商品を仕入れる前に知っておきたい!上代、下代など、ネットショップの専門用語とその仕入れ方法まとめ

商品仕入れ

ネットショップで販売する商品をどうやって見つけますか?今や在庫を持たずとも受注後の発注で商品を提供できるサービスなど存在しますが、(Tシャツスマホケースなど)ネットショップを本気で成功させたいのであれば、やはり商品の選定に徹底的にこだわるべきでしょう。
他の店舗では見つけられない、あなたのショップだけで扱う商品、あなたのショップならではの商品をしっかり吟味して取り扱うことが長期的にみてショップの成功をわける要因となります。また、そのことは”在庫を持つ”ということにもなりますが、その在庫リスクをとることで、ショップの運営も本気になり結果的にその努力がリターンとなって返ってくるということにも繋がるでしょう。

オリジナルで商品開発をするという手段もありますが、今回は商品を仕入れるという選択肢について見ていきたいと思います。先日開催されたギフトショーに代表される通り、各地で仕入れ商品を見つけるための見本市も開催されてたりしますが、足を運んだことはありますでしょうか?このようなイベントはネットショップのバイヤーとして、様々な仕入れ商品を見て取れる貴重な機会ですが、商品を仕入れる手段はこういったイベント以外にもいくつか存在します。

商品を仕入れる3つの方法


1.メーカーから直接仕入れる

その名の通り商品の製造元から直接仕入れるという方法です。卸業者を通して商品を仕入れるのが日本の商習慣としてありますが、それほど大きくないメーカーで、かつそこそこの発注数があるのであれば、メーカーからの直接仕入れも選択肢としてアリです。日本にかぎらず海外にも目を向けて商品を探してみましょう。


2.実店舗から直接仕入れる

街を歩いていて、面白い雑貨やビビッときた商品などを扱っている店舗から仕入れるという方法です。最初はびっくりされるかもしれませんが、もし直感が働いたらぜひ直接仕入れ交渉をしてみましょう。こちらも海外における雑貨屋でも同様です。海外へネットショップで販売する商品を買い付けにいく方もどんどん増えてきているといいます。


3.商社から仕入れる

ここでは商社といっても三菱商事や三菱物産、伊藤忠などの大手の総合商社ではなく、(専門)商社をさします。商社は海外製品の輸入窓口であり、国内販売の風上と言えます。商社自身がモノを企画・製造することもありますが、小さな専門商社はおおむね既成の輸入品を扱うところが多いようです。


4.WEB上における仕入れサービスを活用する

メーカーとバイヤーを繋いでくれる便利なサービスも多数存在します。日本を代表するそのような卸サービスとしてはBASEでも連携しているDeNA BtoB マーケットなどがあるでしょう。他にもグローバルなサービスとしてはアリババが存在します。一番最初に商品仕入れ考えている方にとっては最も現実的な仕入れ方法ではないでしょうか。


5.モノづくりを行っている人を見つける

雑貨やアクセサリーにかぎらず、今や個人でモノづくりを行っている人は多く存在します。BASEのアプリでも紹介していますし、minneやiichiといったサイトであなたのショップのコンセプトにあった作り手さんを見つけて、仕入交渉をするのも有効な手段といえます。


商品仕入れに関する専門用語について

Trade fair
上記にて商品仕入れのための方法を紹介しましたが、いざその仕入れ交渉を始める際、必要となってくるのがその仕入れに関する専門用語です。特に卸業者やメーカーと直接やりとりをする際は必須ともいえるその言葉、お金に直接関係してくる部分だけあって”知らない”で済まされるものではありません。

以下に仕入れに関する基本的な用語をご紹介いたしますので、ぜひとも今のうちに意味を把握しておくようにしましょう。

上代(じょうだい)

こちらは簡単にいうと商品の販売価格の意味であり、「商品定価」と同等の意味をもちます。俗にいうメーカー小売希望価格というイメージです。通常は「定価」というところを「上代」という人がいれば小売業を営んでいる業界人とみてまず間違いないでしょう。


下代(げだい)

