第2回
ショップの開設方法2【決済手段の選択】
更新日 : 2022/05/10
投稿日 : 2022/02/18

決済方法の選択

特商法の記入が終わったら、ショップに導入する決済方法を選択していきます。

ここでは選択の方法や決済手段の特徴などについて解説しています。

 

「BASE」では、クレジットカードをはじめとして、下記の7つの決済方法をワンタッチで導入できます。

導入できる決済方法特徴
クレジットカード決済
最も利用者が多いとされるのがクレジットカード決済。
ただし若年層ほど保持率が低いというデータがあるので、その他の決済方法を併用しましょう。
キャリア決済
携帯電話料金と合算で商品などの代金を支払うことができる決済サービスです。
クレジットカードを保有しない方でも即時決済できるメリットがあります。
銀行振込
馴染みのある決済方法ですが、購入されても「入金されない可能性」「入金までの期間が空く」というデメリットがあります。
コンビニ(Pay-easy)決済コンビニでの支払いが可能となります。
PayPal
海外の方に購入いただきたい場合におすすめの決済方法です。
後払い決済
商品発送後に支払いが行われる決済方法。
通常は代金未払いのリスクがありますが、BASEがリスクを負っているので安心して活用できます。詳しくはこちら
Amazon PayAmazonアカウントに登録されている住所情報とお支払い情報を使って、安心・安全に商品やサービスの支払いができる決済方法です。詳しくはこちら

購入者視点で考えると、支払い方法の選択肢が多い方が、ショッピングのハードルも下がるので、できるだけたくさんの支払い方法を提供することをおすすめします。

各決済方法についてよりくわしく確認したい場合は、こちらのヘルプページをご確認ください。

 

設定手順

希望する決済方法を選択し、必要事項を記入、最後にページ下部の「保存」をすれば決済方法を導入できます。

入力画面に行くと、下記のようなページになっています。ショップに導入したい決済方法にチェックを入れましょう。

※導入する決済方法は管理画面からいつでも変更可能です。

お客様にとっては、決済方法の選択肢が多い方が、お買い物をしやすくなります。決済方法を増やしても、固定費などはかからないため、安心してご利用ください。

選択が完了したら、そのまま画面を下にスクロールします。続いて画面に沿って必要な事項を記入してください。

 

屋号

屋号とは会社でいう会社名のようなもので、個人事業の名称や店舗の名前などのことをいいます。

屋号は、購入者がクレジットカード決済で注文した時の利用明細書に、「BASE*○○」という形で○○部分に記載されます。

必須入力となっていますので、分からない場合はショップ名を記入しましょう。

 

事業者の情報

この情報は、一般に公開される情報ではありません。そのため、画面の案内に沿って正確に情報をご記入ください。

  • ▶︎個人の方・・・住民票に記載されている住所を入力
  • ▶︎法人の方・・・会社ではなく代表者個人の住所を入力

※これらは、申請上必要な情報ですが、サイト上に公開されることはありません。

 

ショップカテゴリ

事業者情報の入力を終えたら、ショップカテゴリを選択しましょう。

カテゴリの一覧が出てくるので、そこからショップにもっとも合うカテゴリを選択してください。※こちらも後から変更可能ですので、現時点でもっとも近しいものをお選びください。

最後に「保存する」ボタンを押すと、決済方法の選択と申請が完了します。

まとめ
  • 利用したい決済手段はいつでも変更可能なのでまずは選んでみよう!
  • 各決済手段には特徴があることを把握しておこう!

次回の記事ではショップのデザインについて解説していきます。

アクションリストでショップ準備を完了させよう!

アクションリストを使って、0→10ガイドの中にでてきたアクションを完了させよう。

使い方

  1. 下記のボタンからアクションリストをダウンロードしよう
  2. ダウンロードされたZipファイル内のPDFファイルを開こう
  3. アクションリストに従って、ショップ準備を進めよう
  4. 関連URLの列には、参照元の記事や設定先のURLが添付してあるので、適宜参照しよう

アクションリストはこちら

お悩みをお聞かせください
月商10万円を目指す上で
「こんなことに悩んでいる」
「ここが分からない」という、
みなさんのお悩みを募集しています!
※正式回答が必要なお問い合わせはこちらへお願いします

ガイド一覧