「BASE」にはネットショップ運営を便利にする機能(BASE Apps)が多数あるのをご存知でしょうか?

さまざまなケースでご活用いただけますが、今回はとくに、食品を販売しているショップ向けに使える機能をまとめてご紹介します。

 

食品を販売しているショップで気をつけたいポイント

まず、食品を販売しているショップで、気をつけたいポイントを3点ご紹介します。

  • 商品がいつ届くのか

食品には賞味期限が存在します。商品がいつ手元に届くのか、それがどれくらいもつのか、は気にされるポイントなので、配送日や賞味期限をわかりやすく明記しておくと効果的です。

  • 本商品は、冷蔵にてお送りしますので、賞味期限はお手元に届いてから3日以内とさせていただきます。
  • 商品は東京から発送いたしますので、北海道・九州・沖縄・離島には最短でのお届けに2営業日ほどかかります。
  • 配送日のご指定がない場合は、2営業日以内に商品を発送させていただきます。その他の配送日をご希望の場合は、購入画面の「備考欄」に配送希望日・時間帯をご記載下さい。
  • 商品の魅力が伝わるか

実際に見ることができない、匂いが伝わらない、試食ができないなど、実店舗とはことなるシーンでお客様に商品の魅力を届ける必要があります。

そのため、商品画像や説明文を工夫して伝えることが大切です。ときには動画を使うのも効果的でしょう。

  • 送料をふくんだ最終的な金額がいくらになるのか

これは食品を販売しているショップ以外でも共通ですが、最終的な金額は、購入を決定する上で重要です。とく冷蔵や冷凍が必要な食品系の場合、クール便などの利用により、送料が高くなってしまうケースがあります。

購入するときの合計金額がいくらになるのか、お客様にとって適切な金額なのか、を意識して、商品の金額と送料を検討していきましょう。

 

Appsの紹介

以上のポイントをおさえる機能として、5つのAppsをご紹介します。

  • お客様が配送日を指定するには?

「配送日設定 App」を使うことで、お客様が商品を購入するさいに希望する配送日時を指定できるようになります。

賞味期限のある食品の場合、品物がいつ届くのか?を気にされるお客様は多いです。配送日を指定できることにより、安心して購入できるかもしれません。

「配送日設定 App」の詳細はこちら

 

  • 送料をこまかく設定したいときは?

「送料詳細設定 App」では、地域、商品ごとに送料を変更したり、購入金額に応じて送料を無料にしたり、といった柔軟な設定が可能です。送料がいくらになるのかは、購入を決めるさいに重要な要素の一つです。

お客様にとって購入しやすい金額設定を考えていきましょう。

「送料詳細設定 App」の詳細はこちら

 

  • 販売前に商品を告知したいときは?

「販売期間設定 App」を使うと、商品の情報を発売前に告知することができ、販売開始時間になると自動的に商品が購入できる状態に切り替わります。人気商品や期間限定商品はこのAppを使って、効果的に告知していきましょう。

「販売期間設定 App」の詳細はこちら

 

  • セールで商品を販売したいときは?

「セール App」を使えば、割引率を自在に設定することができ、セール商品であることを目立たせて表示することができます。

お買い得な商品を見ると、心が動いてしまうことってありますよね? 購入の後押しをしたいときに使いましょう。

「セール App」の詳細はこちら

 

  • 動画やスライドショーで商品をアピールしたいときは?

「商品説明カスタム App」では、動画・スライドショーなどを商品説明に載せることができます。

動画を使って、画像だけでは表現することが難しい商品のみずみずしさ・あたたかさなどを詳細に伝えたり、生産工程・調理工程などを見せたりすることで、商品の魅力を深く伝えることができます。

「商品説明カスタム App」の詳細はこちら

 

事例紹介

最後に、食品を販売しているショップで、うまくショップ運営されている事例もご紹介します。

また、食品販売には許可が必要な場合がありますので、こちらの記事も参考にしてみてください。

  • TOKYO COWBOY

ショップページはこちら

  • FARM8

ショップページはこちら

 

  • le fleuve(ル・フルーヴ)

ショップページはこちら

 

参考になる部分が多いので、ぜひチェックしてみてください。