Instagramを利用していて、フィードやストーリー上で広告を見たことはありませんか?

今やInstagramはハッシュタグで拡散を狙うにとどまらず、広告を利用してブランドページやプロフィールに集客するツールとしても使われています。

今回は、かんたんに出稿できるInstagram広告について解説していきます!

 

Instagram広告の配信方法

広告と聞くと、なんとなく難しそう……と身構えてしまうかたも多いのではないでしょうか。広告出稿はまだ早い、とあきらめてしまったり、煩雑なイメージがあるかもしれません。

Instagram広告を出稿するにはFacebook 広告マネージャを利用する方法が一般的で、インターネット上の多くの記事でこの方法が紹介されています。Facebook 広告マネージャを利用すると、広告を配信するさいにターゲットを細かく設定することができたり、目的を絞ることでより効果的な広告を配信することができます。

しかし、今回はInstagramアプリ上で完結する、いちばんかんたんなInstagram広告の出稿方法を紹介します。

いくらからはじめられるのか、どのようなデータを得られるのか、などを説明していきますので、Instagram広告初心者必見です!

①ビジネスアカウントに切り替える

まず、広告を出稿するには、Instagramのビジネスアカウント設定が必要です。

ビジネスアカウントへの変更はこちらの記事に方法が載っているので、ぜひ参考にしてみてください。

Instagramで集客! その前にビジネスプロフィールへの変更は済んでいますか?

②広告として配信する投稿を選択

まずは、広告としてフィードに出稿する投稿を選択しましょう。

ビジネスアカウントを利用している場合、投稿を選択すると、画像の下に「宣伝」のボタンが表示されています。

投稿を選択するさいには、

  • 商品の魅力が伝わりやすい投稿であること
  • 広告感のある投稿であること

を意識しましょう。

文字が多く入っているような明らかに広告だとわかる投稿は、ユーザーから敬遠されてしまうどころか、広告審査を通らないこともあるので注意しましょう。

投稿が決まったら、「宣伝」ボタンをタップ♪

③誘導先を選択

次は、ユーザーが広告をクリックしたさいの誘導先を選択します。

誘導先にはプロフィール(ブランドのアカウントのプロフィール画面)、指定のURL、ダイレクトメッセージの選択肢があります。

  • プロフィール→ブランドの認知を広げたい
  • URL→その商品の購入数を増やしたい
  • ダイレクトメッセージ→お客様からの問い合わせを増やしたい

など、その広告の目的に合わせて選択しましょう。

URLを指定した場合には、アクションボタンの文言を調整することで、その商品への導線を最適化することができます。

④ターゲットを決める

次は、ターゲットの選定です。

自動でInstagramが選ぶ方法と、カスタムオーディエンスで自分でターゲットを選択する方法があります。

カスタムオーディエンスでは、ユーザーの地域/趣味/年齢/性別からターゲットを絞りこむことができます。「渋谷区」など、ターゲットがよく行きそうな場所で区切るのも、趣味や関心で区切ることもできるのはうれしいポイントです!

ここで注意が必要なのが、ターゲットを絞り込みすぎないこと。

ターゲットを絞り込めば絞り込むほど対象は少なくなってしまいますし、年齢や地域は必ずしも正確ではありません。すこし幅を持たせると、ほんとうに届いてほしい人にも届くかもしれません。

⑤予算と配信期間を設定

Instagram広告は1日100円から配信することができますが、予算や期間が少なければ届くユーザーも少なく、多ければリーチも多くなります。予算や期間を決めるときに推定リーチ数も表示されるので、目標と照らしあわせて調整してみましょう。

たとえば、ふだんの投稿のPVからショップページへの流入が20%程度である場合には、広告によって投稿が10,000PV達成すると、

10,000×20%=2,000

で2,000ユーザーがショップページに訪れることが予想できます。

なので、予算を決めるさいにはふだんの投稿への反応をチェックしてみるといいかもしれません。ちなみに、Instagramでは一日1,000円以上、3日間以上での配信が推奨されています!

また、誘導先をショップURLに指定したショップオーナーは、広告を配信する前にショップのトップページを整えておくと、より効率的に広告の効果を発揮できそうです!

⑥支払い方法を設定

最後に、支払い方法を設定し、広告を配信しましょう。また、配信前には広告のプレビューを見ることもできるので、確認しておくと安心です。

配信前にFacebookから広告の審査がありますが、通過しだい広告の配信をスタートすることができます。

 

広告配信後にわかること

Instagram広告では、広告出稿後に効果をかんたんに振り返ることができます。

広告のインサイト数から、その後のショップページのPVや購入数をみて振り返りをしたり、オーディエンスの性別や地域を見ることで、「意外と男性にもウケる商品なのかな」など考察し、これからのショップ運営にいかせるかもしれませんね!

 

まとめ

いちばんかんたんなInstagram広告の出稿方法を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

集客のキモはやっぱりInstagram。むずかしい印象のある広告出稿も、Instagramアプリを使えば、とてもかんたんにトライすることができます。予算も100円から、と手軽にはじめることができるので、「ウチのショップにはまだ早いかも……」というショップオーナーも、まずは配信してみてはいかがでしょうか?

 

2019.11.5 追記

今まで、Instagramのショッピング機能を活用した投稿は広告出稿できませんでしたが、今は「Instagram広告の配信方法」で紹介しているFacebook 広告マネージャから出稿できるようになりました(詳しい使い方についてはFacebookの公式ページをご覧ください)。