上代に対して、この下代とは卸値、仕入れ価格という意味を持ちます。下代が低ければ低いほど、そして上代が高ければ高いほど利益が高くなります。メーカーや卸業者が提示する下代に対して、いくら上乗せして上代を決めるかがネットショップで販売を行う方の重要な業務となります。「卸単価」、単に「単価」、「仕切り」などと言うこともありますが、基本的に下代という言い方で間違いないでしょう。


掛け率(かけりつ)

この言葉もよく使いますね、簡単にいうと商品の販売価格に対する仕入れ価格の割合です。7掛けと言えば、定価10,000円の商品なら7,000円が仕入れ価格ということを意味します。なので、「仕入れ値はいくらですか?」という質問よりも、業界では「この商品のかけ率は?」と聞くほうが一般的です。業界によって掛け率は様々です。商品の定価(上代)、または売値の何%でその商品は買えるか?を知るためにも必ず仕入元に聞く質問となります。


発注単位(はっちゅうたんい)

商品の仕入れを行う場合、卸値で買いつけますが、多くの場合注文のその発注を行う際の最低単位が決められています。「発注単位は10ケースからでお願いします。」「発注は30万円以上でお願いします。」など、注文するときの単位のことを発注単位といいます発注書に入数と書かれている場合もありますが、これは1箱に入っている商品数を指します例えば「入数50個で発注単位1」とある商品の場合、3つ発注すれば150商品が届くことになりますので、この入数をベースにして発注数を考えるようにしましょう。


元払い(もとばらい)

元払とは、発注先が送料を負担してくれて商品を送付してくれることを言います。商品を仕入れる際、郵送にて仕入れ商品を送ってくれることが主かと思いますが、その際送料をどちらが負担するか?というのは重要な問題になってきます。なにも確認せずに進めると着払いにて送られてくることも少なくありません、必ず元払いにて配送してくれるのか?、いくら以上発注すれば元払いになるのか?について確認を行いましょう。


発注書(はっちゅうしょ)

注文書のことを指します。時たまに「注文の受け付けはFAXのみ」という旧態依然の企業も多くあります。仕入れ先指定の発注用紙を使わないといけない場合もあれば、自由な形式で注文を出せる場合もありますが、FAXにおける発注が必要がどうか事前に確認しておいたほうがベターでしょう。


口座(こうざ)

問屋などと取引できることになった場合、「口座を開設する」話になる場合があります。ここで言う口座とは銀行口座のことではなく、簡単に言えば、「取引先としてデータを登録する」ことをいいます。取引先としてのアカウントを開設するというイメージですね。必要な情報提示や書類の記入を求められるかと思いますが、これは「あなたと継続的に取引しても良いよ。」と言うことを意味します。


掛け(かけ)

前述した掛け率とはまた違った意味で、、「カケで買う」という言い方をすることがあります。これは、月末に締めて、その月に仕入れた商品代金分の請求書をだしてもらう、ということを意味します。一ヶ月の間になんども仕入れ作業を行うこともあるかと思いますが、その都度支払いフローを踏むのは面倒です。そこでまとめて月締めで請求してもらうことをカケで買うといいます。


以上、商品仕入れに関する基本的な用語をご紹介しましたが、いかがでしょうか?どれもそれほど難しいものでありませんので簡単に覚えられるでしょう。これらの知識と誠意と熱意をもって気になる商品の製造元、または卸業者と仕入れ交渉を進めてみてください。

また、最も大きな仕入れイベント(見本市)であるギフトショーは東京では2月上旬に終わってしまいましたが、大阪では3月上旬、福岡では6月上旬に開催されます。これらの用語を覚えて交渉を進めてみてはいかがでしょうか? やはり実際に足を運んでからじゃないと感じられない、リアルな現場における情報は重要ですよ。

ライター紹介

BASE(ベイス)
BASE(ベイス)
誰でも30秒でネットショップが作れるサービス「BASE」です。BASEで開設されている30万以上ものネットショップの中から、あなたの生活を彩るユニークなアイテムを厳選してお届けしていきます。







BASE U|ネットショップの開設・運営・集客のノウハウを学ぼう

Facebookページでも情報配信中!

BASEのFacebookページでは、BASEの情報はもちろん、BASE Uのネットショップを成功へ導く記事のお知らせも随時配信しています。是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください!


コメント