スマホでネットショップの商品写真を綺麗に撮影するための5の方法

bbb

photo credit: Janitors via photopin cc

ネットショップにおいて、コンセプトと共に最も重要なのは「商品写真」です。実際に手にとってみることができない商品を買ってもらうわけですから、どのような商品かしっかり確認できるよう、綺麗でわかりやすく魅力的な写真を用意することはネットショップ運営者にとって必須の行為といえるでしょう。

知り合いのカメラマンにお願いをしたり、撮影代行業者にお願いをするという選択肢もありますが、まずは自分で撮影をして写真を用意する、という方がほとんどでではないでしょうか。しかし、そうは言ってもカメラや写真のノウハウをお持ちでないネットショップ運営初心者の方にとっては大変な作業に他なりません。一眼レフのカメラで撮影されるのがもちろんベストなのですが、今や便利な時代、お手持ちのスマホを使っても十分に綺麗な商品写真を撮影することは可能です。

そこで今回のBASE UではiPhoneやAndroidのスマートフォンを活用して魅力的な商品写真を撮影する5つのコツをご紹介したいと思います。


1.照明が大事

light
スマホの写真でもその明るさ(光のあたる量)によってその出来栄えはとても素晴らしい物になります。ぜひ照明をご活用頂いた上での撮影をおすすめしますが片側からの照明だけだと、反対側に影ができてしまいます。

可能であれば二箇所から光を当て影の部分をなくすか、反対側にレフ版を置くなりして光を反射させる工夫を行いましょう。また太陽の光を活用することも有効です。非常に強力な光源となりますので、ぜひ太陽の光も照明として積極的にご活用されることをおすすめします。商品の背景としては白をおすすめします。

参考:ネットショップの商品写真を綺麗に撮るために必要な4つの道具


2.手ブレをなくそう

手ブレ
スマホにおける撮影で最もよくある失敗が手ブレです。(ショップの信頼感を損なうことになりますので、ブレてしまった写真をネットショップに載せることはやめましょう)手ブレが起きてしまう、大きな要因としてシャッターを押すときの振動があげれますが、そを解決する手段として、スマホのタイマー機能を使うという方法がありますタイマーを使えばシャッターを押さずとも撮影を行うことができるので、ブレるという心配がありません。もし可能であれば、ベストな方法として三脚などなんらかのスマホを固定するツールを使われることおすすめします。


3.構図を考えよう

Rivertree_thirds_md
魅力的な写真と、そうでない写真、その違いを最も大きく左右するのが構図です。もっとも有名な構図として、「三段分割構図」というものがあります。この構図は、等間隔に引いた水平線と垂直線2本ずつにより画面を9等分(上下・左右方向にそれぞれ3等分)すると仮定し、それらの線上、もしくは線同士の交点上に構図上の重要な要素を配置すると、バランスが取れて安定した構図が得られるというものです。

この構図を意識して商品の配置を考えるとより人の印象に残りやすい魅力的な写真となることでしょう。

参考:美しく撮る構図のセオリー ~3分割構図と日の丸構図~


4.ズームは使うな

ZOOM
スマホにおけるカメラの便利な機能としてズーム機能がありますが、これは画像をズームインするというよりそこの画像を広げる処理をおこなっている機能となります。つまりズームされた画像は多少粗くなっているということです。

なので、アップで商品の詳細を撮影したい場合はスマホのズーム機能をつかうのではなく、単純に自分が対象物に近づくのが望ましいといえるでしょう。


5.アプリを活用しよう

snapseed
スマホで撮影した写真を魅力的に加工するアプリも無料で多くありますが、今回はその中でもオススメのものを3つご紹介。

以下2つは画像の加工はもちろん、文字も挿入することができますので、フォントなどにこだわることでよりブランドを訴求した画像を作ることができます。(例:http://instagram.com/tai_is_here

Pixlr Express PLUS
Snapsheeed


非常に多くのフィルタや加工オプションがあるので、世界観のある画像を納得いくまで作ることが出来ます。

また、以下のアプリは正方形の画像しか投稿できないInstagramに、横長の長方形の画像を載せることができるアプリですが、コラージュ画像なども簡単につくれる便利アプリです。Instagramなど活用されている方はぜひチェックしてみてくださいね。

InstaSize

参考:もはや集客手段として無視できない!インスタグラムを使ってショップの売上をあげる3つの方法


以上、いかがでしょうか?一眼レフのカメラを使うことにこしたことはありませんが、スマホのカメラでも十分に遜色なく綺麗な商品写真を用意することは可能です。何枚も撮影を行い、経験を積んでいきながら納得のいく一枚をぜひ探してみてくださいね。

ライター紹介

BASE(ベイス)
BASE(ベイス)
誰でも30秒でネットショップが作れるサービス「BASE」です。BASEで開設されている30万以上ものネットショップの中から、あなたの生活を彩るユニークなアイテムを厳選してお届けしていきます。







BASE U|ネットショップの開設・運営・集客のノウハウを学ぼう

Facebookページでも情報配信中!

BASEのFacebookページでは、BASEの情報はもちろん、BASE Uのネットショップを成功へ導く記事のお知らせも随時配信しています。是非「いいね!」をして最新情報をチェックしてください!


コメント