海外に向けて商品を販売できるという特徴もあります。

Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピングは、日本を代表する大型のモール型ECプラットフォームです初期費用や月額システム利用料、売上ロイヤリティは無料で、モール全体として共通の販促施策を実施するための各種費用が徴収されます。Yahoo! JAPANやLINEなど他のサービスから顧客が流入してくる可能性があるので、集客を期待している場合に適したサービスと言えます。

EC-CUBE

日本の企業が開発したオープンソースで、ネットショップのプラットフォーム構築に特化しています。日本語の情報ソースが豊富で、ソースコードを編集したデザイン調整や機能追加が可能です。コストを抑えつつも、将来的にネットショップの機能を拡張したいという場合には相性が良いサービスです。

ecbeing

ecbeingは、自社開発のECプラットフォームを構築できるパッケージです。開発に500名以上、運営支援に200名以上のスタッフが従事し、国内でも実績を残しています。特にセキュリティを重視しており、安全性を重視しながら大規模なネットショップを構築できるのは大きなメリットです。

ECプラットフォーム選びで後悔しないためには?

さまざまなサービスがあるECプラットフォームですが、自分に適していないサービスの場合、成果が出ないなどマイナスの影響がでるかもしれません。そこで、ECプラットフォーム選びで後悔しないためのポイントについて解説します。

ラクに操作できるサービスを選ぶ

ネットショップを開設しようと思っても、開設に手間がかかったり操作が難しかったりすると、二の足を踏んでしまうかもしれません。そこで重視したいのは、初心者でもラクに操作できるかどうかという点です。

BASEでは、ショップの開設まで最短で30秒、販売開始まで最短で30分で完了します。書類の提出なども無く、手間がかかりません。さらに画面がシンプルで直感的な操作ができるのも大きな強みです。

知名度が高いサービスを選ぶ

ネットショップに人を呼ぶためには、集客に時間と労力を費やさなくてはなりません。そうした中、知名度が高く顧客が多いプラットフォームを選べば、他のショップを探している人の流入を期待できます。

BASEでは210万以上のショップ(2023年12月時点)が開設されており、BASEのショッピングアプリ「Pay ID」は1,400万ダウンロード(※2024年5月時点)に到達しました。このようにBASE自体の知名度が高く、BASEのショップで買い物をする人も多いため、自分のショップを見つけてもらえる可能性は高くなります。

まとめ

ECプラットフォームは、今やネットショップの開設・運営に欠かせないツールです。そんなECプラットフォームは、種類によって機能や費用、拡張性、セキュリティ性などが異なります。自分の条件に合うプラットフォームを選ぶためには、それぞれの特徴についてしっかりと調べて理解を深めることが大切です。

ネットショップ作成サービス(ECプラットフォーム)の「BASE」は、初期費用・月額費用ともに無料ではじめられ、ネットショップ運営をサポートする機能も豊富に備わっています。「売上を伸ばしやすいネットショップ開設サービスNo.1(※)」にも選ばれていますので、ぜひBASEを活用してネットショップを成功に導いてください。

 ※最近1年以内にネットショップを開設する際に利用したカート型ネットショップ開設サービスの調査(2024年2月 調査委託先:マクロミル)

SNSでシェア

関連記事

人気記事

新着・更新記事

もっと見る

売上0から10までガイド

ショップ運営のノウハウ

ショップ運営で知っておきたい情報を
フェーズにわけてまとめています

商品の売り方

ショップデザインや販売のアイデアなど、商品の売り方について解説します。

集客の方法

SNSやSEOなどの集客のアイデアやアクセス分析について解説します。

ショップの管理

トラブル対応や配送方法、キャッシュフロー改善など、ショップ管理について解説します。