BASEでネットショップを開設するには必ず『特定商取引法に基づく表記』の登録を行う必要がありますが、この特定商取引法は一体何のために必要なのかご存知でしょうか?

特定商取引法とは?

特定商取引法は事業者による違法や悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とした法律です。

一見、ネットショップオーナーの皆様とは無関係なように思われますが、インターネット等を使った通信販売も対象となっています。

詳しくは消費者庁が公開している特定商取引法ガイドを一度ご覧ください。

http://www.no-trouble.go.jp/

BASEで必要な特定商取引法の入力項目

BASEの『特定商取引法に基づく表記』の登録に必要なのは下記の9項目です。

1.区分

ネットショップを法人(株式会社、合同会社等)で運営するのか、個人または個人事業主で運営するのか。

※法人の場合は登記簿謄本に記載されている正式な法人名を入力してください。

2.事業者の名称

ネットショップの運営責任者のお名前を免許証や保険証等の本人確認書類に記載されている正式な氏名で入力してください。

3.事業者の所在地

個人の場合、ショップ運営責任者が所在する免許証や保険証等の本人確認書類に記載された住所を入力してください。

法人の場合、登記簿謄本に記載された住所でも問題ありません。こちらのヘルプページもご参照ください。

※丁、番、号、部屋番号などを省略することはできません。また、海外の住所をご登録頂くこともできません。

個人や個人事業主で諸事情により自宅住所を公開できない場合は、バーチャルオフィスやレンタルオフィス等のサービスで代替可能です。

4.事業者の連絡先(電話番号)

購入者や購入検討者からお電話があった際、対応可能な電話番号を入力してください。

『電話番号認証』は任意ですが認証したショップのみ下記が行えるようになりますので、できれば認証しておくと良いでしょう。電話番号認証がされないときはこちらのヘルプページをご確認ください。

  • 商品説明、ショップの説明にURLを記載した場合、自動的にリンクに
  • 1商品あたり最大50万円(税込み)までしか設定できなかった価格が最大1億円(税込み)に
  • 特定商取引法に基づく表記内の事業者の連絡先(電話番号)に認証マークを表示され、お客様への信頼性が向上

個人の携帯電話番号等、諸事情により公開が難しい場合はIP電話を活用すると良いでしょう。

5.その他(営業時間・定休日)

ネットショップはオープンすると24時間365日注文受付可能になるのが利点でもありますが、購入者は問い合わせにはすぐ対応してほしい、買った商品はすぐ届いてほしいと思うのが心情です。お客様に不安に思わないように営業時間帯や定休日などはきちんと記載しましょう。

6.販売価格について

基本的にBASEでは税込み価格表示ですが、商品以外に例えば配送地域によって送料が異なる場合などは予めその旨、記載しておいたほうがいいでしょう。

7.代金(対価)の支払方法と時期

決済時にしか支払い方法がわからないのはお客様にとって不便ですので、予め皆様のショップではどんな決済が利用できるのかを記載しておきましょう。

ちなみにBASEかんたん決済ではクレジットカード、キャリア、銀行振込、コンビニ・Pay-easy、後払い、5種類の支払方法を導入することができます。

※クレジットカードや後払いの場合は特定商取引法に基づく表記に自動的に入力されますが、コンビニ、銀行振込、キャリア決済に関してはご自身で加筆修正する必要があります。

8.役務または商品の引渡時期

商品の配送やサービス提供の引き渡しに関する記載を入力してください。

例えば「注文を受けてから◯日(または◯営業日内)に配送する」等です。

「その他(営業時間・定休日)」同様、購入者は商品がいつ届くのか不安に思われるかもしれませんので、最初から目安を記載しておいた方が安心に繋がるでしょう。

9.返品についての特約に関する事項

ネット通販は特定商取引法上のクーリング・オフ規定がないため、クーリング・オフは適用されませんが、ショップ運営の問題(採寸の誤記や著しく異なる写真など)や配送業者による不手際などが万が一発生した場合はお客様を保護することが大切であることには代わりませんので、「どういった場合は返品不可でどういった場合は返品可能なのか。また返品の場合は何日以内にどのような手段で連絡をもらうのか。送料はどちらが負担するのか等」、きちんと記載しておきましょう。

※サイズや色、商品など違うものが届いていないか、破損してないか、数量が間違っていないか、商品配送時に購入者にアナウンスしてあげることも大切でしょう。

いかがでしたか?

ネットショップは“お店”です。フリマアプリやオークション等、個人と個人の取引ではなく“お店とお客様との取引”になりますので、法的に特定商取引法を厳守することももちろんですが、何よりも皆さんの素敵なショップでお買い物をしてくれた素敵なお客様との間でトラブルがおきないようにするためのルールですので、今一度見直してみましょう!

設定マニュアルについては、下記ヘルプページもご参照ください。

特商法の設定マニュアル(個人)はありますか?

特商法の設定マニュアル(法人)はありますか?